【メルカリの再出品で売れる人と売れない人がいる?メルカリで気を付ける事と出品のコツ紹介!】

Pocket
LINEで送る

皆さんこんにちは! ミーヤンです。

前回の記事では、海外からの仕入れから販売までの簡単な流れを紹介しました!

⇩⇩⇩こちら⇩⇩⇩

【中国輸入で物販に挑戦!海外品を仕入れ転売する方法紹介】

今回はメルカリで出品というテーマです。

Amazon、楽天、Yahooなど色々と大きな媒体はありますが、それにも負けないぐらい勢いのあるメルカリ。

今、携帯アプリの中でも知らない人はいないぐらい有名になりましたね!

ではメルカリの利点や出品についてみていきましょう!

 

メルカリのメリット

 

 

①法に触れなければ何でも売れる

 

法律に触れなければ基本的に何でも売れます。

石とかでも売れます。もしかしたらゴミも売れます。

買う人はいないでしょうけど(笑)

自分の選んだ商品殆どの物が売れると思っていも結構だと思います。

売れるといっても「収益」が上がるではなく、出品できるという事です。

 

②手続き、操作が簡単

 

出品から販売完了までの手続きが非常に簡単。

写真を貼って、値段やカテゴリーを決め、紹介文を書いたら後は待つだけ!

操作も殆ど迷う事はないと思います。

売るだけじゃなくて、買う方も簡単でとにかく使いやすいのが特徴!

 

③月額無料

 

ダウンロードさえすれば、後は無料で使う事が出来ます。

登録費用も更新費用も一切掛かりません。

初心者にとっては参入しやすい大きなメリットですね。

 

④個人売買なので交渉も自由

 

設定した価格に対して、顧客の方から値下げ交渉される事が多々あります。

あと数百円の値下げで購入してもらえる状況があった時、自分の意志で自由に値下げも可能です。

コメントに細かく対応する事で、顧客の離脱率を下げ収益に繋げる事が出来ます!

 

⑤ユーザーが多い

 

自分のお店を持つと自分で集客しなくてはいけません。

ですがメルカリというデカい媒体を使う事でその必要がありません。

むしろ集客はメルカリの運営側が勝手にやってくれるので、販売に専念出来ます。

最初から自分でサイトを作り、運営をやろうと考えると手間とコストが掛かり過ぎます。

元々そういうのが得意か相当自信が無い限りはあまりお勧めをしません。

 

スポンサーリンク

 

メルカリのデメリット

 

 

①手数料が高い

 

売り上げ確定時、販売手数料というのが掛かります。

メルカリはその販売手数料が非常に高いです(笑)

売上金の10%引かれます。

1,000円の物であれば10%で100円が引かれた900円が利益ですね。

登録が無料なので考え方次第ではありますが……高い。

販売手数料を考えての価格設定を行う必要がありますね。

 

②マナーが悪い

 

全員ではありませんがマナーが悪い人が多い傾向にあります。

値下げ交渉もふざけた値段を言ってきたりする人も結構います。

そういった人は相手にしなければ問題ありませんが、何回も続くとうんざりします。

 

③対応が面倒

 

結果的に購入に結び付けばいいのですが、散々対応した結果購入しないなんて事もあります。

冷やかしでコメントしてくる人も少なくありません。

購入希望の方のみコメントして下さいなど対策をしましょう。

本当に購入意思のある方にターゲットを絞る事で、余計な手間が掛からくて済むかもしれません。

 

④再出品が面倒

 

メルカリで再出品する際は、もう一度内容を入力する必要があります。

コピペでいいのですが、出品している商品が多ければそれだけ手間になります。

時間帯によっては、出品して数分ですぐに下の方に埋もれるなんて事も多々…。

その度、再出品していてはキリがありませんね(笑)

 

スポンサーリンク

 

売れる時間に出品

 

 

どのサイトも一緒ですが売れやすい時間帯があります。

例え検索されたとしても、下の方に埋まってしまっては見つけてもらえません。

そこで売れる時間帯を狙って出品する必要があります。

特にメルカリは再出品しないと、どこまでも下の方に眠ってしまいます。

 

売れる時間帯
・15時~18時
・3時~6時
・18時~21時

 

時間帯によって客層も変わります。

客層が変わるという事は売れる商品のジャンルが変わるという事です。

自分のジャンルがどこの時間帯で売れるかしっかりリサーチしましょう!

15時~18時はやっぱり主婦層でしょう!

パートの仕事が終わって一休みの時、家事や育児の合間、夕方忙しい主婦たちはこの時間帯に自分の時間を使う事が多いようですね。

主婦に人気の商品なんかはこの時間帯が一番いいでしょう。

意外にも3時~6時もよく売れるようです。

夜勤明けの人、出勤前の人、夜の生活の人、ジャンルは多数いそうですね。

それに皆が寝ている時間は出品が少なく、自分の商品が上に残る可能性が高いのも売れる要因かもしれませんね。

次に王道の18時~21時の時間帯。

これは社会人から学生まで、幅広く携帯を見る事が出来る時間ですね。

逆に言えばライバルの稼働も多い時間でもあります。

王道の時間だけあって、需要も多いが競争率も高い!?

このようにメルカリでは売れる時間によって、出品を行う事で購入される確率がグンッと上がります!

 

購入される為の小技

 

私がこれをして良く売れたやり方ですが、まず最初の設定価格を少し高めに設定します。

商品価格1,500円(本当は1,000円でOK!)

これを見て欲しい人はとりあえず「いいね!」をしてくれます。

「いいね!」をする人で購入までに至らないケースは、値段が高かったり検討中だったり様々です。

いいなと思うけど決定打にはなっていない状態ですね。

「いいね!」の数が増えて来たタイミングで値段を落とします!

そうすると「いいね!」した人の所に値下げされました。と通知が行きます。

そうすると「もう少し安かったらなぁ」と思っている人はすぐに喰い付いてくれます。

相手も安く手に入り、こちらも元々の計画通りなので万々歳です。

また、値下げ交渉された際にも有効ですね。

最初からキリキリの状態では無く、少し余裕があれば値下げし購入まで結びつける可能性が高くなります。

この方法を用いて私は意外に売り上げを伸ばす事が出来ました。

皆さんに当てはまるか分かりませんが、試してみる価値はあると思います!

ここまで読んで下さりありがとうございます!

 

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

コメントを残す