【ドラゴンジャム最高に面白いストリートバスケのおすすめ漫画!華麗な技や派手なプレーが満載】

Pocket
LINEで送る

バスケ漫画と言えばスラムダンクやあひるの空や黒子のバスケなどの週刊誌で連載されていた漫画ばかり目立ちがちですが、今回紹介する「ドラゴンジャム」は上記のバスケ漫画とは少し路線が違います。

「ドラゴンジャム」を紹介する前に皆さんは屋外のリングでバスケをしている人を見た事がありますか?

人はそれをストリートバスケと呼びます。

体育館の中で行う競技用バスケには分類されない、言わば自由をテーマにしたようなバスケットです。

ストバス言えば、華麗なフェイクで相手を翻弄し、1対1での力の誇示、個人技の派手さが醍醐味です。

トリッキーな動きに憧れて、真似した事がある人は多いのではないでしょうか?

今回はそんなストバスを描いた珍しい漫画「ドラゴンジャム」に迫っていきます。

他にも似たような漫画が好きな方はこちら!

【スポーツ漫画】

 

あらすじ

 

中卒ニートの主人公、「龍也」。ストバス経験のある父に憧れを抱き同じ道に進む。

父の他界で家計のが苦しい事もあり、高校入学は断念しバスケで生計を立てる事を決意……。

したのだが、近くの公園で賭けバスケでお金を巻き上げる日々。

 

その龍也と一緒にチームを組んでいるのが「タイゾー」と「アコ」だ。

二人は高校に通いながらも龍也と一緒にストバスをやっているのだが、そんなある日三人の前に辻沢高校という県ベスト4のバスケ部が姿を現す。

龍也はそんな辻沢高校の生徒を良く思わなく、賭けバスケをしようと挑発します。

 

そんな辻沢の中に小学校の全国大会で龍也の額に傷を付けた因縁の相手「涼司」との再会に更に熱が入る。

結果、ボコボコにやられた龍也たちは後にTJと出会いストバスの本当の面白さを知る事に。

T・REX(TJのチーム)か可愛がられる龍也たちは辻沢へのリベンジを果たす事を決意。

見事にリベンジなるのか……?

 

スポンサーリンク

 

 個性的なキャラ

 

ストリートバスケを繰り広げるドラゴンジャムには、個性的なキャラクターが多いです!

それぞれのキャラで出す技や、1on1にも注目して欲しい所ですね。

では早速紹介していきましょう!

 

龍也theドラゴン

 

f:id:mi-yanwanwan:20170824154514j:plain

(出典:小学館 作者/藤井五成 ドラゴンジャムコミックスより引用)

 

華麗な個人技でチームの攻撃の起点。

キレッキレのドライブからパスやタイゾーとのコンビも抜群!

魅せるバスケはまさにストバスの代名詞!

 

葉山theパンサー

 

f:id:mi-yanwanwan:20170824154538j:plain

(出典:小学館 作者/藤井五成 ドラゴンジャムコミックスより引用)

 

辻沢高校からチームへ来た王子様!

パンサーの異名通りクイックネスは一級品。

切れ味抜群のドライブインや精度の高いシュートを中心に攻める。

龍也とチームの双璧を担うスコアラー。

 

タイゾーtheサラマンダー

 

f:id:mi-yanwanwan:20170824154609j:plain

(出典:小学館 作者/藤井五成 ドラゴンジャムコミックスより引用)

 

気が弱く、アシストが多くみられるがポテンシャルは高い。

技巧派のセンターで龍也との相性もいい。火を噴いたタイゾーはまさにボルケーノ(笑)

フックシュートを巧みに使いゴール下を独占!

 

シューティングサイボーグ アコ

 

f:id:mi-yanwanwan:20170824154635j:plain

(出典:小学館 作者/藤井五成 ドラゴンジャムコミックスより引用)

 

チームの紅一点。

3Pを得意とし、男達にも負けない頼もしいプレーでチームに貢献。

高精度の3P(ネオDX)で相手に脅威を与える。

新技の3P(ネオDX)からのフェイク(ネクスト)からのビハインド・ステップバック(閃光ターボ)はまさにアコの必殺技!

 

スポンサーリンク

 

 ドラゴンジャムの魅力

 

ここではドラゴンジャムの魅力に迫ってみたいと思います。

ただ読むだけでも面白いですが、魅力を先に知っていればかなり楽しめると思いますよ!!

 

独特の世界観

 

ストバスを知らない人もその世界観が伝わりやすい。

ストバスの会場の雰囲気や、魅せるバスケに触れる機会ってそう無いと思うんですが、ドラゴンジャムではそこが非常に良く描かれています。

読んでいて一緒に胸が熱くなり、今すぐにバスケがしたくなります。

 

キャラが異質

 

異質と言えば何だか警戒してしまいますが、いい意味でです。

一人一人非常に個性が強く、会話の中でも技の名前がオリジナルだったり、コートネームが可笑しかったりとユーモアな部分が多数にあります。

やはりストバスだけあって皆個性に溢れてますね!

 

個性的な絵

 

ドラゴンジャム中にはすごいオーラを纏ったシーンがよく見られます。

(だからと言ってビーム出したりはしません)

その後のプレーはひと際キレがあり、華麗なプレーをしたりするのですがその絵が非常にユニークで笑かせてくれます!

独自のオリジナルといった具合に様々なシーンが存在します。

まさにストバス!これが自由のバスケと言わんばかりの自由度。

それがドラゴンジャムの見どころでもあります。

 

f:id:mi-yanwanwan:20170824154705j:plain

(出典:小学館 作者/藤井五成 ドラゴンジャムコミックスより引用)

 

ストーリー性

 

これだけのメンバーが揃っていてやはり高校生。

人生の厳しさや、挫折や困難を乗り越え挑み続ける彼らに惹かれます。

上手くいく事ばかりでは無く、徐々に成長が見られるのも現実的で好きです。

パンサーとの交友関係も日を追うごとに深まり、友情や青春を描いたシーンもあるのでまた楽しめます!

 

この漫画を読むには?

 

eBookJapanに登録すれば、簡単読む事が出来ます。

また無料で立ち読み出来るので、買う前に1度チェックする事も可能!!

9000作品が無料で読め、世界最大級の電子書籍を扱うeBookJapanは約50万冊の本を配信してますので、あなたの読みたい本が必ず見つかると思います。

 

ドラゴンジャム

【出典】小学館

【原作】藤井五成

【漫画】藤井五成

【試し読みはこちら】

最近、単行本などで読む人より電子媒体で読む人が増えてきました。

実際に電子媒体の方が便利な事も多いのですが、中にはなんだかよくわからないって人もいるみたいです。

そこで電子書籍がなんで便利なのか、簡単にお伝えします!

 

電子書籍が便利な理由

 

 

ここでは紙媒体(単行本など)と電子媒体を比較してみましょう。

 

電子媒体紙媒体
置き場携帯1つでいくらでも保管可能本棚を必要な分だけ用意
購入の手間携帯操作で自宅で可能本屋まで足を運ぶ必要がある
価格本屋より安く購入できる事がある定価で購入
持ち運び携帯1つなので負担にならないバッグなどに入れて持ち運び
入手検索が容易で簡単に見つかる本屋によっては置いてない本もあり、探すのが困難な事がある
読み返しいつでもどこでも可能随時用意する必要がある
売却不可売ってお金にする事ができる
貸し借り携帯を貸す必要がある簡単に貸し借りが可能

 

中古本と比べて電子媒体は綺麗ですし、どこでも簡単に読める事が1番のメリットですね。

紙と違って場所を取らないのと、いつでも簡単に読み返せたり好きな本を読めるのが便利な訳です。

売ってお金にする事は出来ませんが、その分ポイントやキャンペーンなどで安く購入できる機会もあるので、そこまでデメリットには感じませんね。

私も週刊誌を購入していますが、コンビニに立ち寄る手間も無くなり、空いた時間にパッと読めるので電子媒体は気に入ってます!

 

最後に

 

皆さんがよくご存じの競技バスケとはまた違った楽しみが、この漫画には詰まっています。

型にはまったバスケでは無く、自由なバスケを自由に描いています。

その言葉通り、ドラゴンジャムのジャムはバスケで言うダンクではなく、即興演奏と例えています。

音楽ではアドリブといった所でしょう。

アドリブ、即興演奏、その場のノリ、瞬時の閃きによるプレイヤー同士の自由の掛け合いを漫画の中であれだけ表現出来るのはまさにドラゴンジャムの魅力です!

 

是非一度手に取り、読んで見て下さい!

 

スポンサーリンク

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す