【ビジネスに心理学を取り入れる?恋愛にも使える凄い心理学紹介!知れば面白い心理学】

Pocket
LINEで送る

こんにちは! ミーヤンです。

今回も面白い「心理」について迫っていきたいと思います。

⇩⇩⇩前回はこちら⇩⇩⇩

【言葉で誘導出来る!?心理で行動が変わる!分かると面白い心理学】

心理を本気で学ぶと堅苦しく感じるかもしれませんが、ただ読み流すだけでも「そうだったんだ」と感心してしまうものが多くあります。

それではいくつか見ていきましょう!

 

イエス誘導法

 

 

イエス誘導法とは言葉の通り、簡単にイエスと答えれる質問をいくつも投げ掛ける事で、本命の質問にもイエスと同調させる事です。

人は「イエス」と言わざるを得ない質問を何度もされると、本命の質問をされた時にイエスと言ってしまう心理があります。

飛び込みの営業マンが良く使う手法ですね。

例えば最近ではWi-Fiの契約を取る為に、営業マンが多く出歩いてますよね?

「今、お使いの携帯はスマートフォンですか?」➔「イエス」

「お子さんがいるとギガが不足ガチじゃないですか?」➔「イエス」

「今キャンペーンをやってまして、お話だけでもどうですか?」➔「イエス」

少し強引ですがこんな感じです。こんな経験ないですか?

人間の心理として、「イエス」と言うと脳がその人の事を受け入れるように信号を出してしまいます。

それを続けていく事で、本命である質問にも「イエス」を誘発するといったテクニックですね。

分かっていても、プロの話術の前ではどうにもならない事が多いかもしれませんね。

またこの手法は恋愛にも活用出来ます!

例えば気になってる異性をデートに誘いたい時。

最低でも三回は「イエス」と言わせましょう!(自然にね)

「動物とか好き?」➔「イエス」

「可愛いよね?」➔「イエス」

「動物と触れ合える所があるんだけど興味ある?」➔「イエス」

「今度一緒に行ってみない?」➔「イエス」

と簡単に言うとこんな感じです!

ここまで上手く誘えたなら100点ですね!

このようにイエス誘導法は様々な所で使われている心理学です。

 

スポンサーリンク

 

過大要求法

 

 

イエス誘導法とは大きく異なるのがこの過大要求法

相手に過大な受け入れられるはずのない要求をします。

次にそれよりハードルの低い本命を持ってくる。

何度も断る内に人は罪悪感を感じてしまう為、それを利用した手法です。

要は先に大きな無理難題を叩きつけた後に、「じゃあこれは?」とさっきより低いハードルを出すことで、「それなら大丈夫」とより簡単にみせる事ですね。

「こちらの商品なんとたった10万なんです!どうですか?」➔「ちょっと無理です」

「じゃあ、こちらの1万円のものはどうですか?」➔「それぐらいなら」

これは極端ですが、他にもプランの要求だったり身近でそういった経験をされた方は多いと思います。

最初から本命の要求をするより、まず過大な要求を先にする事で大きな効果が得られると思います。

これもビジネスだけではなく、恋愛にも応用が利きます。

例えばこんな感じです。

「二人で泊まりに行こうよ!」➔「嫌だよ」

「じゃあ、デートしに行こう!」➔「それもちょっと」

「んー、じゃあ連絡先だけでも教えてよ」➔「それぐらいなら」

といった具合に最初から断られると分かっている要求をした後に、本命の連絡先をゲットするという事ですね。

ですが、行き過ぎると引かれてしまうので言葉は選びましょう!

 

ハード・トゥー・ゲット

 

 

ハード・トゥー・ゲットとは、「あなただけ特別です」「是非あなたに使って頂きたい」と自分だけ特別扱いされていると錯覚させる事を言います。

自分だけ得をしているとか、自分だけ特別扱いされてると感じてついつい買ってしまう事ありませんか?

人は誰でも誰かから特別扱いされたい、という気持ちを少なからず持っていますからね。

その心理を利用した営業テクニックなんかも世の中に沢山あります。

会員制など特定の人に特別扱いをしたり、数量限定などで、一部の人にのみ提供したり普通の人では出来ない、手に入らないものなどに対して、自分は特別という意識にされるのです。

「あなただけに特別に」などの営業トークはまさにこのハード・トゥー・ゲットですね。

 

スポンサーリンク

 

希少性の原理

 

 

希少性の原理とは、入手が容易だった物がいきなり入手困難になると、希少価値が生まれ以前の評価より高く評価し、更に欲するようになる事です。

簡単に言うと、珍しいもの程欲しくなるという心理ですね。

今まで普通に手に入る物がいきなり生産中止になったらどうなるのか?

恐らく企業は広告やチラシなどでこう宣伝すると思います。

「生産終了の為、〇〇個限定」などの数量限定

これを見たあなたはどう思いますか?

いつでも手に入るからと思っていた物が、いきなり数量限定になれば欲しくなりますよね?

それが昔から欲しいものなら尚更だと思います。

更に「本日限りの特別値下げ」など期間限定も同じです。

販売側が意図的に希少価値を生み出し、商品の価値を上げたりもします。

タイムセールなどがいい例ですね。

セールでなければ群がる事のない売り場が、セールになった瞬間に戦場と化すのはこの希少性原理の働きが関係しているのです。

限定品に弱い人が多いのは、この心理を利用した販売側の工夫があるからでしょうね!

今回はビジネスで使えそうな心理を多く集めてみました!

次はこちら!

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す