洗剤はいらない!?重曹を使った簡単な換気扇の掃除の仕方紹介!レンジフードの油汚れも綺麗に落ちる!

Pocket
LINEで送る

こんにちは! ミーヤンです。

換気扇レンジフードの中の油汚れに悩まされる事ってありませんか?

ギトギトした油は中々落ちないし、掃除するのに時間もかかりますよね?

今回はそんな油汚れの酷い、換気扇とレンジフードの簡単な掃除方法を紹介したいと思います!

 

準備する物

 

 

重曹:油汚れを落とすのに使用

スプレー:100均のものでOK!

手袋:手荒れ防止

歯ブラシ:細かい所の掃除やファンの掃除に使用

スポンジ:油汚れを擦るのに使用

バケツ:部品の浸け置きに使用

雑巾:拭き掃除に使用

マスクやメガネは必要であれば準備して下さい!

色々な方法がありますが、今回は重曹を使った掃除方法を紹介します!

 

モモちゃん
うわ!
油でギットギトだよ…。
トドくん、どうしたらいいの?
トドくん
困った油汚れには「重曹」がとても役に立つよ!
色んな所の掃除使えるし、価格も凄く安いから買っておいて損は無いよ!

 

 

スポンサーリンク

 

 

換気扇の掃除方法

 

 

数か月触っていない換気扇はものすごい事になっていると思います。

毎日使用するだけあって、汚れの溜まり方段違いに多いですね。

今回使用する「重曹」はそんな油汚れに最適なお掃除道具の一つです。

色んな所の掃除使えるので、是非使ってみて下さいね!

 

①取り外し

ご家庭の換気扇が何のタイプかしっかり確認しておきましょう!

タイプによって取り外し方や、取り付け方が変わってきます。

 

・プロペラファンタイプ

直接排気をするタイプ。プロペラが目の前にある奴ですね。

取り外しは簡単で、羽を押さえてスピンナをゆるめて引き抜き、シャフトから取り外します。

カバーも手前に引けば簡単に外せます!

(ご家庭の種類によって多少違うかもしれません)

 

・シロッコファンタイプ

ダクトを通して排気するタイプ。フィルターの奥にファンが隠れてます。

こちらもそれ程難しくはありません。前面にあるフィルターを外し、ファンの中央のネジを緩めれば取り出せます。

※取り外しには十分注意!

・ブレイカーを落とし、取り外し中にファンが回らないようにしましょう。怪我をする恐れがあります。

 

 

②重曹水に浸け置き

取り外した部品は重曹水に浸け置きしておきましょう。

1時間~2時間程で油が浮いてくると思います。

(汚れの具合で変化します)

重曹の効果で、染みついた油汚れを浮かせ簡単に落としやすくしてくれます。

容器の大きいバケツなどを使用して下さい!

アルミ製の物を使用すると、重曹と反応して黒ずんでしまいますので注意が必要です。

重曹水の作り方

ぬるま湯:(40~45度)1リットルに対して重曹:大さじ3~4杯に目安

水を使用すると、重曹が溶け辛いので気を付けましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

③レンジフードの掃除

部品を浸け置きしている間にレンジフードの掃除をしましょう。

レンジフードも油汚れでベッタリなので重曹スプレーを使いましょう!

ぬるま湯250ml:重曹大さじ1杯

ぬるま湯で溶かし、スプレーに入れておきましょう!

重曹スプレーを汚れている所に吹き付け、油を浮かし拭き上げましょう。

最後に乾拭きをすれば完了です。

拭き掃除の際、汚れが下に落ちる可能性があります。

気になる方は新聞紙をひくなどして、汚れが落ちても大丈夫のようにしておきましょう。

 

④部品を洗う

浸け置きしていた部品をスポンジで擦ります。

軽く擦っても落ちない場合は、もう少し時間が経ってから擦ってみましょう

部品の油が落ちたら、お湯で洗い流して拭き上げれば完了です!

 

⑤取り付け

タイプによって取り付け方も違うので、①を参考にして下さい!

部品の着け忘れが無いようにしましょう。

最後に余っている部品が無いか確認し、ブレイカーを入れ試運転して動けば掃除完了です!

 

モモちゃん
重曹水で洗う時は手袋をしていた方がいいね!
手が荒れて大変になっちゃうからね!
トドくん
そうだね!
それに回転物の取り付け、取り外しには十分注意してね!
回転しているファンに指が入ったら大変だから……。
モモちゃん
考えただけで怖いよ…。
必ずコンセントかブレイカーを落とすのを忘れずにね!

 

 

気を付ける事

 

 

換気扇掃除は年に4回程した方がいいと言われています。

忙しい中、4回もする暇が無い人は多いと思います。

最低でも年2回に減らし、1回の掃除で丁寧に綺麗にしておけばそれなりに保てると思います。

年末に大掃除したのなら、夏前に1度換気扇掃除をする事をおすすめします!

あまりに掃除していないと、発火の原因電気代が余計にかかったりしますので、出来るだけ掃除はこまめにしておきましょうね!

【大掃除リスト紹介!年末やお盆にここだけはしておきたい所と簡単な掃除方法紹介】

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です