【ジョーカー(JOKER)ネタバレ感想、この喧嘩漫画がヤバい面白さ!池袋最強を目指す梟と不良たちの物語】

Pocket
LINEで送る

こんにちは! みーやんです。

今日ご紹介するのは「ジョーカー」という漫画です。

池袋にある伝説のチーム“梟(フクロウ)”のお話です。

東京の不良界にその名を轟かすほどのバイクチームに憧れる1人の男。

この男こそが、ジョーカーの主人公である。

池袋の頂点を目指して、今この物語が始まります!

では早速、あらすじを見ていきましょう!

他にも似たような漫画が好きな方はこちら!

【バトル漫画】

 

スポンサーリンク

 

あらすじ

 

舞台は東京池袋。

広島ナンバーのバイクにまたがるその男は梟に入る為、わざわざ上京してきたのであった。

そんな中、1人の女が路地裏のような場所でチンピラに絡まれています。

彼女は「梟と知り合い」とチンピラに訴えかけるが、チンピラ2人は声を上げて笑います。

なぜ2人が笑ったのか?

それはかつて東京最強と呼ばれた梟はもう壊滅してしまったから…。

あの伝説のチームが壊滅したと聞いて、驚くその男は梟の居場所を知っているその女を連れて逃走。

彼女が案内したのは、さびれた喫茶店。

そこに座る3人の男。

それを指差し「お探しの梟よ」と紹介します。

 

(出典:GANMA! ジョーカーより引用)

 

男は梟を目の前に興奮した様子で自己紹介し始めます。

男の名前は「師倉雅也」

毎年夏に現れては梟にくっつきまわっていたみたいだ(笑)

 

(出典:GANMA! ジョーカーより引用)

 

師倉はこの街で出会った「荒瀬」と「朝雛」という男に惚れこんで、梟に憧れたみたいですね。

その話を聞いて立ち上がる「京介」という男。

梟に入りたがる師倉に「お前が入りてぇと憧れた最強梟はもう存在しねぇ」と師倉をつき帰そうとします。

それもそのはず…。

梟は今やたった3人の弱小チームまで成り下がっていたのです…。

 

(出典:GANMA! ジョーカーより引用)

 

師倉の梟への熱い思いとは裏腹に、京介は梟の解散を考えていました。

朝雛たちが引退して、京介驚くような速さで色んなものを失っていた。

そんな悩みを抱えたまま、梟の相続は可能か悩んでたんでしょう…。

 

(出典:GANMA! ジョーカーより引用)

 

そんな梟の解散を聞きつけ、解散する前に梟を潰して名を上げようとする輩もいます。

その輩は梟である3人を潰す為に、多数で囲いますが腐っても梟。

たった3人だけでも梟の看板を汚さないように、簡単には潰されません。

梟の看板を何よりも強く思っているのはやはり京介だったのでしょう。

京介の言葉に他の2人も気合が入ってますね。

 

梟の騒ぎを聞きつけて現場到着した師倉だったが、喧嘩はオーラス。

最後の1人を倒す盤面です。

 

「解散すんならなんでこんなに頑張ってんだよ!?」

 

(出典:GANMA! ジョーカーより引用)

 

確かに解散を口にした京介が、ここまで頑張るのは存続する意思があるのか?

でも京介の腹は既に決まっていて、解散はする。と断言。

かつて最強と呼ばれた梟がいつか誰かの手で潰される前に、自分の手で幕を閉じようと考えているようです。

最後の残党にトドメを刺す京介の腕を、グッと掴み京介に渾身の一撃をお見舞いする師倉。

 

(出典:GANMA! ジョーカーより引用)

 

自分で幕を下ろすと言っている京介に、師倉は怒号しています。

弱気になったじゃばい梟に用はなく、師倉がその手でトドメを刺すと。

かつては憧れていた梟。

今ではその面影もなく、肝心なリーダーも意欲はない。

そんな残念な姿に幻滅した師倉はあっという間に梟の2人を倒します。

師倉の強さは化け物並みで、その描写が一撃の強さを表してますね!

 

(出典:GANMA! ジョーカーより引用)

 

残った京介は師倉に殴りかかりますが、師倉には全く効いていませんね。

京介は自分が今まで背負ってきた「梟」という看板は俺には重すぎる

自分の胸の内にあるモノを全て叫びます。

そんな弱音を吐いている京介を慰める訳でもなく、師倉は殴り飛ばします。

 

「おどれはそれでも梟かー!!」

 

(出典:GANMA! ジョーカーより引用)

 

完全に容赦無しですね(笑)

さすがにこれでは京介もぶっ倒れると思ったがッ!!?

 

「仰向けだけは倒れねぇ!!」

 

渾身の力を振り絞り、仰向けに倒れるのを阻止。

そしてそのまま前に倒れ込み、意識を失ってしまいます。

京介が仰向けに倒れない理由分かりますか?

背中に背負った梟の名が汚れてしまうから。です。

 

(出典:GANMA! ジョーカーより引用)

 

これだけ熱い思いがある京介。

その根性はやはり梟のリーダーに相応しいものでしたね。

師倉との戦いに負けた京介たち梟は、「看板」と呼べるジャケットを師倉に取られ、もう梟を背負うなと忠告されます。

そして去り際にもう一言。

 

「もう一回梟背負いたいんなら力づくで取り返しにこんかい!!」

 

これは師倉なりの京介たちへの優しさでしょう。

もしも京介があのまま仰向けに倒れていたら、そのまま梟壊滅もあり得ましたからね。

 

そして翌日。

広島に帰ろうとする師倉の前に、再び梟の3人が看板を取り返すために現れます。

師倉はその3人の目を見て「梟の目じゃ!!」と3人の目付きが変わった事に少し嬉しそうな表情をします。

 

(出典:GANMA! ジョーカーより引用)

 

やはり京介たちは梟の看板に誇りを持ってるようですね!

こうして始まる梟と師倉の物語です。

 

スポンサーリンク

 

今後の展開

 

 

さて今後の展開ですが、これからどんどん面白くなっていきます!

師倉の人柄上、色んな人と出会い戦い繋がっていきます。

梟として京介がどういった決断をするのかはここでは伏せておきますが、物語の中心的人物になっていきます。

師倉と京介。そして梟。

この関係が池袋にどのように影響してくるのか?

そして師倉の強さは池袋にどこまで通用するのか?

そしてかつての梟を取り戻す事が出来るのか?

あくまで師倉は池袋制覇ではなく「梟」への拘りが強いですから、池袋制覇にどんな展開で意欲を出すのかも楽しみですね。

 

最後に

 

ジョーカーは喧嘩漫画の中でも個人的には結構面白い部類に入ってますね。

クローズやドロップ、ワーストとかの代表的な不良漫画も面白いですが、ジョーカーもチーム交戦などがあり、展開的にはかなり好きですね!

今後クローズとかを超えるような大作になる事を楽しみにしてます!

 

スポンサーリンク

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す