【神様の言うとおり映画化にもなったデスゲームおすすめ漫画!本編は弐へと受け継がれた!?】

Pocket
LINEで送る

あなたは「神様の言うとおり」という漫画を知っていますか?

週刊少年マガジンで連載されていた、デスゲームを繰り広げる漫画です。

福士蒼汰さんが主演を演じ、映画化にもなりましたね。

 

神様の言うとおりの単行本は「壱」が5巻まで販売されており、神と戦うのですが…。

その「神様の言うとおり」、実は二部構成になっているのをご存知ですか?

壱部は映画化にもなり有名ですが、途中で編は弐部へと受け継がれストーリーは進んでいくのです。

壱部だけで終わっているファンの方!!

弐部の面白さも含め、今回はその「神様の言うとおり」の面白さについてお伝えしたいと思います!




こちらが壱の作品で全五巻になります。

 



そしてこちらが主人公が違う弐部作ですね。

最終的には壱部を受け継ぎ、全21巻で完結します!

 

あらすじ

 

 

壱部の主人公、高畑 瞬(たかはた しゅん)どこにでもいる普通の高校生。

そんな瞬は毎日が退屈に感じていました。

ごく普通の日常生活の中、突如教室に現れる謎のだるま……。

そして意味も分からないままいきなり始まるデスゲーム。

平穏な日常を壊し、瞬は仲間達と生きる事を強く願い、デスゲームに挑むのです。

 

弐部では主人公が変わり視点が変わります。

壱部は学校に通っていた人のお話で、弐部はその日学校に行っていなかった高校生のお話です。

弐部の主人公、明石 靖人(あかし やすと)はその日、親友の青山と喧嘩し学校から抜け出している時、学校ではだるまのデスゲームが行われていた。

明石はその夜、学校に行ってない人(不良)を迎えにきた二宮金次郎に乗っていざ戦場へ向かうのです。

弐部は言わば壱部の裏側を描いた漫画です。

 

最終的は話が繋がり、非常に面白くなってきます。

壱部だけ知ってる人も、弐部だけ知ってる人も、両方読んだ方が2倍楽しめる構造になっています。

勿論、片方だけでもとても面白いです。

 

主要人物

 

壱部、弐部で主要となってくる人物を紹介したいと思います!

この人物たちは作中でかなり影響力があり、それぞれの想いにも注目です!

ラスボスである「神まろ」を目指すが、その思いは皆バラバラ。

同じデスゲームを乗り越えた人物だが、描くゴールが違う…。

ここには戦いが待っているのか。

 

壱部 主人公 高畑 瞬

 

f:id:mi-yanwanwan:20170824154137j:plain

(出典:講談社 原作・原案/金城宗幸  作画/ 藤村緋二 神様の言うとおりコミックスより引用)

 

このデスゲームを終わらせる為、神を倒す事に燃える壱部の主人公。

時折見せる超人的な姿はまさに神の如し、数々の危機を乗り越えていく。

情に厚く味方の為に自分を犠牲にする。

 

壱部 天谷 武

 

f:id:mi-yanwanwan:20170824154151j:plain

(出典:講談社 原作・原案/金城宗幸  作画/ 藤村緋二 神様の言うとおりコミックスより引用)

 

神になりたいと願う少し外れた人物。

高い身体能力とぶっ飛んだ思考が瞬に影響を与える。

壊す事で生を感じる非常に危険な人物。

 

弐部 主人公 明石 靖人

 

f:id:mi-yanwanwan:20170824154214j:plain

(出典:講談社 原作・原案/金城宗幸  作画/ 藤村緋二 神様の言うとおりコミックスより引用)

 

正義感に溢れ常に仲間と困難を乗り越えて行く、言わばチームワークを主とした考えの主人公。

だが人の死をあざ笑う奴には豹変し、死をも恐れず立ち向かう。

神さま言うとおりの総合的な主人公は、この明石なのかもしれない。

 

弐部 丑三 清志郎

 

f:id:mi-yanwanwan:20170824154226j:plain

(出典:講談社 原作・原案/金城宗幸  作画/ 藤村緋二 神様の言うとおりコミックスより引用)

 

天谷同様神になりたいと願う。

世界が滅べばいいと願う人間で、天谷とは違う方向で外れている。

弐部の途中から明石に惚れこんでいて、最後まで明石に付いて行く覚悟は並外れている。

デスゲームを戦い抜くのも、明石の為にと目的が変わってくる。

 

スポンサーリンク

 

見どころ

 

神様の言うとおりの見どころを知らずとも、面白いのですが知っていれば、読みたくなってうずうずするでしょう(笑)

最近はかなりリアルなデスゲームが増えてきましたが、神様の言うとおりは優しい方なので、苦手な方でも安心して読めると思いますよ!

勿論、女性にもおすすめな漫画なので1度手に取って見て下さいね!

では早速、見どころを紹介します!

 

デスゲーム

 

何と言ってもデスゲームの面白さです。

その種類は豊富で「どうしらクリア出来るのか?」なんて考えると余計に楽しいです。

最初に出て来ただるまでいうと背中のボタンを押したら終わり。

などゲームが進めば進む程、内容は濃くなり、グッと楽しさが増えて行きます。

 

トンチの効いたお題など、壱部と弐部でまた違ったデスゲームも十分に楽しめる一つだと思います。

謎の多いデスゲームは進むにつれ、難易度が上がり更には規模もデカくなっていきます。

1つ1つがかなり見応えがあるので見てて飽きないですね!

 

出会い、別れ

 

作中に出てくる登場人物もゲーム中に友情を築いた友と別れ、次のゲームで新しい友と出会い、また別れてと悲しいくらい出会いと別れが多いです。

1人1人の想いも良く描かれており、高校生ならではの青春もしっかりと描かれています。

そんな登場人物に感情移入する事も多く、望みたくない結末も非常に多いですが、その中で描かれるいくつものシーンが主人公達に力を与え、強く前に進んで行けるのです。

1人1人のキャラの個性が良く描かれているので、「ここで死んじゃうの?」って事が多いです…。

漫画とか読んでいると、死にそうな奴、裏切りそうな奴って分かってきますよね?

神様の言う通りでは驚かされる事が非常に多い印象です!

 

壱部と弐部の融合

 

最終局面では壱部と弐部のお話がついに繋がります!

両方読んだ方ならこの出会いに奮起したでしょう(笑)

壱部の主人公の瞬と、弐部の主人公の明石、2人の出会いが、更に物語を盛り上げてくれます。

先の展開が全く読めないこの漫画は、次にどんな展開が待っているのか気になってしょうがないです(笑)

壱部を読んだ方は、どうやって繋がるのか気になったと思います(笑)

話の繋げ方も見事に描かれていて、不自然に感じる事も無かったです!

 

スポンサーリンク

 

この漫画を読むには?

 

eBookJapanに登録すれば、簡単読む事が出来ます。

また無料で立ち読み出来るので、買う前に1度チェックする事も可能!!

9000作品が無料で読め、世界最大級の電子書籍を扱うeBookJapanは約50万冊の本を配信してますので、あなたの読みたい本が必ず見つかると思います。

 

神様の言うとおり

【出典】講談社

【原作】金城宗幸

【漫画】藤村緋二

【試し読みはこちら】

最近、単行本などで読む人より電子媒体で読む人が増えてきました。

実際に電子媒体の方が便利な事も多いのですが、中にはなんだかよくわからないって人もいるみたいです。

そこで電子書籍がなんで便利なのか、簡単にお伝えします!

 

電子書籍が便利な理由

 

 

ここでは紙媒体(単行本など)と電子媒体を比較してみましょう。

 

電子媒体紙媒体
置き場携帯1つでいくらでも保管可能本棚を必要な分だけ用意
購入の手間携帯操作で自宅で可能本屋まで足を運ぶ必要がある
価格本屋より安く購入できる事がある定価で購入
持ち運び携帯1つなので負担にならないバッグなどに入れて持ち運び
入手検索が容易で簡単に見つかる本屋によっては置いてない本もあり、探すのが困難な事がある
読み返しいつでもどこでも可能随時用意する必要がある
売却不可売ってお金にする事ができる
貸し借り携帯を貸す必要がある簡単に貸し借りが可能

 

中古本と比べて電子媒体は綺麗ですし、どこでも簡単に読める事が1番のメリットですね。

紙と違って場所を取らないのと、いつでも簡単に読み返せたり好きな本を読めるのが便利な訳です。

売ってお金にする事は出来ませんが、その分ポイントやキャンペーンなどで安く購入できる機会もあるので、そこまでデメリットには感じませんね。

私も週刊誌を購入していますが、コンビニに立ち寄る手間も無くなり、空いた時間にパッと読めるので電子媒体は気に入ってます!

 

まとめ

 

独創的な思考で描かれた「神様の言うとおり」は最後まで楽しめる最高の漫画です。

デスゲームが苦手な方は遠慮した方が……。

人は秒の速さで死んでいきます。悲しいくらい沢山死にます。

それでもこの漫画を面白いと思えるものが作中の中には山程詰まっています。

二部構成となって更にストーリーが繋がるといった珍しい展開も読者を興奮させる事でしょう。

 

苦手意識の無い人や、映画だけ見た人、片方だけ読んだ人は、

是非この機会に一度読んで見て下さい!

 

スポンサーリンク

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す