【成功者の共通点とは!?思考回路を変えて人生を変えよう!心の考え方!】

Pocket
LINEで送る

皆さんはビジネスに成功する人の共通点ってご存知ですか?

ビジネスで成功する為には、技術や知識、運や才能。

こういったモノが合わさって、自分の持っている武器を使い努力し続ける事で、成功への扉が開けます。

でもこれって、木に例えるのなら幹や枝の部分なんです。

努力という水を与えれば、木は段々と大きく逞しくなります。

そうするとそこから何十本の枝が生えてきますよね?

枝が伸びればその枝に「実」が成ります。

この実というのが報酬です。いわゆる努力した結果の部分ですね。

木によって色や形、実の大きさ、もしかしたら実の味にも大きく差が出るかもしれません。

経営者次第で木の大きさや実の大きさが変わってきますよね?

これも立派なビジネスで成功する為の共通点なのですが、これは「体」の部分です。

言い換えるなら外側の部分ですね。

「じゃあ内側ってなに?」というと、「心」の部分にあたります。

木でいうと、根っこの部分になります。

今回はこの根っこに当たる心のお話をしたいと思います。

 

深層部

 

 

根っこの部分を変えるのは凄く難しいんです。

外観って変えるのは簡単ですよね?

例えば髪を切れば外観が変わった事になりますし、ビジネスでいうならやり方、方針を変えればそれは外観が変わった事になります。

結果はその後なので、変えたから結果が出るとは限りません。

髪を切ったら皆イケメン。なんて事はないと思います。(笑)

結果は変えた後に付いてくるものですからね。

じゃあ、根っこの部分を変えるのって何で難しいの?

私達は生まれた時から「こうしないといけない」という固定概念の元に生まれ育ったからです。

これが生きて行く上で思考を鈍らせ、柔軟性のない頭になってしまうんですよね。

でも根っこを変えれない人の殆どは、ビジネスで成功する事は難しいでしょう。

先程例えた木でお話しますと、木というのは「会社」を指します。

じゃあ、木の根っこって何?

木の根っこは「従業員」です。

1人でやられている方は、従業員=自分と例えてもいいです。

会社が上手く行っている間はいいのですが、会社設立から死ぬまで問題が無い会社なんて存在しないと思います。

必ず何かしらのアクシデントや、トラブルが生じていると思います。

この時、トラブルという嵐があなたの大切な木に襲い掛かった時、下で根を張る従業員が頑張ってくれないとどうなるか分かりますよね?

簡単に倒れてしまうんです。

木が倒れるって事は「倒産」という風に捉えて下さい。

従業員への気配りや配慮が無く、ただ闇雲に働けと罵声を浴びせているだけでは、根は成長せず地面に根を張りません。

逆に栄養を与え、刺激して上げる事で根は強く育ち、どんな嵐にも倒れないほど地面に根を張ってくれます。

根が強い会社は強いですね。

私はいつも思うのですが、売り上げ数100億とか、会社規模世界一も勿論凄いんですが、「倒産しない会社」というのがこの世で一番凄い事だと思います。

会社がある限り、成長していく可能性が大いにあるという事ですよね?

挑戦し続ける事が出来るのです。

ですが、いくら数億の売り上げがあったって、会社が無くなってしまえば元も子もないです。

ビジネスに成功する人はこの「心」の部分が一般の方と全然違います。

スポンサーリンク

 

心を変えよう

 

 

よく「あいつだけいいなぁ」とか「なんであいつばっかり」と呟いてる人を見かけたりしませんか?

どんな偉人でも同じ人間です。

最初から天才だった人間なんていません。

トライ&エラーを繰り返し、常に挑戦した結果が形になって表れただけです。

人の事を見て妬んでいる人には、一生たどり着けない領域です。

このように会社で従業員に対して、「何やってんだ!」「ちゃんと仕事しろよ!」と上手くいっていない事を従業員のせいにしてませんか?

この後の結末はこうなっていきます。

怒られた従業員はやる気を無くし、仕事に精が出ません。

そうなると再び売り上げは落ち、上司または社長から怒られます。

我慢の限界にきた従業員は会社を退社し、会社は更に売り上げを下げる事に。

売り上げが下がり続ければ結果、倒産というゴールが待ってますね。

負のスパイラルです。

人間って不思議な事に、幸せな人の所に「幸せ」が訪れます。

不幸な人の所には「不幸」が訪れるように創られています。

神様って凄いですね(笑)

何が言いたいかというと、「売り上げが下がって嫌だなぁ」と思っていると、あなたの元にはしっかり「売り上げが下がる」という事実が訪れてくれます。

自分の思考が事実として訪れるんです。

でもこれって考え方によっては良い方に使えますよね?

ある社長は売り上げが無く、会社が苦しい時に従業員にこう聞いたそうです。

「最近調子はどうだ?何か困っていることはないか?心配事はないか?」

あなたが従業員ならこんな言葉を掛けてくれる社長ってどうですか?

最高じゃないですか?

自分の事を見てくれてる。もっと頑張ろう。

凄い人はこの人の為に頑張りたいと思う方もいるかもしれません。

そうするとどうなるのか?

従業員のやる気が上がり、仕事の精が出ます。

徐々に売り上げが伸び始め、上司や社長から褒められる。

モチベーションが上がり、会社にとって有益な人材になっていきます。

会社の売り上げも上がり、従業員が有益な人材に育つってどうですか?

会社にとってこれほど嬉しい事はないですよね?

嬉しい、楽しいと思っている時って何が訪れるんでしたっけ?

そうです!

嬉しい事や楽しい事が訪れてくれるんです!

原因の追及を従業員にするのは簡単ですね。だってそれは外側の話ですから。

でも従業員の心を変えるのは難しいですね。だからこそ得られる効果は絶大なのです!

スポンサーリンク

 

まとめ

 

今回根っこの部分に例えた従業員ですが、あくまで変えるのは「心」です。

多くの成功者に共通するのは心のあり方です。

従業員を大切にしたりという、「感謝」の気持ちです!

成功者の多くの方は、人へ与える影響力というのが凄いです。

だからこそ、しっかりとした根っこの部分を理解する必要があるんです。

でも私は思うんです。

自分を変えれない人が、どうやって人を変える事が出来るんだって。

自分を曲げないのは良い事です。

でもそれって柔軟性が無く、応用が利かなくなります。

自分を変えるって大変なんです。

今までの考え方、思考を自分で否定し、訂正しながら上書きしていくのですから。

昨日までNGだったのが、今日からOKってなっても素直に受け取り辛いですよね?

心を変えるのに必要なのは「素直さ」です。

これがない人は孤高の狼。ワンマン経営と言われてしまいます。

人の心を変える前に、自分の心を変えてみましょう!

【ビジネスで大切な3つの事!成功する人の共通点は意外な所にあった。これを見れば人生が変わる】

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です