【ギャンブラーズパレードネタバレ注意!マガジンで新連載の賭博漫画。ギャンブルでギャンブルを喰い潰す】

Pocket
LINEで送る

こんにちは! みーやんです。

今回紹介するのはマガジンで新連載された「ギャンブラーズパレード」という漫画です。

原作:小高和剛 漫画:中山敦支の2人による作品ですね。

ギャンブルを憎み正義を愛する高校教師による、ギャンブルバトル漫画といった所でしょうか。

少年誌には珍しいジャンルの参入ですので、中々期待値が上がりますね!

では早速、あらすじを見ていきましょう!

他にも似たような漫画が好きな方はこちら!

【バトル漫画】

 

スポンサーリンク

 

あらすじ

 

舞台は日本のとある島から始まります。

転校初日から遅刻で学校に急ぐのは「東雲花梨」という女子高生。

花梨は不運体質なのか、とにかく花梨の身には不運なことばかりが起きてしまいます(笑)

 

(出典:講談社 原作:小高和剛 漫画:中山敦支 ギャンブラーズパレードより引用)

 

さて、転校初日から不運連続の花梨は見事に遅刻…。

担任の先生からは、次からはないようにと軽い注意程度で済んでますね。

去り際に先生が花梨に忠告を1つします。

 

「この学校ではギャンブルが流行っている」

 

学校ではギャンブルは校則違反と説明している途中だったが、花梨はすぐに自分はギャンブルはやらないと、口を挟みます。

花梨は遅刻したせいで学校はもう昼休み。

購買を探す花梨は歩行者にぶつかってしまいました。

明らかにぶつかられたように見えますが…(笑)

 

彼女の服は濡れてしまい、ひたすら謝る花梨をその彼女は優しく許して上げます。

しかも学校を案内して上げるという特典付きで!

これにいは花梨も色んなとこから色んなものが流れ出ます(笑)

鼻から目から口から…。

 

こうして2人で校内を回りますが、案内された場所は…。

ヤンキーの巣窟のような場所に連れてこられてしまいます。

そこにいたボス的存在の男から花梨は「オレらと一緒にギャンブルして遊ぼうぜ」と脅され、自分がはめられた事に気付きます。

 

(出典:講談社 原作:小高和剛 漫画:中山敦支 ギャンブラーズパレードより引用)

 

ゲームはコインを使った単純なゲームですが、そのレートが高レート。

コイン1枚1万円の価値があり、お互い10枚ずつ保持それを奪い合う。

用意されたのは4つのカップ。

そこには☓1~☓4と書かれており、親と子が交互にコインを隠しそれを当てるというゲーム。

まず親が1つのカップの中にコインを隠し、子がそれを当てる。

当てればそのカップに書いてあるレートのコインを貰える。

逆に外せばそのレート分のコインを支払うというゲームのようですね。

 

どれにいれるかも自由の心理戦

花梨はこんなゲームには無縁なのか、さっぱり分からぬままゲームがスタート。

そして見事に外します…(笑)

 

まずは3万負けからの花梨。

確実に劣勢のままゲームが進みが、男がハンデなのか自分の目に黒い布を覆い視界を塞ぎだします。

 

だが、花梨がコインを入れたカップを当てられしかもそのカップは☓4のカップ…。

これで7枚のコインを失った花梨。

もう勝ち目が無いと諦めている時、部屋の後ろから物凄い爆発がッ!!

 

(出典:講談社 原作:小高和剛 漫画:中山敦支 ギャンブラーズパレードより引用)

 

校舎内でこんな事になったら一大事でしょ(笑)

 

そこに現れたのは担任の「蜘蛛手渚」

追い詰められた花梨の代わりに、ギャンブルの代行を引き受ける蜘蛛手はさらにレートを上げます。

コイン1枚で10万

負ければ先生が全て負担し、もしも勝てば「二度とギャンブルには手を出すな」と忠告します。

 

(出典:講談社 原作:小高和剛 漫画:中山敦支 ギャンブラーズパレードより引用)

 

ギャンブルに対して物凄い嫌悪感を抱いている蜘蛛手は、この世からギャンブラーを排除するのが目的のようです。

この蜘蛛手の提案に乗る男。

そしてゲームが始まろうとする時、蜘蛛手はギャンブルの拒絶反応で体が突然変異(笑)

この辺はギャンブルとは関係なさそうですね。

 

(出典:講談社 原作:小高和剛 漫画:中山敦支 ギャンブラーズパレードより引用)

 

蜘蛛手は「ギャンブルでギャンブラーを殺す」とまで言い、まるで人が変わったような化け物に。

2人の勝負はたった2回で完全に蜘蛛手が優勢。

それにキレた男は、最後は全てのコインを掛けて勝負に出ます。

男の策略も見事に破り、蜘蛛手あっさりと勝利を収めてしまいます。

 

(出典:講談社 原作:小高和剛 漫画:中山敦支 ギャンブラーズパレードより引用)

 

蜘蛛手はこの勝負の前に花梨に1つ頼みがあると言っていたのですが、そのお願いが自分が顧問をしている部への入部(笑)

なんか拍子抜けですが、花梨は文化部ってこともありあっさりとOK!

花梨が文化部の所へ向かった後、蜘蛛手は男達と何やら怪しい会話をしています。

 

なぜか男達に報酬の10万円と言い、お金を渡している。

この勝負そのもが打ち合わせし行われていたもので、花梨は蜘蛛手にとって必要な人材だったようです。

その為にこんな手の込んだことまで計画し、花梨を文化部へ誘ったみたいですね。

 

一方花梨は文化部の部室の前で固まっています。

部室にはなんか個性豊かな人が、自分の身を削りながらギャンブルしているのです。

 

(出典:講談社 原作:小高和剛 漫画:中山敦支 ギャンブラーズパレードより引用)

 

先生が顧問をしている部は「賭博部」

蜘蛛手は嫌いなギャンブルをギャンブルで喰い潰すのが目的で、そこに集まったのが賭博部なのでしょう。

彼らは「ピンクスパイダー」というチーム名で、花梨は知らぬ間に蜘蛛の巣へと掛かっていたのです。

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

さてさて、気になる終わり方でしたがどうでしたか?

今後はギャンブルがメインのお話が続いて行くんでしょうけど、蜘蛛手がなんで花梨を必要としたのか?

ピンクスパイダーたちは、なんの志の元集まったのか?

この辺が気になる所ですね。

にしても蜘蛛手はギャンブルが嫌いなくせにやたらとギャンブルが強いキャラ設定です。

確実に過去になにかあったでしょうね。

この辺は時間が経てば解決してくるでしょうね!

 

 

スポンサーリンク

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す