【B-TRASH!!(ビートラッシュ)のバスケ漫画が面白い!ネタバレ注意!トラッシュトークで相手を翻弄!】

Pocket
LINEで送る

こんにちは! みーやんです。

今回紹介するのは「B-TRASH!!(ビートラッシュ)」という漫画です。

高校バスケ部に所属する主人公が繰り広げる、バスケ漫画!

トラッシュトーク(悪口)が漫画の題名にも由来されているんですかね?

主人公はゴリゴリの武闘派みたいな性格で、自己主張がかなり強いキャラ設定のようです。

では気になるあらすじを早速、見ていきましょう!

他にも似たような漫画が好きな方はこちら!

【スポーツ漫画】

 

スポンサーリンク

 

あらすじ

 

「お前にはムリ」

この言葉に「オレにはできるってイミだよ!」と自信満々な「嵐矢平人」

 

(出典:講談社 作者:夏目義徳 B-TRASH!!より引用)

 

平人は小さい頃からなにかと周りに「チビ」だの「年下」だの言われ続けたせいで、周囲のみな全て敵とみなす狂犬ぶり。

平人は上背がなく、お世辞にもバスケに向いている体格とは言えません…。

ですが、持ち前のスピード得点力を生かし、デフェンスを割りながら得点を取るプレイヤーに。

中学最後の大会でもとにかく一言余計な平人は、対戦相手にも、味方にもその悪口は止まらず、完全に一匹狼。

でもこんな平人の傍に小さい頃から一緒にいる友達もいました。

彼の名は「秋信優」、小さい頃から平人共にバスケをしており、平人の行動は優にはお見通しのようです。

 

試合に勝ったのにも関わらず、平人は1人バスケットゴールのある場所でドリブルをついていました。

優には平人が試合の後にそこにいることは分かっていたようで、2人で中学最後の大会、全国に行き、高校は全国常連校の黄金山高校に入学したいと語ります。

 

「一緒に全国行こうね」

 

(出典:講談社 作者:夏目義徳 B-TRASH!!より引用)

 

そう思いを語る優は、平人と高校でもずっとバスケを続ける気なんでしょう。

そして迎えた次の試合。

平人は厳しいマークに阻まれ、中々シュートまで行くことが出来ずに悪戦苦闘。

苦し紛れに優にパスを捌き、すかさずリターンパスを貰おうと考えますが、優はコートを広く使う為、平人ではなく別の味方へとパスを捌きます。

フリーになった味方の1人にシュートを要求しますが、そのシュートは入らず、平人のストレスは溜まる一方。

 

(出典:講談社 作者:夏目義徳 B-TRASH!!より引用)

 

優はとにかく平人へとパスを繋ぐ事を意識してますが、結果は敗退。

これで2人の中学最後の大会は幕を閉じます。

 

そして試合終わりに2人で帰るところにある人物が登場します。

それは黄金山高校の監督

なんと黄金山の監督はわざわざ自分からスカウトしに来ました。

スカウトされたのはなんと「優」の方で、一緒にいた平人には声も掛けません…。

 

(出典:講談社 作者:夏目義徳 B-TRASH!!より引用)

 

優はお情けで一緒にいた平人も学校へ入れてくれ。

そうお願いしようとする素振りに気付いた平人。

優の口を思いっきりふさぎ込み、怒鳴り上げます。

こうして決別してしまった2人。

 

(出典:講談社 作者:夏目義徳 B-TRASH!!より引用)

 

優は全国常連校の黄金山高校へ。

平人はというと…。

県立波南高校。並みの高校、略して波高です。

 

早速デカい態度で入部する平人。

バスケをする為にいざ体育館に行くと、そこにいたのは身長180㎝を超える男がリングに向かってダンクをしていた。

そのボールが平人の顔面に直撃し、平人はそのまま気絶してしまいます。

 

(出典:講談社 作者:夏目義徳 B-TRASH!!より引用)

 

ダンクをしていたのは、目付きの悪いツンツン髪の男。

彼の名前は「水堂竜士」

これが平人と竜士の出会いでした。

 

目の前でダンクをかまされ、しかもぶっ飛ばされたとなっては平人も黙っていられません。

竜士を探し出し、勝負を挑みますが竜士は「バスケはやらない」とだけ言い、その場を立ち去って行きます。

竜士は体育館でバスケをしている姿はしっかりと見ていますし、何らかの理由があって、バスケを避けているのかもしれませんね。

 

(出典:講談社 作者:夏目義徳 B-TRASH!!より引用)

 

バスケ部の勧誘からも逃げ回る竜士を、平人は得意の口の悪さで煽り立てます。

竜士の履いていたボロボロのバッシュ。

バスケを辞める奴には必要ないと勝手に持ち出した平人。

そしてそのバッシュを竜士の隣にあるゴミ箱目掛けてシュート!!

 

だが、竜士は平人のシュートを止めこう言います。

 

(出典:講談社 作者:夏目義徳 B-TRASH!!より引用)

 

「そこまで言うなら、負けたらお前がやめんだろうな?」

 

こうして凸凹コンビの1ON1が始まります…。

 

スポンサーリンク

 

今後の展開について

 

 

この後2人の1ON1が始まりバチバチの勝負に!

平人は得意のスピードを生かし攻める!

対して竜士はどう攻めてくるのか?

そして作中にも出てくるこれからバスケ部のレギュラーになりそうな人たちの描写。

ここも気になりますね。

 

まずはチームでの問題を取り除き、最終的には全国常連校である黄金山高校に挑むってのが王道のストーリーですかね。

平人は身長がないけど、ポジション的には3番(SF)っぽいですが、チーム的にはどうなんだろうか?

竜士は4(PF)、5番(C)って所でしょうけどね。

平人に関してはゴリゴリのエゴイストだから、1番(PG)って感じでは無さそう。

外のシュートをしている描写もないから2番(SG)の線も薄いかな。

 

あるならトラッシュトークを駆使して1番か、ゴリゴリの点取り屋として3番かな。

今後どうなっていくか楽しみですね!

 

この漫画を読むには?

 

eBookJapanに登録すれば、簡単読む事が出来ます。

また無料で立ち読み出来るので、買う前に1度チェックする事も可能!!

約9000作品が無料で読め、世界最大級の電子書籍を扱うeBookJapanは約50万冊の本を配信してますので、あなたの読みたい本が必ず見つかると思います。

 

これはボックスのタイトルです。

【出典】講談社

【原作】夏目義徳

【漫画】夏目義徳

【試し読みはこちら】

 

最近、単行本などで読む人より電子媒体で読む人が増えてきました。

実際に電子媒体の方が便利な事も多いのですが、中にはなんだかよくわからないって人もいるみたいです。

そこで電子書籍がなんで便利なのか、簡単にお伝えします!

 

電子書籍が便利な理由

 

 

ここでは紙媒体(単行本など)と電子媒体を比較してみましょう。

 

電子媒体紙媒体
置き場携帯1つでいくらでも保管可能本棚を必要な分だけ用意
購入の手間携帯操作で自宅で可能本屋まで足を運ぶ必要がある
価格本屋より安く購入できる事がある定価で購入
持ち運び携帯1つなので負担にならないバッグなどに入れて持ち運び
入手検索が容易で簡単に見つかる本屋によっては置いてない本もあり、探すのが困難な事がある
読み返しいつでもどこでも可能随時用意する必要がある
売却不可売ってお金にする事ができる
貸し借り携帯を貸す必要がある簡単に貸し借りが可能

 

中古本と比べて電子媒体は綺麗ですし、どこでも簡単に読める事が1番のメリットですね。

紙と違って場所を取らないのと、いつでも簡単に読み返せたり好きな本を読めるのが便利な訳です。

売ってお金にする事は出来ませんが、その分ポイントやキャンペーンなどで安く購入できる機会もあるので、そこまでデメリットには感じませんね。

私も週刊誌を購入していますが、コンビニに立ち寄る手間も無くなり、空いた時間にパッと読めるので電子媒体は気に入ってます!

 

スポンサーリンク

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す