【子供がスポーツで声を出す意味とは?環境が違うだけで効果が全然違う!】

Pocket
LINEで送る

子供たちが指導者から一度は言われるであろう「声を出せ」という言葉。

言われた子供たちは 「またか」「分かってるよ」というような、うんざりした顔になってませんか?

子供たちからしたら、何の為に声を出さないといけないのかが全く理解出来てません。

 

言われたから声を出す。

怒られるの嫌だから声を出す。

このような理由で子供は声を出してませんか?

 

せっかく質の良い練習をしても声を出さなければ効果は減少してしまいます。

今回は声を出す意味について語りたいと思います。

 

モモちゃん
「声を出せ」ってよく言われるけどなんでだろうね?
そんなに変わらない気もするんだけど…。
トドくん
まずは何で声を出す必要があるのか見ていこうね!

 

 

なぜ声出しが必要なのか?

 

f:id:mi-yanwanwan:20170824153110j:plain

 

皆さんもスポーツをしている中で、よく「声を出せ」といわれることが多いのではないでしょうか?

「声を出さなくて良い」という指導者は全くいません。

練習の時でも試合の時でも「声出して、元気だせ!」と言われたことがあると思います 。

 

実は声を出すの事で得れる効果は多くあります。

チームスポーツを例に挙げると、自分の位置や行動を知らせる事が出来ます。

言葉は自分の思っている事を相手に迅速に伝える事が出来る便利な道具です。

「私はここにいるよ」「こっちに行くよ」といった意思表示やサインの伝達など、試合を進めていく上で非常に重要な役割を担います。

 

声が無いとチームメイトにもその意が伝わらず、コンビネーションが確立されない可能性が非常に高くなってしまいます。

チームスポーツにおいて、チームワークは非常に大切ですよね?

周りが声を掛けて上げたり、自分から声を出す事でコンビネーションも大きく変わってきます。

また、大きな声を出す事によって神経による運動能力を抑制を外し、パフォーマンスが向上すると言われています。

瞬発的に大きな力を発揮するスポーツによく見られます。

 

例えばハンマー投げの場合、投げる瞬間に大きな声と共にハンマーを遠くへと投げ飛ばす。

あれって何の意味もないように見えますよね?

なんか思いっきり力入れたから声が出ちゃったと思ってしまいます(笑)

ですが大きな声と共にハンマーを投げる事で、パフォーマンスの向上に繋がっているのです。

ただ闇雲に声を出している訳じゃ無かったんです。

 

声の効果はこれだけじゃありません。

集中力、やる気の向上、緊張を和らげリラックス効果を生み出すという精神的効果もあると言われています。

あの有名な漫画スラムダンクでも似たようなシーンがありましたね。

山王戦の時です。(見てない人は是非見てね)

ベンチメンバーたちはアップの時からやたら大きな声を出していましたね?

 

あれも緊張を和らげ、リラックスできる効果があるのです。

試合の前に緊張してガチガチな時、円陣を組んで気合を入れるのもリラックス効果があるので非常に効果的です!

個人種目の競技選手は「シャ!!」と気合を入れているシーンをよく見たりもします。

「キツい時こそ声を出せ」と言われるのはこれらの理由からだそうです。

 

モモちゃん
声を出すのにそんな効果があったなんて…。
全然知らなかったよ。
でも一人だけ大きな声を出すのって恥ずかしいよね…。
トドくん
そうだよね。
声を出さない。じゃなくて出せない人って沢山いると思うんだ。
そこでまずは声を出す環境を作っていかなきゃいけないんだ!

 

スポンサーリンク

 

声を出す環境を作る

 

f:id:mi-yanwanwan:20170824153224j:plain

 

声を出す意味は分かったけど、一人で大きな声を出すのは恥ずかしい……。

分かります。そもそも声を出すのは自分の為だけじゃありません。

皆さんも経験があると思いますが、自分が良いプレーをした時に周りのチームメイトが一緒になって喜んでくれたら嬉しいですよね?

ベンチや応援席から声援や歓声があればテンションも上がりますよね?

自分が大きな声を出せば周りにも絶大な効果があるんです!

じゃあどうすれば皆も大きな声を出してくれるの?

それはやはり声を出す環境を作っていくしかありません。

これからお話しするのは僕なりの方法です。ご参考までに

 

大きな声でお手本を見せる

 

子供たちはいつ、どこで、どの言葉を選べばいいか分かっていないことが多いのです。

まずは自分が先頭に立ち、子供たちのお手本になってあげましょう。

コーチや監督が出している言葉なら、自然と真似をするようになります。

最初はどんな言葉でもいいので、まずは声を出す事を意識させましょう。

子供たちは大人の事を非常に良く見てます。

指導者陣が子供のお手本になっている訳ですから、まずは大人がそういった環境を作ってあげましょう!

 

一緒になって喜ぶ

 

子供たちは誰でも指導者や親、友人から褒められたい気持ちはあります。

いいプレーをしたなら本人以上に喜び、大きな声で「ナイスプレー」などを言ってあげると子供は嬉しがります。

すると気持ちも高まり、更に頑張ろうと段々と大きな声が出てき始めます。

厳しさも必要ですが、時には褒めてあげましょう。

キツイ練習も、チーム自体に盛り上がりがあるだけで全然違います。

張りつめた空気の中にも、アメ玉を用意してあげるのも指導者の腕の見せ所ですね。

 

たまに遊び心を入れ笑いも

 

子供はとにかく楽しい事が大好きです。

どれだけキツイ練習をした後でも、遊びになれば疲れなんて忘れ、大きな声で笑いながら遊ぶものですよね?

厳しい練習もいいのですが、たまに子供を笑わせる事を言ったり、楽しませる練習を取り入れると自然と笑い声が溢れます。

まずは「自分も声を出していいんだ」と思わせ、小さな声でもまずは出す事から始めて行きましょう 。

全ての子が全員声を出す事に抵抗がなければいいのですが、中には声を出す事を凄く苦手としている子もいます。

ただ会話するだけでも、もじもじする子って沢山いると思います。

そんな子でも、遊びになれば見た事ないような姿で遊んだりします。

練習にも変化を付けながら、子供との関係を築いていかなければいけませんね。

 

モモちゃん
楽しい事があると自然と大きな声が出るね!
それに周りの友達が出してると一緒に出しやすいね!
トドくん
そうだね!
それに指導者や親から褒められるとテンションが上がって、雰囲気も良くなるよ!
でもメリハリが大事だから、時に厳しく、時に優しくのバランスが大事だね!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

結論から言うと、いきなり大きな声を求めてもすぐには出ません。

まずは声を出す大切さや意味をしっかり伝える事。

それが出来てようやく次のステップです。

一時的に大きな声を出すのは簡単でも、出し続ける事は非常に難しいものです。

子供たちに大きな声を出させ、盛り上がった雰囲気で練習させ、その後に無言で練習をさせてみるのも面白いかもしれません。

より良い環境で練習する事が自分たちにどれだけの効果があるかを肌で感じさせてみるのもいいと思います。

やはり暗い雰囲気より明るい雰囲気の方が、練習効果もパフォーマンスも雲泥の差が出ます。

その為には恥じらいを捨てさせる工夫や変化が必要かも知れませんね。

【バスケ上達!子供への指導】スポーツ編

 

 

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

コメントを残す