【自分の成長に行き詰まりを感じるた時にやる事!できないのはやってないと一緒!】

Pocket
LINEで送る

あなたは何かの壁にぶつかって、自分の成長に行き詰った時どう思いますか?

どんなに優れた人でも、一度は挫折や困難にあうものです。

その中でも凄いと言われるような人の大半は、明確な目標、目的を持ち、それに対する実行力が違います。

 

例えばスポーツで伸び悩んだ時、「上手くなりたい」と望む選手がいたとします。

ですがただ漠然と「上手くなりたい」であればプロのように上手くなっても、少しだけ上手くなってもいい事になります。

「会社の利益を上げたい」であれば1円でも1兆円でも会社の利益が上がった事になりますよね?

それでは漠然とし過ぎて、皆さんが望んでいる結果にはならないと思います。

この漠然とした目標なのか、明確化した目標なのかで成長する幅やスピードが明らかに違うのです。

 

大切なのは、「自分の明確化した目標を自分の言葉にする」ことです。

なぜ言葉にする必要があるのか?

目標を明確化しなくてはいけないのか?

今から目標の明確化、意識の向け方で結果が大きく変わる事について迫っていきたいと思います。

 

自分の気持ちを言葉にする

 

 

人の悩みに対しては上手くアドバイスしたり、的確な指摘が出来るものですよね?

ですが、自分の悩み事になると全くと言っていい程、脳が機能しなくなってしまいます。

 

あなたも経験がないでしょうか?

人の相談は乗れるのに、自分の悩みは解決出来ないってこと。

 

悩みの沼に一度はまると、やればやるだけ、考えれば考えるだけ奥深くに沈み、余計に迷宮入りしてしまい、抜け出すのが困難になるものです。

この泥沼から抜け出す鍵となるのが、「言葉にする」という事なのです。

【言葉で人格が変わり人生すら変える!】

 

気持ちを言葉にするのって意外と難しいですよね?

皆が違う人生の中で経験してきた事や、感じた事を頭の中にインプットし、それに基づいて解釈しているのだから当然の事です。

仮に一つのお題を出した時に人それぞれ意見が違うのは、皆経験してきた事や歩んできた道のりが違うからです。

 

例えば目の前に「リンゴ」があったとします。

このリンゴについて好きに語って下さいと言われた10人は、それぞれ違う意見を言います。

 

「このリンゴは赤くておいしそう」

「いやいや、このリンゴは熟し過ぎてる」

「そもそも赤くないよね?」

 

このような違う意見が飛び交うんですよね。

中には「毒リンゴを食べた白雪姫を思い出す」って人もいるかもしれません。

十人十色。

考え方もあなたの歩んできた道で、左右されてきます。

 

自分とも会話をする

 

じゃあ、人に自分の気持ちを共有する為には、相手に分かり易い言葉ではっきり伝える事が必要になってきますよね?

あなたは相手に分かりやすいように、自分の考えを丁寧に説明すると思います。

話すのが苦手な方でも、自分なりに話の構成を考えながら喋るのです。

 

でも実はこれは自分にも同じ事が言えるのです。

漠然とした目標は、自分がどこを目指せばいいかわからなくて迷子になってしまいます。

上手く理解出来ないのは、目標そのものを持っていないのと同じ事なのです。

 

つまり自分に上手く説明できないと、自分が理解出来ないんですよね。

理解出来てないという事は、何に向かえばいいのか、何を頑張ればいいのか。

そこが漠然をし曖昧になっちゃいます。

 

言葉の影響力はあなたが思っているよりずっと強いです。

自分が掲げた目標。

何の為に達成するのかという目的。

こう言った事をアウトプットする事で、自分に「こうならなければならない」と刷り込ませる事が出来ます。

 

この世界では自分が思っている事が、現実なって自分の所に訪れます。

漠然とした目標では、結果も薄く中身の無い物に変わってしまいます。

そこで大事になってくるのが「目標、目的の明確化」です。

 

自分はこれを頑張る。

私はこうなる!

明確化した目標を掲げる事で、努力の方向を見失わずに済みます。

 

スポンサーリンク

 

 明確化する

 

 

全ての行動について言える事ですが、明確化の出来ていない目標や目的、表現は無いものと同じなのです。

例えば先程述べた事を例にすると、「上手くなりたい」と漠然な目標よりも「〇〇の〇〇の所をもっと上手くなりたい」

「会社の利益を上げたい」と思うのではなく「会社の利益を年間1000万上げたい」の方がより明確化出来ている。

 

そもそもなぜ明確化しなくちゃいけないなのか?

人は目標や目的を明確化する事で、それに向かって頑張るものなのです。

漠然とした目標だと、何をどのくらい頑張ればいいのかも漠然としてしまいます。

 

目標、目的が明確化した人

目標、目的が明確化してない人

 

この両者では結果はどちらが上だと思いますか?

明らかに前者の方が多いと思います。

目標を明確化する事で、何をどのくらい頑張るかを明確化でき、自分が望む結果へと自分で歩む事が出来るのです。

 

明確化とは、自分の目に見える形にする事です。

「売り上げ上げる」より「月間売り上げ1000万」

 

こういった誰が見ても理解出来て初めて明確化が出来ていると言われています。

 

期限を決める

 

明確化するのは何も目標だけではありません。

 

その目標をいつまでに達成するのか期限を明確化してあげると、より自分の努力の方向性を間違えなく、考え行動出来ます。

それに期限を明確化すると、決められた期限までに何をどのくらい頑張るのかを考えるようになります。

そうすると目標達成までの過程を逆算でき、その計画に沿って実行出来る力を付ける事が出来ます。

「年内までに」「今月中に」「今日の何時までに」

この目標の明確化、期限の明確化の癖が付くと、どんな目標に対しても果敢に取り組み、辛いくキツイ目標もクリア出来るような人になるのです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

目標や目的の明確化には「理想の自分」を細分化し、細かい目標を立てましょう。

その細かい小さな目標を積み重ねる事で、理想の自分に近付く事が出来ます。

皆さんも自分の事は自分が一番よくわかっていると思います。

一度ゆっくり自分と向き合い、理想の自分とは何なのか?自分はどうなりたいのか?と問いてみましょう。

その答えが見つかったら、今よりも理想に近付ける事でしょう。

【メンタルを強くしよう(2)】

【何事も続かない…。出来ない…。毎日出来る事からチャレンジしよう!】

 

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

コメントを残す