【今熱いBE BLUES(ビーブルース)友情の熱血サッカー漫画あらすじネタバレ!挫折を乗り切り努力、努力で熱くなれ!】

Pocket
LINEで送る

こんにちは! みーやんです。

今回紹介するのは「BE BLUES!~青になれ~です。

サンデー連載のスポーツ漫画で、天才サッカー少年である、一条龍のお話。

青になれって事は日本代表のカラーである「青」をイメージしているのか、物語は日本代表編まで続くのかな?

サッカー漫画も沢山ありますが、このBE BLUESは他と違う所があります。

天才=その才能生かしてササっと頂点へ。

という感じに見えますが、これが違うんです。

主人公とある事故で再起不能の大怪我を…。

天才が再起をかけて努力に努力を積む過程が他の漫画とは圧倒的に違うところです。

では早速あらすじを見てみましょう。

他にも似たような漫画が好きな方はこちら!

【スポーツ漫画】

 

スポンサーリンク

 

あらすじ

 

小学校の頃から天才的な才能を持っている主人公の「一条龍」

そんな龍と仲の良い双子の優人優希

みなサッカーが好きで、同じサッカーチームに所属しており、日々サッカーを楽しんでいます。

 

(出典:小学館 作者:田中モトユキ BE BLUESより引用)

 

でも優希には悩みがありました。

女だからという理由で試合に出してもらえず、龍からのパスをゴールに決めたい!という夢も叶いそうもありません。

優人と優希はサッカーの実力は同じぐらい。

違うのは性別ぐらいなのに、優人はレギュラー、優希はベンチにすら入れないという待遇。

そんな悩みをもった優希に龍はとんでもない提案をします。

 

(出典:小学館 作者:田中モトユキ BE BLUESより引用)

 

公式戦当日。

ユニフォーム姿の優人…じゃなくそのユニフォームを着ているのは優希

2人は背格好も似ていて、ユニフォームを着ているだけではどちらか判別がつかない。

これを逆手にとって、優人ではなく優希を公式戦に出場させるという1回こっきりの大作戦!(笑)

優希のミスから失点のピンチもあったりしましたが、試合は0対0のまま後半戦へ。

 

(出典:小学館 作者:田中モトユキ BE BLUESより引用)

 

決定的な龍からのスルーパスも逃し、諦めかけている優希に龍は「諦めんな」と背中をおしています。

優希と龍はなんとしても2人でゴールを決める事に燃えていますね!

 

龍の華麗なドリブルから抜け出してきた優希にパス。

そのパスを優希が根性のヘディングシュートで見事ゴール!

 

(出典:小学館 作者:田中モトユキ BE BLUESより引用)

 

興奮したあまり、応援席で応援してる優人「やったなー優希ー!!」と叫び、替え玉している事がバレてしまいます…(笑)

試合は無事勝利し、チームは決勝トーナメントに。

 

(出典:小学館 作者:田中モトユキ BE BLUESより引用)

 

強敵を倒し、順調に駒を進めるチームであったが…。

試合の帰り、3人で自宅に向かう途中でそれは起こりました。

 

親友である優人を庇った龍は階段から落下。

選手生命を問われるほどの大怪我…。

天才サッカー少年の夢はここで尽きてしまうのか?

 

スポンサーリンク

 

見所

 

BE BLUESはサッカーをそんなに詳しく知らない私でも楽しめる漫画です。

個人的には、描写がかなり丁寧に感じ説明も易しく感じます。

それになにより青春してるなって感じになりますし、挫折を乗り越えていく様も勇気をもらえます。

 

1人1人のキャラが魅力的ですし、登場してくる女の子のキャラが可愛いのも見所の1つですね。

そしてサッカーの描写を多く描く試合のシーンも、その動きがよく描かれており見やすいです。

元々天才だった主人公が1度挫折を味わい、そこから根性でのし上がっていくストーリー性もかなり良いですね。

普通主人公が天才だと途中まですいすい話が進み、途中で挫折➔特訓して最強みたいなことが多いですが、出だしから努力がテーマなのかと思わせられるくらいです。

そのストーリー性にも強く惹かれますね。

 

友情と努力を繰り替えす熱血スポーツ漫画。

見ているだけで熱くなれるようなそんな漫画ですね!

 

この漫画を読むには?

 

eBookJapanに登録すれば、簡単読む事が出来ます。

また無料で立ち読み出来るので、買う前に1度チェックする事も可能!!

約9000作品が無料で読め、世界最大級の電子書籍を扱うeBookJapanは約50万冊の本を配信してますので、あなたの読みたい本が必ず見つかると思います。

 

BE BLUES!~青になれ~

【出典】小学館

【原作】田中モトユキ

【漫画】田中モトユキ

【試し読みはこちら】

 

最近、単行本などで読む人より電子媒体で読む人が増えてきました。

実際に電子媒体の方が便利な事も多いのですが、中にはなんだかよくわからないって人もいるみたいです。

そこで電子書籍がなんで便利なのか、簡単にお伝えします!

 

電子書籍が便利な理由

 

 

ここでは紙媒体(単行本など)と電子媒体を比較してみましょう。

 

電子媒体紙媒体
置き場携帯1つでいくらでも保管可能本棚を必要な分だけ用意
購入の手間携帯操作で自宅で可能本屋まで足を運ぶ必要がある
価格本屋より安く購入できる事がある定価で購入
持ち運び携帯1つなので負担にならないバッグなどに入れて持ち運び
入手検索が容易で簡単に見つかる本屋によっては置いてない本もあり、探すのが困難な事がある
読み返しいつでもどこでも可能随時用意する必要がある
売却不可売ってお金にする事ができる
貸し借り携帯を貸す必要がある簡単に貸し借りが可能

 

中古本と比べて電子媒体は綺麗ですし、どこでも簡単に読める事が1番のメリットですね。

紙と違って場所を取らないのと、いつでも簡単に読み返せたり好きな本を読めるのが便利な訳です。

売ってお金にする事は出来ませんが、その分ポイントやキャンペーンなどで安く購入できる機会もあるので、そこまでデメリットには感じませんね。

私も週刊誌を購入していますが、コンビニに立ち寄る手間も無くなり、空いた時間にパッと読めるので電子媒体は気に入ってます!

 

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

コメントを残す