【週刊マガジン新連載青春相関図第一話!ネタバレ注意!人間関係を描いた面白い学園漫画】

Pocket
LINEで送る

こんにちは!

最近は頭脳戦や心理戦、デスゲーム系の本ばかり読んでいるミーヤンです。

【頭脳戦、心理戦、デスゲームおすすめ漫画紹介】

そんな私に運命出会いが……。

週刊少年マガジンで新連載の「青春相関図」!

学園物の人間関係を描いた、青春!?漫画のようです!

私は第一話から名作の予感がしたので、早速迫っていきたいと思います。

 

 

第一話

 

青春相関図の主人公であります、「七崎 青」

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第1話より引用)

 

とその彼女の「二階堂 春」

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第1話より引用)

 

青は高校3年になって転校してきた設定で、ヒロインの春はクラスの人気者で二人は付き合って3か月になる。

春の要望で交際は明るみに出さずに、二人だけの秘密にしている様で春は交際が明るみになる事で、人間関係に歪みが入るのを気にしていた。

でも、二人は非常に仲が良いカップルでお互いがお互いを尊重しあっていたが、数日後、春が学校を休んだ。

クラスメイトは風邪かな?と噂するが、クラスメイトが春は3年になってからは元気だったと伏線を張った。

2年の時に仲の良い友達が転校してしまい、元気が無かったが3年になってからは割りと調子が良かったみたいだ。

過去に何かトラブルがあったのだろう。一話で早々に明かす事はないのでここは今後に期待。

3年で転校してきた青は、俺のお陰だなと自賛していて、そんな青にクラスメイトが「でも何で転校してきたの?」と訊ねた。

頭が良く、前の学校でも人気者の青がわざわざ転校してくる理由が今の所見当たらないから、当然の質問でしょう。

青は親の都合とはぐらかしその場は収まったが、ここでも伏線ですね。

昼休み。青が先生から「春はまだ来てないのか?」と訊ねられ、その会話の途中で校舎の外から何かが落ちる音が。

窓の外を覗くと無惨な姿で池に浮かぶ春の姿が……。

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第1話より引用)

 

何とか一命を取り留めた春。学校では自殺じゃないかと噂されていた。

春の真意もわからないのに好き勝手言うクラスメイトに青は「春は人間関係に悩んでいた」と暴露した。

それに逆上するように何人か反発したが、1人の男子生徒が日南という女性生徒が春から嫌がらせを受けていると告白した。

それを聞いたクラスメイトは以前から春には裏表がある、自分たちは悪くない、と今まで仲が良かったクラスは段々と本性を現し出す。

 

スポンサーリンク

 

5人のピエロと相関図

 

青はクラスメイトの態度が今までと明らかに違う事を感じていた。

昼休み。青が教科書を置きに行った際、春の棚から4枚の紙が出てきた。

そこには本名ではなく、クラス全員のあだ名で書かれた3年3組の人間相関図だった。

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第1話より引用)

 

春の人間相関図からすると、春に嫌がらせをしている人物は「ジャム」という人物になる。

青はそれを確かめるべく、春から嫌がらせを受けていたという女性生徒の日南と放送室で二人きりに。

青は日南に「春に嫌がらせの件、怒ってないってメールして上げて」と罠を張る。

日南はいくつか文面を打つが、青がそれに納得しない。

いい加減面倒くさくなった日南は青に自分で打ってと携帯を預けた。

日南の携帯を手にした青は、日南のスマホの予測変換機能を使い、嫌がらせメールが自作自演である事を暴いた。

青は転校してきた人間であって、クラスの本性を知らない。一つの謎が明かされたが、春の人間相関図に書かれたピエロ達。

そこで青が目にした物は春からのSOSメッセージ「5人のピエロの私は殺される」

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第1話より引用)

 

春を殺そうとしたピエロ達の正体を暴く為に、青は自らピエロを演じきる事を決めた。

そう誓い、春の嫌がらせの件が嘘だった事を明かそうとクラスに帰った青。

だがクラスメイトは青の事を軽蔑した目で睨み付ける。

日南と対談した場所は「放送室」

青の怒りの言葉だけが放送され、青はクラスの弾かれ者に。

殴る蹴るの暴行を受ける青だが、決して自分を曲げなかった。

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第1話より引用)

 

こうして青と38人のクラスの戦いが始まった。

 

スポンサーリンク

 

感想

 

第一印象はストーリーの作りが実にユニークで独創的な漫画と思いました。

青苦い春「青春」をテーマにした、学園漫画ですがよりリアルに近い気がします。

現実的に相関図を書き表す人はいないけど、少なくとも同じような事が学校内であると思います。

人は弱い生き物ですから、多い方、強い方になびく様はまさにリアルですね。

さて、第一話だけあって色んな伏線が出てきましたね。

青が転校してきた理由。春の過去。青と春の小学校、中学校時代。5人のピエロ。

今後どのような展開になるか非常に楽しみですね。

最終的にはピエロたちと他生徒で全面戦争?なんかもあるのかな?

デスゲームじゃない分、どのようにして解決しストーリーが展開していくのか、完全逆風の中で青がどのように道を切り開くのか。

第一話から色々考えてしまいました(笑)

次回も楽しみですね ♪

【青春相関図第二話ネタバレ注意!】

 

 

スポンサーリンク

 

Pocket
LINEで送る

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です