【ブレイクダンス入門!初心者が始める前に知っておくスタイルの種類と3つの基礎!】

Pocket
LINEで送る

こんにちは! ミーヤンです。

今回はブレイクダンスについてせまっていきたいと思います!

皆さんは街中で踊っている人たちを見た事はありませんか?

ストリートダンサーの中でも頭や背中、足を回したりとにかくクルクル回っているあれがブレイクダンスです!

よく見かける印象的な技だと、ヘッドスピンがすごく有名ですね。

頭でクルクルと回っているのを見かけたらそれがヘッドスピンです!

有名人で言うとナイナイの岡村が昔テレビでやってました!

ユーチューブで検索するとすぐに出てくると思いますよ!

ゴリと岡村のダンスバトルが結構面白いです(笑)

では早速基礎から見ていきましょう!

 

ダンサーの種類

 

 

まずはブレイクダンサーは2種類の人がいます!

 

スタイラー

 

主にフットワークやステップ、立ち系の技を巧みに使うダンサーです。

大技ではなく、キレのある動きと細かいムーブの組み合わせを得意とするダンサーですね。

一見派手さは無いですが、侮ってはいけません。

上手いスタイラーはオリジナルティが凄く、見てる人を沸き上がらせる程です。

正直、生で見たら鳥肌立ちます(笑)

 

パワームーバー

 

ブレイクダンスの花形ですね。

パワーを駆使して、大技を披露するのがこのパワームーバー達です。

代表的なのがウィンドミルという背中でクルクル回るやつですね!

力があれば簡単に出来そうに見えますが、むしろ技術やコツ、イメージが凄く大事です。

【ブレイクダンス初心者が最初に覚える技とは!?有名なパワームーブ紹介!】

勿論、力が無くては出来ない技も多くありますが、バランスだったり力以外にも必要なものが多くあります。

パワームーブ単独ではなく、ステップやフットワークと組み合わせ一つのムーブを作っていきます!

 

ムーブ

 

さっきから出てくるムーブって何なの?て方に説明します!

ムーブとは最初から最後までの動きを繋げた一連動作の事を言います。

大技見せた後に、次も大技、その次も大技と続くだけでは芸がありません。

ステップフットワークパワームーブフリーズ

この様に繋ぎ合わせてパフォーマンスをします。

このムーブの繋ぎ合わせがオリジナル要素の一つになってきます。

パワームーブパワームーブフリーズ

なんて事も出来ますし、その組み合わせは十人十色!

自分だけのオリジナルムーブを考えて作ってみましょう!

 

フリーズ

 

 

ブレイクダンスでは最後に必ずフリーズします。

フリーズは動的な動きに対して静的な動きで締めるムーブです。

簡単に言うと、ばぁーと派手に見せた後にピタッと止まって魅せる事で会場が沸き上がります!

激しく動いた後に綺麗に動きを止めれると、そのムーブ自体の収まりがいいです。

フリーズ系のムーブも多数ありますし、ダンサーそれぞれ得意な技も違いますから最後のフリーズの形も人それぞれです。

 

スポンサーリンク

 

まずは毎日柔軟

 

 

さぁ早速踊ってみましょう!

と最初から意気込んでもまず無理です!断言します。

ブレイクダンスでパワームーブを習得するのに掛かる時間は非常に長いです。

それに体を動かしてない人がいきなり派手な技に取り掛かると、間違いなく体を壊します。

体がブレイクされてしまっては意味がありません。

そこでブレイクダンスをやろうと決めた日から毎日、お風呂上りに柔軟体操をして下さい!

怪我防止の為でもありますが、ムーブの時に足が開いてなかったり、膝が曲がってたりすると見栄えが悪いです!

ムーブにもよりますが、ブレイクダンスでは基本的に柔軟性を必要とするので、体は柔いに越した事はありません。

開脚は最低でも160度ぐらいは開けた方がいいです。

前屈や股関節、肩回りは特に柔らかい方が技の習得も早いですし、可動域が広がり技が派手に見えカッコいいです。

 

これ出来る?

 

 

 

これは私からの挑戦状です!

始める前に試してみて下さい!

 

挑戦状

1.倒立(静止)

その場で動かずに倒立します。最初は30秒を目標に頑張ってみて下さい!

感覚さえ掴めばすぐに出来ます!「地面を掴む」これがコツです!

馴れてくると面白いぐらいこの言葉の意味が分かると思います。

 

2.チェアー(フリーズ系)

調べたらすぐ分かると思います!

右利きであれば左肘をおへその横辺りに置きます!

肘を置く位置は人によって違いますが、腰骨辺りからおへその横辺りでいい位置を探して下さい。

そこに体重をしっかりかけ足を浮かせます。右手でバランスを取りながらキープです。

 

3.三点倒立

皆さんご存知、頭と両手でバランスを取る三点倒立

力よりもバランス力が無いと出来ません。

 

 

さてこの3つ出来たでしょうか?

これが出来ないとブレイクダンス出来ないよ?という訳ではないですが、確実に出来た方がいいのは確かです。

練習前のアップがてらにやったり、私たちは倒立で誰が一番長く出来るか何て遊びながら練習したりもしてました。

チェアー、三点倒立はコツが分かれば一日も掛からないで出来ると思います。

何でも基本が大事です。

ここを疎かにしていると、無駄に習得に時間が掛かったり、一生習得出来ない可能性も出てきます。

しっかり、基本を押さえる事が第1歩です。

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

ダンスなどは鏡の前でやって、自分のパフォーマンスを確認出来ますがブレイクダンスはそうはいきません。

鏡見る余裕なんてないです(笑)

周りの人からアドバイスを貰ったり、ムービーを撮って後で確認したりしながら練習する事をお勧めします。

一人でも出来ますが、誰かと一緒に方が効率がいいです。

何より楽しいです!

私達も下手な頃は夜の公園でこっそり練習してました(笑)(人に見せれるような物じゃなかったので)

初めて技が出来た時は感動しますし、喜びを分かち合う事が何より楽しいのです!

次の記事では立ち技のステップについて書いています!

【ブレイクダンス初心者必見!ブレイクダンスを始めてステップを学ぼう!】

レッツ!ブレイキン!


1st STEP BREAKIN’ 超入門編 [DVD]

 

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

コメントを残す