【週刊少年マガジン連載中!おすすめバスケ漫画あひるの空!チビッ子シューターの物語】

Pocket
LINEで送る

あなたは「あひるの空」という漫画を知っていますか?

僕がスラムダンクの次に影響を受けたバスケ漫画です!

現在も週刊少年マガジンで連載されている超人気漫画です!

今回はそんな「あひるの空」の魅力について語っていきたいと思います。

他にも似たような漫画が好きな方はこちら!

【スポーツ漫画】

 

あらすじ

 

主人公の名は「車谷 空」という149㎝の男子高校生。

体が弱い母との約束を果たす為に、神奈川の九頭竜高校(くずりゅう)に入学。

 

しかし、転校した高校のバスケ部はヤンキーの巣窟で、中でも花園兄弟は最恐最悪の双子と呼ばれ学校中から恐れられていた。

そんな環境の中、熱心に練習する空を見て次第に「花園 百春(主将)」はバスケットへと惹かれていく。

 

後に行われる練習試合で「花園 千秋」も登場し、九頭竜バスケ部は本格的に始動し始める。

九頭竜バスケ部に集まったメンバーは中学時代に闇を抱え、一度ドロップアウトした人間達が多く集まる。

 

問題児の一人「夏目 健次」は皆からトビと呼ばれ、バスケセンスは一級品!性格に少し難がありチームメイトと衝突する事も……。

九頭高の長身センター「茂吉 要」は軟弱な体質だがテクニックと長身を生かす技巧派センターで皆からモキチと呼ばれている。

 

この主要メンバーでインターハイを目指すも、一度ドロップアウトした人間が這い上がれる程甘くはなく、挫折と挑戦を繰り返す青春バスケ漫画だ。

 

 あひるの空の魅力

 

空気感や登場人物の世界観

 

あひるの空では、  登場人物の喜怒哀楽の感情だったり、試合の空気感、緊張感、練習中のトラブル、学校生活などの日常をよりリアルに感じることが出来ます。

主要人物の感情だけなら分かるが 、対戦相手の感情や絆を描いたシーンも多くあり、作中に出てくるキャラクター皆に感情移入してしまいます。

試合中を描いたシーンでは、読んでるこっちまで緊張してしまう程鮮明に描かれていて、バスケを経験されてない方も楽しめる漫画だと思います!

 

スポンサーリンク

 

挫折がテーマ

 

スポーツ漫画では珍しいテーマですね。そのテーマ通り本当に勝てません。

冗談抜きで本当に勝てないのです。

空のいる九頭高バスケ部が公式戦で勝てたのは数える程……。

試合で勝利した数より、敗北した数の方が圧倒的に多いんです。

王道は、主人公の所属チームが練習を重ねて強くなり、強豪をなぎ倒しながら大会を勝ち上がる。作中にライバルがいて最後にそのライバルに勝つ。

といったストーリーが多いのだが、対してあひるの空は、主人公の所属するチームが練習を重ね強くなり、一回戦敗退。強豪と練習試合で大敗。悔しさを胸に練習するが次の試合も勝てない。

あひるの空は、勝つ喜びよりも負けた挫折を描く事が多い。

作中に登場する選手たちは、非常に優秀な選手たちばかりでなぜこのメンバーで勝てないのか?と思わされるくらい、すごい人材なんです。

ですがここがあひるの空の面白い所ですね。

毎日真剣に走ってる人間に追い付くには、それ以上に努力し精進しないといけない。才能だけで簡単に這い上がれる程甘くないって事なんでしょう。

確かに一度その道から退いた人間が、再び返り咲くのは簡単な事じゃないですよね?

そう考えるとあひるの空のストーリーはより現実的なのが分かります。

 

キャラクターの個性

 

あひるの空で登場するキャラクターは非常にユニークです。

他の学校は普通だが、九頭高は特別面白い。

 

 車谷 空(くるまたに そら)

 

f:id:mi-yanwanwan:20170829091116j:plain

(出典:講談社 作者/日向武史 あひるの空コミックスより引用)

 

長が149㎝と低身長で3Pを得意とする九頭高のシューター。

バスケにおいて大きなハンデを抱えた空だが、小さいから頑張れると作中でポジティブな発言も。

体は小さいが、その才能で九頭高のいくつものピンチを救ってきた!

 

花園 百春<弟>(はなぞの ももはる)

 

f:id:mi-yanwanwan:20170829091203j:plain

(出典:講談社 作者/日向武史 あひるの空コミックスより引用)

 

 全くシュートの入らない九頭高のキャプテン。

双子の弟で責任感がある。シュートは入らないが持ち前のジャンプ力でリバウンドを量産する。

言うまでも無く、九頭高の精神的主柱!

いつもイジられてるが、陰では皆から信頼と尊敬を集めている。

 

花園 千秋<兄>(はなぞの ちあき)

 

f:id:mi-yanwanwan:20170829091240j:plain

(出典:講談社 作者/日向武史 あひるの空コミックスより引用)

 

スピードの無い司令塔で九頭高の陰の支配者。

双子の兄で弟とは似ても似つかない。

パスセンス抜群で中からでも外からでも自在にパスを捌く。

何をやっても天才だがフリースローは苦手。

いつも頭からお菓子をだしたり、ふざけるシーンが多いがここぞという時はやはり頼りになる存在!

 

夏目 健二(なつめ けんじ)

 

f:id:mi-yanwanwan:20170829091309j:plain

(出典:講談社 作者/日向武史 あひるの空コミックスより引用)

 

協調性のない点取り屋。九頭高のスコアラーでもあり頼れる存在。

外のシュートもあり、得意のドライブで相手を掻き乱す。

その性格からかゴール下でボールを離すことはない。

トビの才能ならもっと良い所でバスケを出来るが、九頭高への愛は人一倍強い!?

ツンデレな所があり、表では文句ばかりだがしっかりチームを信頼している。

 

茂吉 要(しげよし かなめ)

 

f:id:mi-yanwanwan:20170829091348j:plain

(出典:講談社 作者/日向武史 あひるの空コミックスより引用)

 

貧弱虚弱の長身センター。198㎝と大きいのだが、体が弱く体力がない。

フック使いで多彩な技術を持つ技巧派センターで、力は無いが九頭高の縁の下の力持ちだ。

学力も非常に優秀で元科学部のエース(笑)

貧弱そうに見えてメンタルは結構強いです(笑)

といった具合に身長から特徴まで個性的で実にユニークなのです。

ここまでアンバランスのチームも珍しいですよね?

 

スポンサーリンク

 

考えさせられる名台詞

 

まだあります!(笑)

あひるの空では作中に名台詞がいくつも登場します。

その名台詞に何度救われたかわかりません。

皆さんも一度や二度挫折を味わったことがありますよね?

そんな時はあひるの空を読んでみてください!

必ず救いになるはずです。

ここで一つ例を挙げてもいいのですが、せっかくなので是非作品を読んでグッとくる言葉を探してみて下さい!

 

この漫画を読むには?

 

eBookJapanに登録すれば、簡単読む事が出来ます。

また無料で立ち読み出来るので、買う前に1度チェックする事も可能!!

9000作品が無料で読め、世界最大級の電子書籍を扱うeBookJapanは約50万冊の本を配信してますので、あなたの読みたい本が必ず見つかると思います。

 

あひるの空

【出典】講談社

【原作】日向武史

【漫画】日向武史

【試し読みはこちら】

最近、単行本などで読む人より電子媒体で読む人が増えてきました。

実際に電子媒体の方が便利な事も多いのですが、中にはなんだかよくわからないって人もいるみたいです。

そこで電子書籍がなんで便利なのか、簡単にお伝えします!

 

電子書籍が便利な理由

 

 

ここでは紙媒体(単行本など)と電子媒体を比較してみましょう。

 

電子媒体紙媒体
置き場携帯1つでいくらでも保管可能本棚を必要な分だけ用意
購入の手間携帯操作で自宅で可能本屋まで足を運ぶ必要がある
価格本屋より安く購入できる事がある定価で購入
持ち運び携帯1つなので負担にならないバッグなどに入れて持ち運び
入手検索が容易で簡単に見つかる本屋によっては置いてない本もあり、探すのが困難な事がある
読み返しいつでもどこでも可能随時用意する必要がある
売却不可売ってお金にする事ができる
貸し借り携帯を貸す必要がある簡単に貸し借りが可能

 

中古本と比べて電子媒体は綺麗ですし、どこでも簡単に読める事が1番のメリットですね。

紙と違って場所を取らないのと、いつでも簡単に読み返せたり好きな本を読めるのが便利な訳です。

売ってお金にする事は出来ませんが、その分ポイントやキャンペーンなどで安く購入できる機会もあるので、そこまでデメリットには感じませんね。

私も週刊誌を購入していますが、コンビニに立ち寄る手間も無くなり、空いた時間にパッと読めるので電子媒体は気に入ってます!

 

最後に

 

バスケを知らない人楽しめる漫画で、実際に作中には素人が基礎から練習するシーンもあります。

ルールも細かく説明しているので非常に分かりやすいと思います。

僕はあひるの空を読んで、ますますバスケが好きになりました!

今、バスケを始めようと考えている人や、スポーツが好きな人にはすごくおススメな漫画です!

 

あひるの空、是非ご愛読を!

 

スポンサーリンク

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す