【報連相の本当の意味!職場環境を整え、良い環境を作ろう!】

Pocket
LINEで送る

こんにちは! ミーヤンです。

社会に出て働く人は必ず聞いた事のある言葉「報・連・相」

報告:上司に業務の経過や結果を報告する事

連絡:業務上で知った情報など関係者にを連絡する事

相談:判断に迷った時、上司に相談しアドバイスをもらう事

皆さんが知っている「報・連・相」はこのような意味ではないですか?

ですが、現在では本来の意味とは少し違った解釈になってきたようですね。

今回は「報・連・相」の意味についてせまっていきたいと思います。

 

本当の意味とは?

 

 

現在の「報連相」とは新入社員や部下に向けられた言葉。という認識が当たり前になってきましたね。

ですが、本来の「報連相」と現在の「報連相」は違った意味を持ちます。

報告:新入社員や部下が報告しやすい環境を作る

連絡:すぐに情報を展開できる環境を作る

相談:新入社員や部下が上司に相談しやすい環境を作る

これが本来の意味だそうです。

本当は上司や会社の役員たちが職場環境を良くする為に作られた言葉が、時代の変化により部下への強要に変わってきました。

内容的にはどちらも同じですが、部下に向けての言葉と上司に向けての言葉で意味が違って聞こえますね。

 

モモちゃん
本来の「報連相」は何だか優しいイメージだね
トドくん
そうだね!
今の「報連相」はどこか部下への圧力を感じるし、働く環境というよりは強要に感じるね

 

 

スポンサーリンク

 

 

職場環境作り

 

 

どこまでいっても「職場環境」というのは大事です。

今の若い子たちがすぐに仕事をやめてしまうのも、職場環境なのかもしれません。

時代は流れ変わっていくのに、職場の環境はどこか古臭く昔のまま。

現在の若者はこういった「古い考え」には滅法弱いです。

なので今の若者たちは「ネット」という自由で自分の思い通りに出来る環境を選び、世の中には大成している人も多くいます。

「ネットビジネス」は今や一つの職業と呼べるほど当たり前になり、集団の中で働く事に付かれた若者はここに流れ着く人が多いと思います。

ネットビジネスは個人でもやり方によっては大変稼げますし、職場環境何か気にせず、やれるのが何より魅力を感じるのかもしれませんね。

若者だけではなく、そこの職場環境が苦手な方もいるかもしれません。

世の中に楽な仕事は無いので、職場環境だけが全てでは無いですが少なくとも影響しているのは確かです。

本来の「報連相」を意識し職場環境作りをする事で、部下たちも今より働きやすくなると思います!

 

モモちゃん
新しい職場で働く時はやっぱり職場環境が気になるよね。
トドくん
そうだね。
特に最初は凄く敏感だし、不安も大きいからね。
モモちゃん
職場環境が良いと、働きやすいし頼れる上司がいれば仕事もやりやすいしね!

 

 

現在の「報連相」はダメ?

 

 

本来は上司たちに向けられた言葉ですが、上司だけが守っても意味はないと私は思います。

仮に良い職場環境を作ったとしても、肝心な部下が「報連相」をしなくては意味がありません。

「報連相」とは、上司と部下がお互いに意識して初めて効果が出ると思います。

どちらかが一方的にやった所で、期待できるほどの効果は見受けられないし、やっている方はうんざりしてきます。

現在の「報連相」も一概にダメ!!と言い切れないのが本当の所でしょう。

板挟みになっている上司の気持ちを考える部下。

常に標的にされ、大量の仕事を抱える部下への配慮をする上司。

お互いに思いやる事で良いサイクルが生まれ、「報連相」の効果がより発揮されるでしょう!

今の時代、そう簡単な事ではないでしょうけどね(笑)

 

モモちゃん
「報連相」って、上司との信頼関係で出来てるのかな?
トドくん
関係無い訳じゃないけど、お互いの思いやりが大切って事だね。
モモちゃん
今の時代じゃ中々難しいでしょー
部下は上司嫌いだし、上司は部下が嫌いでしょ?
トドくん
モモちゃん…。
あんまり笑えないよ(苦笑)

 

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

 

「報連相」の本当の意味が分かったでしょうか?

報告・連絡・相談。捉え方で意味が違い、誰に向けられて言っているのかで効果が変わってきます。

人の上に立ち、指示を出す人は尚更ですが、上司の指示で動いてる部下の方たちも「報連相」を意識し、業務しましょう!

これが出来ないと組織が上手く機能せず、会社的にも不利益になり兼ねません。

そうなればあなたへの評価も下がるし、良い事は無いはずです。

社会に出て一番最初に覚える言葉。と言っても過言では無いほど大事なことなので、しっかりと意味を理解し、徹底する事を強くおすすめします!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です