【バドミントンの面白さを描いた漫画はねバド紹介!ネタバレ注意!綾乃に隠された黒い影?】

Pocket
LINEで送る

こんにちは! みーやんです。

今回紹介するのは「はねバド」という漫画です。

バドミントンをテーマにしたスポーツ漫画ですね!

主要ジンは女性なんですが、女性が主役の漫画って中々見ないような気がします。

珍しいので手にとって見たらめちゃくちゃ面白かったので、ここで紹介したいと思います!

私はバドミントンの事はよく知りませんが、それでも全然楽しめるので嬉しいですね!

他にもスポーツ漫画が好きっていう方はこちらもチェック!

 

 

では早速あらすじを見ていきましょう!

 

 

あらすじ

 

県立北小町高校のバドミントンコーチになった立花健太郎

膝の怪我でオリンピック選手の道を断念せざるを得ないが、母校の高校でコーチをすることでバドミントンと繋がる。

 

しかしオリンピック金メダルを目指しているせいか、その厳しい練習に部員たちの退部が後を絶たない。

主将の荒垣なぎさともギクシャクした関係のようです……。

荒垣がイライラしているのにも理由がありました。

IHに出場する程の実力者である荒垣。

が、全日本ジュニア優勝候補の荒垣が当時中学生だった相手に1点も取れずに惨敗

 

(出典:講談社 作者:濱田浩輔  / はねバドより引用)

 

この悔しさや歯がゆさが荒垣の苛立ちの根源かもしれませんね。

部員は辞め、しかも主将とも微妙な関係で散々な立花。

 

バド部の事で悩んでいるとヒラヒラとハンカチが飛んできて、それが木に引っかかってしまう。

そこに現れたのが1年生の3人組。

一番大人しそうな「羽咲綾乃」驚きの身体能力でまさかの木登り

描写を見た感じでは手なんて使ってないですね(笑)

 

(出典:講談社 作者:濱田浩輔  / はねバドより引用)

 

こうして不思議少女と出会った立花は彼女の身体能力に惚れこみ、つい手を握ってしまう。

綾乃の手にはマメがあり、彼女が左利きであることに気付くが、本人はその事実を否定。

なんの意図があってか分からないが、自分が左利きというのを隠している様子。

 

綾乃に惚れた立花は熱心に勧誘するが、その姿に荒垣は失望。

綾乃の身体能力を知らない荒垣は、綾乃に可能性を感じている立花が許せない。

自分よりも実力が上だと遠まわしに言われていると勘違いし、ある賭けを申し出る。

自分が負ければ部を去る。勝てば口出しするなと。

 

賭けに同意した綾乃の親友のエレナはこの賭けに条件を足す。

綾乃が勝てば立花は綾乃を二度と勧誘しないと。

そして始まる二人の対決

 

やる気満々な荒垣に対して、体育の授業でもするかのような綾乃。

二人の勝負は歴然に見えたが、綾乃の身体能力の高さで勝負は接戦に!!

 

(出典:講談社 作者:濱田浩輔 / はねバドより引用)

 

苦しい表情をする荒垣に対して、汗一つかいていない綾乃

それどころか、何かブツブツと不気味に呟いている。

 

試合している二人を見てある異変に気付く立花…。

綾乃はあの荒垣相手に右手で試合をしていた!!?

 

(出典:講談社 作者:濱田浩輔  / はねバドより引用)

 

だが結局試合は荒垣の方に軍配が上がり、二人の勝負はこれで終わりました。

そしてバド部は綾乃を引き連れ合宿に向かう…。

 

スポンサーリンク

 

見どころ

 

綾乃と敵対!?

 

謎の美少女合宿先で突如練習試合をするようになったバド部。

 

その対戦相手はIH団体準優勝校のフレ女!

 

とにかく綾乃をバド部に入れ、この貴重な機会を生かそうとするが綾乃は体育館を飛び出してしまう。

 

そこで出会った一人の美少女。

 

あなたに会うために日本に来たと語り、そしてバドミントンは凄腕。

 

綾乃ことをお姉ちゃんと呼んだり、まだまだ謎多き人物!

 

(出典:講談社 作者:濱田浩輔  / はねバドより引用)

 

大迫力の試合模様

 

謎の美少女はデンマークユースを代表する天才だった!?

 

そんな彼女と繰り広げる激闘の描写が堪らなくカッコいいです!

 

タイプの違う二人だが、身体能力の高さを生かしたプレーが、バドミントン競技の迫力を存分に味合わせてくれます!

 

(出典:講談社 作者:濱田浩輔  / はねバドより引用)

 

(出典:講談社 作者:濱田浩輔  / はねバドより引用)

 

綾乃の中に潜んだ黒い影

 

試合が進んでいくと、綾乃の中の黒い影がちらつきます。

 

これは相手にとって危険な物なのか?

 

とにかく、綾乃中に何か黒い魔物でも潜んでいるような描写は、この先の大事な伏線になりそうですね!

 

そして、強さの秘密はこの黒い正体にあるのか?

 

(出典:講談社 作者:濱田浩輔  / はねバドより引用)

 

IHを掛けた熱い戦い

 

スポーツ漫画特有の、友情や熱い学生たちの思いもこの漫画のみどころですね!

 

女性がメインのはねバドは、私が見てきた男性スポーツ漫画と違って新鮮ですから、見てて楽しいです。

 

バドミントンを学生時代にやっていたって方は共感できる方が多いのでは?

 

(出典:講談社 作者:濱田浩輔  / はねバドより引用)

 

スポンサーリンク

 

この漫画を読むには?

 

eBookJapanに登録すれば、簡単読む事が出来ます。

 

 

また無料で立ち読み出来るので、買う前に1度チェックする事も可能!!

約9000作品が無料で読め、世界最大級の電子書籍を扱うeBookJapanは約50万冊の本を配信してますので、あなたの読みたい本が必ず見つかると思います。

 

はねバド

【出典】GANMA!

【原作】タカヒロホン

【漫画】タカヒロホン

【試し読みはこちら】

 

最近、単行本などで読む人より電子媒体で読む人が増えてきました。

実際に電子媒体の方が便利な事も多いのですが、中にはなんだかよくわからないって人もいるみたいです。

そこで電子書籍がなんで便利なのか、簡単にお伝えします!

 

電子書籍が便利な理由

 

 

ここでは紙媒体(単行本など)と電子媒体を比較してみましょう。

 

電子媒体紙媒体
置き場携帯1つでいくらでも保管可能本棚を必要な分だけ用意
購入の手間携帯操作で自宅で可能本屋まで足を運ぶ必要がある
価格本屋より安く購入できる事がある定価で購入
持ち運び携帯1つなので負担にならないバッグなどに入れて持ち運び
入手検索が容易で簡単に見つかる本屋によっては置いてない本もあり、探すのが困難な事がある
読み返しいつでもどこでも可能随時用意する必要がある
売却不可売ってお金にする事ができる
貸し借り携帯を貸す必要がある簡単に貸し借りが可能

 

中古本と比べて電子媒体は綺麗ですし、どこでも簡単に読める事が1番のメリットですね。

紙と違って場所を取らないのと、いつでも簡単に読み返せたり好きな本を読めるのが便利な訳です。

売ってお金にする事は出来ませんが、その分ポイントやキャンペーンなどで安く購入できる機会もあるので、そこまでデメリットには感じませんね。

私も週刊誌を購入していますが、コンビニに立ち寄る手間も無くなり、空いた時間にパッと読めるので電子媒体は気に入ってます!

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です