【GE~グッドエンディング~あらすじネタバレ!ドメスティックな彼女の作者、流石先生の過去作品!ツンデレ雪が可愛い】

Pocket
LINEで送る

こんにちは! みーやんです。

今回紹介するのは「GE~グッドエンディング~」という漫画です。

今マガジンで連載されているドメスティックな彼女の作者である、流石景先生の作品です。

ヘタレ主人公がヒロインに恋愛教示してもらう所から始まりますが、2人はいずれ引っ付いていくという、学園青春漫画ですかね。

流石先生の作品はどれも、設定がかなりこっているので見ててハラハラドキドキも沢山あります(笑)

では早速あらすじを見ていきましょう!

他にも似たような漫画が好きな方はこちら!

【恋愛、日常漫画】

 

スポンサーリンク

 

あらすじ

 

憧れの先輩がテニスをしている様子を覗き見する主人公の「内海聖志」

それに気付いた1人のテニス部員が、内海の顔面目掛けてボールをぶち当てます(笑)

 

舞台は新学期。

内海は新しいクラスで自分の席についていますが、その顔には絆創膏の後が。

そんな内海の傍にいる仲の良い2人は「泉」「河野」

泉は女にかなりモテるイケ男で河野は野球部所属の坊主頭。

新学期の話で盛り上がる3人の目の前にから、黒髪の美女が教室に入ってきます。

彼女の名前は「黒川雪」

 

雪は自分の席に荷物を置くと、内海たちの方に目を向けこう言います。

「あ、のぞき魔」

 

(出典:講談社 作者:流石景 GE~グッドエンディング~より引用)

 

あの時内海の覗きを発見したのは雪で、内海の顔面にボールを当てた調本にはのようですね(笑)

これが内海と雪の出会い。

 

とんでもない言葉を放つ雪の手を引き、教室から連れ出す内海は自分が覗きをしてたって事は言わないで欲しいと土下座してます。

これを見た雪は、内海がテニス部に好きな人がいるという事に感づき、しかも晶先輩という事も気付きました。

内海の晶先輩への純情な気持ちを聞いた雪は、「双眼鏡はやめた方がいい」と忠告し、覗くの良い所を教えてくれました。

 

内海は早速そこに晶先輩を覗きに行きます(笑)

雪の指定した場所で、憧れの晶先輩を覗いてた内海だったが…。

 

「せんぱーい!この人入部希望でーす!」

 

(出典:講談社 作者:流石景 GE~グッドエンディング~より引用)

 

雪が内海の首根っこを掴み、晶先輩に呼びかけます。

晶先輩は入部希望者を温かく迎え入れ、内海に丁寧にテニスを教えますが…。

何をやってもダメダメな内海は、空振りの連続。

ついにはその場から逃げ出してしまいます。

 

逃げる内海を追いかける雪。

無理矢理入部させようとした雪を責める内海対して雪は、「それが何?結果話せたじゃない」と辛口。

内海はこの時、雪とはもう関わってはダメだと悟りました。

 

(出典:講談社 作者:流石景 GE~グッドエンディング~より引用)

 

次の日、日直は内海と雪(笑)

早速関わっちゃってますね。

放課後、内海の所にきた雪は机に入部届けを置き書いたら顧問の先生に持って行ってと説明します。

どう考えてもそんな流れじゃないのに、雪の行動が不思議でならない内海。

だが…。

雪は晶先輩に彼氏出来て色んな事をするのと、自分の不甲斐ない姿を見せるのどっちが耐えられない?と質問を投げます。

これには内海も雪の言いなり。

いい感じに奴隷っぽくなっちゃってますね(笑)

 

とにかく弱気な内海に雪はこう言います。

「自分が大事で大事で仕方ないのね」

 

「女にとって自分に本気出してくれない男なんて振り向く価値もないの」

 

(出典:講談社 作者:流石景 GE~グッドエンディング~より引用)

 

とてもキツイ言葉ですが、確かにその通りですね。

内海が考えているのは常に「自分が傷つかない方法」であって、それは己の保身の為。

それに気付かされた内海はテニス部への入部を決意。

 

なぜか内海の恋愛を後押しする雪。

最後には「告白までいってもらうんだから」と内海の恋愛に協力的。

 

(出典:講談社 作者:流石景 GE~グッドエンディング~より引用)

 

内海は無事、晶先輩と付き合う事が出来るのか?

そしてヒロインである雪は今後、内海とどんな関係になるのか?

 

スポンサーリンク

 

今後の展開

 

雪の後押しもあり、一緒に朝練をするようになった内海。

まぁ普通なら浮かれても仕方ないシチュエーションなんですが、雪はそんなぬか喜びはさせませんね。

今後は、雪の中にある闇の部分が見え隠れしたり、雪とのデート!?なんかも待っています。

 

(出典:講談社 作者:流石景 GE~グッドエンディング~より引用)

 

まぁデートといっても晶先輩とデートする為の予行演習みたいなもんですが。

雪とのデートで、雪が間違って隣の客のウォッカを口に。

倒れる雪を抱えてきたのはなんとラブホ!?

2人きりのホテルでいったいなにが?

そして雪の口から出て来た「徹」とはいったい誰なのか?

 

(出典:講談社 作者:流石景 GE~グッドエンディング~より引用)

 

 

この漫画を読むには?

 

eBookJapanに登録すれば、簡単読む事が出来ます。

また無料で立ち読み出来るので、買う前に1度チェックする事も可能!!

約9000作品が無料で読め、世界最大級の電子書籍を扱うeBookJapanは約50万冊の本を配信してますので、あなたの読みたい本が必ず見つかると思います。

 

GE~グッドエンディング~

【出典】講談社

【原作】流石景

【漫画】流石景

【試し読みはこちら】

 

最近、単行本などで読む人より電子媒体で読む人が増えてきました。

実際に電子媒体の方が便利な事も多いのですが、中にはなんだかよくわからないって人もいるみたいです。

そこで電子書籍がなんで便利なのか、簡単にお伝えします!

 

電子書籍が便利な理由

 

 

ここでは紙媒体(単行本など)と電子媒体を比較してみましょう。

 

電子媒体紙媒体
置き場携帯1つでいくらでも保管可能本棚を必要な分だけ用意
購入の手間携帯操作で自宅で可能本屋まで足を運ぶ必要がある
価格本屋より安く購入できる事がある定価で購入
持ち運び携帯1つなので負担にならないバッグなどに入れて持ち運び
入手検索が容易で簡単に見つかる本屋によっては置いてない本もあり、探すのが困難な事がある
読み返しいつでもどこでも可能随時用意する必要がある
売却不可売ってお金にする事ができる
貸し借り携帯を貸す必要がある簡単に貸し借りが可能

 

中古本と比べて電子媒体は綺麗ですし、どこでも簡単に読める事が1番のメリットですね。

紙と違って場所を取らないのと、いつでも簡単に読み返せたり好きな本を読めるのが便利な訳です。

売ってお金にする事は出来ませんが、その分ポイントやキャンペーンなどで安く購入できる機会もあるので、そこまでデメリットには感じませんね。

私も週刊誌を購入していますが、コンビニに立ち寄る手間も無くなり、空いた時間にパッと読めるので電子媒体は気に入ってます!

 

 

スポンサーリンク

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す