【子供の未来は親の言葉で変わる!?限界を作らず天才児として育て可能性を広げよう!】

Pocket
LINEで送る

あなたは子供性格って生まれた時から決まっていると思っていますか?

よく「子供は親の背中を見て育つ」と言いますが、それも一理あります。

親子似たように育つのは同じ環境で、いつも近くであなたの事を見ていたからです。

子供は自然と親の行動を真似して、同じような事をしようとします。

「子供は親を写す鏡」とでも言うように、自分の良い所も悪い所も似てきますよね?

ですが、どんな人間でもその人の人格を作るのは全て自分が使う言葉からです。

【言葉で人格が変わり人生すら変える!言葉の影響力を知り、自分の人生に成功と幸せを導く考え方!】

子供たちは生まれた瞬間は言葉というものを喋れませんよね?

じゃあどうやって言葉を覚えたのか?

誰から学び、誰の真似をして生きてきたのか?

 

スポンサーリンク

 

親の言葉が子の人格を作る

 

 

子供が一番最初に言葉を学ぶの親からです。

良い言葉も悪い言葉も、大半は親の言葉から聞き覚えます。

「言葉が人格を作る」

人間は不思議な生き物で、自分が言っている事が現実なっていきます。

不幸と嘆く人には不幸が訪れ、幸せと歓喜する人には更なる幸せが訪れます。

人格とは運命です。人生です。

人格が変わればその人の人生が変わってきます。

その人格を作っているのがまぎれもない「言葉」なのです。

人間は一番身近な人の言葉に凄く影響を受けます。

大人になれば一番身近な存在というのは「あなた自身」です。

だからあなた自身ががいつも言っている言葉が現実となり、今目の前に訪れていませんか?

「自分が不幸だ」と思い込む事で、「私は不幸でなくてはいけない」と自分に言い聞かせ、どんどん不幸になろうとします。

「お金がない」と言っている人も、「私にはお金があってはいけない」と思い込み、どんどん貧乏になっていきます。

それも全部あなたの思い込み、固定概念が現実になっています。

「どうせお金持ちになれない」と思い込んでいる人は、一生お金持ちになる事はないでしょう。

でも子供にとって一番身近な存在は「親」です。

子供達はまだ学ぶ事ばかりで、固定概念も無く純粋な状態です。

いくつか例を挙げると、「あなたは悪い子ね」と常日頃から言われている子供と、「あなたは天才だ」と言われている子供ってどっちが成長すると思いますか?

もちろん後者です。

子供の頭の中で、「自分は悪い子だ」思い込んでしまい悪い子になろうとします。

逆に天才と言われ続けた子は、天才でなければならないと常に自分を磨こうとします。

天才ならこうだ!天才ならこうする!

思考がプラスに働き掛け、ベクトルが向上します。

自分が天才だと思い込み、天才になろうとするのです。

更によくあるのが人見知り。

これって性格って思われていますが、全部が全部性格ではありません。

そもそも性格、人格を作っているのあなたの言葉って伝えましたよね?

あなたは自分の子供を連れている時に、近所の人とばったり会ったとします。

あなたは「こんにちは」と挨拶をするでしょうが、子供はもじもじしている事が多いですよね?

これを人は「人見知り」と呼んでいるのですが、子供は人見知りではなく挨拶の仕方がわからないんです。

どうやって挨拶をするか、それを子供に教える前に親が言います。

「ほら、挨拶は?すみませんね。この子人見知りなので

先程も言いましたが、子供間はあなたの言葉が子供人格を作っています。

あなたが言った「人見知り」という言葉に子供は「私は人見知りなんだ」と思い込み、そうなろうとします。

子供が最初から人見知りなんて知りません。

親が勝手にそう思い込み、言っているだけです。

それが現実となって表れただけなんです。

 

スポンサーリンク

 

あなたの子供は天才です

 

 

子供の可能性は無限大です。

大人になると不思議と物事に対して、壁を作ってしまいませんか?

どういう事かというと、あなたは今からオリンピック選手になって下さいと言われた時、大抵の人が「無理」と言うはずです。

オリンピック選手=才能のある人

という固定概念から挑戦する前に諦め、拒絶してしまいます。

今の例は極端ですが、例えば公園の滑り台。

滑り台を滑るには、階段をいくつか上らないといけないですよね?

でも親が最初から「この子には無理」と子供の限界を勝手に決めてしまうと、その子は何にも挑戦しないまま、「私は滑り台を滑れない」と思ってしまいます。

大きくなれば出来ることでも、そういう思考が染みついてしまい常に自分に限界を作ってしまうようになってしまいます。

「どうせ無駄」「やっても適わない」

誰が決めましたか?

子供の間は親の言葉に一番影響を受けますが、自我が芽生え出すと自分の言葉に一番影響を受けるように変わります。

でも先程述べたように、ネガティブな思考が身に付いてしまうと、自我が芽生えた後もネガティブな発言をするようになります。

すると、子供人生はそういう人生に変わっていってしまいます。

成功する人たちは、「自分なら出来る」「俺がやらなくて誰がやるんだ」と周りから鼻で笑われるような発言を繰り返します。

でも自分は凄いと思い込む事で、「凄い自分」にならなくてはという行動を取るようになります。

自分の言葉に影響を受けて、人生を変えているんです。

立ったばかりの子供に「お前は歩く才能が無い!」って怒る親はいませんよね?

「凄いね!立てたね!君ならすぐに歩けるよ」

子供はこの言葉を聞いて、自分はすぐに歩けると思い込みます。

何にでも子供の限界を親が勝手に作ってしまう事は、子供の可能性を潰しているの変わりません。

大丈夫です。

「あなたのお子さんは天才です!」

あなたの言葉で子供の性格や将来が変わるって考えたら、何だかゾッとしますよね。

それだけ「言葉」というものには影響力があるのです。

子供に限界を作らずに天才として接し、子供をフォローしてあげましょう。

 

最後に

 

子供の人格は親の「言葉」で作られ成長していきます。

我が子の事を認めず、否定ばかりしていると子供の未来を奪うことになります。

どんな子も一番親に認めて欲しいし、一番褒めて欲しいものです。

子供の可能性を親が勝手に決めるのではなく、「君は何でもできる天才だ」と育ててあげましょう。

子供は思い込みの天才です。

良い事と悪い事を教えるのだけが教育ではありません。

子供の未来を切り開けるのはあなただけです。

でもこうして最後まで読んで頂けたという事は、あなたはきっと本当に悩んでいたんだと思います。

試行錯誤し、自分のやり方が合っているのか正解を探してたんじゃないですか?

大丈夫です。あなたは間違っていません。

今その事に気付いて、これから変えようとする意志があるからです。

あなたならきっと出来ます。あなただから出来るのです。

努力は決してあなたを裏切りません。

最後にもう一度言います。

子供の可能性は無限大です。

あなたのお子さんんがいずれ活躍するのを心より楽しみにしています。

 

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です