【双子のバスケ漫画switch(スイッチ)紹介!兄を超える為に弟が本気出す!ネタバレ注意!】

Pocket
LINEで送る

こんにちは! みーやんです。

今回紹介するのは「switch(スイッチ)」という漫画です。

スイッチとはバスケ用語ですね。

という事はこの漫画はバスケットボールの漫画です!

バスケの漫画を見つけるとすぐに読みたくなる癖が今でも治りません(笑)

他にもスポーツ漫画に興味ある方はこちらをチェック!

 

 

では早速あらすじを見ていきましょう!

 

 

あらすじ

 

橘家に生まれた双子。

兄の「陸玖」と弟の「雷夢」はいつもなにかと張り合って生きてきました。

今年の誕生日プレゼントでバスケットボールをプレゼントした母。

だが雷夢の方は風邪を引いていて、陸玖が先にボールを持ち出し遊びに行った様子。

 

同じDNAなんだら先に始めた方が上手くなると怒る雷夢。

陸玖が遊んでいるバスケットコートまで行くと、陸玖すでに周りから認められるほど上手くなっていた。

たった数日で恐るべし運動神経(笑)

 

(出典:小学館 作者:波切敦  / switchより引用)

 

しかも双子だが利き腕が違い、兄の陸玖は左利きとスポーツにおいて有利な方が利き腕だった。

その差を感じた雷夢は家に帰り、ゲームを始めるのだった…。

「オレ、バスケとか興味ないし」と言いながら。

 

それから数年。

陸玖は凄まじいほどの成長を遂げていたが、雷夢はコートの外でゲームをする始末。

二人の間には大きく差が開いていた。

 

だが雷夢もバスケを完全に諦めた訳じゃなかった。

こっそりと陸玖のボールを触り、嬉しそうにしていたのです。

 

(出典:小学館 作者:波切敦  / switchより引用)

 

陸玖が凄いから弟の雷夢も常にバスケに誘われ、そう言われるほど、始めづらくなる雷夢。

心が落ち着かない様子の雷夢は教室でゲームをやっている所を先生に目撃される。

ゲームを取られた雷夢。そして兄の陸玖に弟の悪口を吐く教師。

 

これにブチぎれた陸玖は先生に掴みかかったのです。

いつも雷夢のことを気にかけていた陸玖は、弟の文句を言われるのが嫌でしょうがなかったんでしょうね。

負けず嫌いな雷夢の性格を知っている陸玖。

陸玖は陰で努力をしている雷夢の姿を見ていました。

 

いつも最初は陸玖が勝っているが、鬼のような努力で追いついて来る。

陸玖にとっても雷夢の存在は大きいようですね。

陸玖たちの会話を盗み聞きしていた雷夢は、一人で練習していた陸玖のところへとやってきます。

そこで陸玖に初めてバスケで勝負を挑む。

 

(出典:小学館 作者:波切敦  / switchより引用)

 

結果は陸玖の勝利です。

これは努力の差というより、経験の差でしょうね。

陸玖は雷夢のことをライバルだと思っているから、いつだって手を抜かないし、雷夢が有利になるようなアドバイスもしない。

その関係性がお互いを高め合っていたんです。

 

雷夢もまた、陸玖に相応しいライバルになる為に必死に努力を続けています。

そして雷夢も陸玖が所属するバスケ部に入部することを決意!

 

(出典:小学館 作者:波切敦  / switchより引用)

 

バスケの練習ではやはり経験者に敵わないし、実力差が浮き彫りに。

だが、雷夢の得意分野なのか、恐らく関節視野がかなり優れており、人の観察力がずば抜けていました。

1ON1の中でもその才能を発揮し、一度だけですが相手を抜くことも!

 

こうしてバスケにはまっていく雷夢は、パスの才能を見出し、陸玖とのコンビネーションを決めたりと、才能を開花させ始めます。

 

(出典:小学館 作者:波切敦  / switchより引用)

 

が…。

 

その時は突然やってくるのです。

そう。別れの時。

陸玖と雷夢が帰宅中の道路に、トラックが突っ込んできて、陸玖だけが轢かれてしまう…。

 

(出典:小学館 作者:波切敦  / switchより引用)

 

スポンサーリンク

 

見どころ

 

開花し出す才能

 

徐々に才能を開花させる雷夢。

 

兄の陸玖と違いプレーはG(ガード)向きと言ったところでしょう。

 

視野の広さや、洞察力に優れたプレーが目立ってきたので、この先のその特技を中心にし才能を爆発させることでしょう!

 

(出典:小学館 作者:波切敦  / switchより引用)

 

迫力のある躍動感

 

技のキレや、シュートまでの過程がしっかりと描かれているので楽しいです。

 

バスケを知らない人でもすぐに入り込める漫画だと思います。

 

やはりスポーツにおいて迫力というのは大事で、そのプレーがどれだけの意味を持つのか重要になってきますからね!

 

バスケだけじゃなく、色んなスポーツ漫画において精通していることですね!

 

(出典:小学館 作者:波切敦  / switchより引用)

 

兄弟の絆

 

双子として生まれ、ずっと二人でやってきた。

 

「二人で」という思いを強く願うのは双子だからでしょうね。

 

自分の本気のパスを受け取ってくれる相手がいなくなったと嘆く雷夢。

 

これから挫折する時も、努力する時も必ず陸玖の姿がチラつくことでしょう!

 

いずれは二人が夢だった舞台を目指して、そして最高のプレイヤーになっていく過程が楽しみです!

 

(出典:小学館 作者:波切敦 / switchより引用)

 

スポンサーリンク

 

この漫画を読むには?

 

eBookJapanに登録すれば、簡単読む事が出来ます。

 

 

また無料で立ち読み出来るので、買う前に1度チェックする事も可能!!

約9000作品が無料で読め、世界最大級の電子書籍を扱うeBookJapanは約50万冊の本を配信してますので、あなたの読みたい本が必ず見つかると思います。

 

switch

【出典】小学館

【原作】波切敦

【漫画】波切敦

【試し読みはこちら】

 

最近、単行本などで読む人より電子媒体で読む人が増えてきました。

実際に電子媒体の方が便利な事も多いのですが、中にはなんだかよくわからないって人もいるみたいです。

そこで電子書籍がなんで便利なのか、簡単にお伝えします!

 

電子書籍が便利な理由

 

 

ここでは紙媒体(単行本など)と電子媒体を比較してみましょう。

 

電子媒体紙媒体
置き場携帯1つでいくらでも保管可能本棚を必要な分だけ用意
購入の手間携帯操作で自宅で可能本屋まで足を運ぶ必要がある
価格本屋より安く購入できる事がある定価で購入
持ち運び携帯1つなので負担にならないバッグなどに入れて持ち運び
入手検索が容易で簡単に見つかる本屋によっては置いてない本もあり、探すのが困難な事がある
読み返しいつでもどこでも可能随時用意する必要がある
売却不可売ってお金にする事ができる
貸し借り携帯を貸す必要がある簡単に貸し借りが可能

 

中古本と比べて電子媒体は綺麗ですし、どこでも簡単に読める事が1番のメリットですね。

紙と違って場所を取らないのと、いつでも簡単に読み返せたり好きな本を読めるのが便利な訳です。

売ってお金にする事は出来ませんが、その分ポイントやキャンペーンなどで安く購入できる機会もあるので、そこまでデメリットには感じませんね。

私も週刊誌を購入していますが、コンビニに立ち寄る手間も無くなり、空いた時間にパッと読めるので電子媒体は気に入ってます!

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です