【美術の漫画ブルーピリオドが大人気の鳥肌物!絵のお話が面白く、世界観に引き込まれていく!ネタバレ注意】

Pocket
LINEで送る

こんにちは! みーやんです。

今回紹介するのは「ブルーピリオド」という漫画です。

美術をテーマにした漫画で、画の魅力に魅かれた男の物語!

この漫画を見た時に、いつもは読まないジャンルなので最初は読まず嫌いでどこか敬遠してたのですが、本屋さんおススメのNO.1だったので騙されたと思って読んでみました。

これがめちゃくちゃ面白い(笑)

私は美術の事なんて分かりませんし、芸術というのも全然知りません。

でも漫画としてみると、凄く感銘を受けて読後の爽快感というか、うぉぉぉと湧き上がるようなものがありました。

是非、この記事を読んでくれた方も、一度読んでみて下さい!

 

 

では早速あらすじを見ていきましょう!

 

 

あらすじ

 

主人公の「矢口八虎」はピカソの良さが分からない。

そしてそれを一番凄いとする美術の世界の事は理解出来ないと語る。

確かに私もずっとそう思ってました。

 

自分でも描けそうじゃないないか。

そう思えるのだ。八虎も同じように、ピカソの絵ぐらいなら自分でも描けると思っていた。

 

スポーツバーで朝までサッカー観戦を楽しむ八虎とその友人たち。

高校二年にして朝まで遊び倒す彼らは、オール明けにラーメンを食べるのが定番。

 

八虎は遊んでばかりのメンバーの中でも断トツの成績

学年で4位という順位をたたき出すほど。

学校の評判もよく、不良なのに頭が良く、愛嬌があって好まれているようですね。

 

(出典:講談社 / 作者:山口つばさ / ブルーピリオドより引用)

 

学校内を歩く不良たちは進路について話していると、目の前を美女が駆け抜ける。

それも大きな何か持って。

「出たよ女装くん」と言われているので、彼女はあの容姿で男のようです(笑)

 

(出典:講談社 / 作者:山口つばさ / ブルーピリオドより引用)

 

不良たち一行は美術の授業のようで、美術室へと向かう。

授業のテーマは「私の好きな風景」と先生が話しているが、美術室では授業をサボる連中の集まり。

真面目に授業を受けている人は少数のようですね。

 

という八虎も美術の授業は睡眠を取る為のものであった。

残り時間に適当に課題をこなせば、担当の先生は割と評価くれるという理由で、選択授業は美術にしたというのは、とても共感出来ます(笑)

学生時代はそんな感じで私も美術の授業を選択してました(笑)

 

男子たちは彼女にパフパフしてもらってる景色とかふざけていると、美術の先生は「いいですねぇそれ」となぜか絶賛。

それにその彼女の胸は巨乳なのかとか色んなことを喋り出します。

美術の先生からすれば、それもまた芸術なんでしょうね。

 

なんでもそれなりにこなせてしまう八虎。

テストの点数も、人付き合いも自分の中でノルマをクリアする為でしかない。

それをクリアするのに人より多くのコストをかけ、それが結果となる。

こんな人生を歩んできた自分に虚しさを覚える。

ため息を吐き、ポケットに手を入れるとあるはずのタバコがない。

 

学校に忘れたことに気付き、すぐに美術室に向かう。

そこに入ると大きな画があり、八虎はその画を見て何かを感じていた。

肌の色が緑なところに疑問を抱いているとその肌には下地として緑が使われていることに気付く。

 

八虎は美術に興味なんてなかったはずなのに、その画を見てついつい見とれてしまう。

 

(出典:講談社 / 作者:山口つばさ / ブルーピリオドより引用)

 

「触らないでくれる?」

 

画を眺める八虎の後ろから声を掛けるのは「龍二」と言う女装くんですね。

周りからはユカちゃんと呼ばれているので、ここでもそう呼ぶことにします。

 

ユカは八虎のタバコの忘れ物に気付き、それを取りに来た八虎にこう言います。

 

「付き合いでしか吸わないんだね」

 

八虎は人間関係を円滑にする為に、ヤンキーたちの中ではそう演じているのでしょうかね?

ユカと八虎は仲が悪く、ユカの余計な一言にいつも八虎が突っかかるみたいです。

 

(出典:講談社 / 作者:山口つばさ / ブルーピリオドより引用)

 

そしてその言い合いの仲裁に入ったのが美術の先生。

美術の事について失礼を言ってしまった八虎は、そのことについて謝り、だけど美術には興味ないと話します。

 

「食べていけなくても好きなことやりたいって精神がわからない」

 

八虎はそう呟き、自分はもっと堅実な人生を歩むと言い張ります。

だけど歴史的に見て有名な画家でお金に執着のない人は少ないようです。

これは以外な事実でしたね。

私も芸術家はお金よりもやりがいを求めるイメージでしたから。

あのピカソもスーパー営業マンだったようです。

 

そして先生は八虎にとっても大事なことを言います。

 

「世間的価値じゃなくて君にとって価値のあるものが知りたい」

 

(出典:講談社 / 作者:山口つばさ / ブルーピリオドより引用)

 

この言葉に鳥肌が立ってしまいました。

理由は分かりません(笑)

自分にとって価値のある物という認識がとても良いなぁと感じたからですかね。

 

美術は自分に素直な人ほど強い。

文字じゃなくて言語だからと先生は八虎に伝えます。

 

(出典:講談社 / 作者:山口つばさ / ブルーピリオドより引用)

 

その夜。

いつものメンバーとスポーツバーでサッカー観戦をしている時も、美術の先生に言われて事が気になる八虎。

人の努力と成功で酒を飲み、誰の為かわかわない感動を味わう。

ヤンキーたちといて楽しくない訳じゃない。

でも八虎はその中で自分をさらけ出せていない事もあった。

 

そんな感情を抱いたまま学校の廊下を歩いてると、重そうな荷物を抱え必死に歩いてる先輩が。

彼女の荷物を持ち、美術室まで運んであげる八虎。

実は美術室で見た画は、この先輩の作品だった。

 

八虎は緑の肌の事を尋ねたり、先輩への思いを語る。

「才能があっていいですね」

だが先輩は「才能なんてない」と言い、自分は他の人より絵のことを考えている時間が長いだけと言います。

 

そしてふと先輩に早朝の渋谷の景色について語り始める八虎。

早朝の渋谷はいつもオール明けに歩く景色で、八虎にとって印象深いものでしょうかね。

 

八虎の中にある「早朝の渋谷」は「青い」ように見え、その話を夢中になって伝える。

先輩が八虎にかけた言葉は「あなたが青く見えたなら、りんごもうさぎの体も青くていいんだよ」と。

 

(出典:講談社 / 作者:山口つばさ / ブルーピリオドより引用)

 

人間の肌の色を肌色と決めつけているのは日本人だけと誰から聞いたことがあります。

つまり、自分にそう映ったのなら、それが正解であり、別に間違いなんて無いってことしょうかね。

 

そして迎えた美術の時間。

八虎はテーマであった「私の好きな風景」に取りかかることに。

いつもは青一色で塗り潰すところも、先輩と同じように何色かで塗り重ねたり、いつもとは違う方法で取り組む。

 

いつも歩いているあの「青い世界」をどう表現できるのか。

そう思いながら筆を進める。

そして完成した作品が並べられ、八虎の作品を褒めるユカ。

 

(出典:講談社 / 作者:山口つばさ / ブルーピリオドより引用)

 

八虎はこの青い渋谷を通して、美術に対しての気持ちがガラッと変わったようですね。

ここから始まる八虎と絵の物語。

これから先がもっと面白くなります。

 

スポンサーリンク

 

見どころ

 

美術の世界観

 

この漫画を通して、美術の世界がグッと広がりました。

 

全然知らないことを知る楽しみと、絵の奥深さを堪能出来ます。

 

そして個人的には作者が描く表現が大好きで、読者へ伝えようとする思いがなんかグッときます。

 

言葉一つもそうですが、芸術という物の見方は私達が思っている物とは全く違うんでしょうね。

 

(出典:講談社 / 作者:山口つばさ / ブルーピリオドより引用)

 

空っぽの人生を変える

 

私もどちらかといえば八虎のような考え方でした。

 

無難な人生。安定な道。堅実な選択。

 

どれも「好き」ではなく、「安心、安全」を重視した生き方。

 

別にこれが悪い訳ではないですが、「好き」や「やりたい」を極めている人は尊敬します。

 

この漫画でもそれを思わせられるシーンがいくつもあるので、読んでいて凄く楽しいですね。

 

(出典:講談社 / 作者:山口つばさ / ブルーピリオドより引用)

 

自分だけの価値

 

美術だけに限らず、どの分野でも同じですよね。

 

誰かにとっての価値ではなく、自分にとって価値のある物なのか?

 

この言葉には常に悩まされてきました。

 

正直今でもよく分かっていません。

 

自分にとっての価値とは、簡単には見つからないのか、それとも気付かないのか。

 

なんだか考えさせられる漫画です(笑)

 

(出典:講談社 / 作者:山口つばさ / ブルーピリオドより引用)

 

スポンサーリンク

 

この漫画を読むには?

 

eBookJapanに登録すれば、簡単読む事が出来ます。

 

 

また無料で立ち読み出来るので、買う前に1度チェックする事も可能!!

約9000作品が無料で読め、世界最大級の電子書籍を扱うeBookJapanは約50万冊の本を配信してますので、あなたの読みたい本が必ず見つかると思います。

 

ブルーピリオド

【出典】講談社

【原作】山口つばさ

【漫画】山口つばさ

【試し読みはこちら】

 

最近、単行本などで読む人より電子媒体で読む人が増えてきました。

実際に電子媒体の方が便利な事も多いのですが、中にはなんだかよくわからないって人もいるみたいです。

そこで電子書籍がなんで便利なのか、簡単にお伝えします!

 

電子書籍が便利な理由

 

 

ここでは紙媒体(単行本など)と電子媒体を比較してみましょう。

 

電子媒体紙媒体
置き場携帯1つでいくらでも保管可能本棚を必要な分だけ用意
購入の手間携帯操作で自宅で可能本屋まで足を運ぶ必要がある
価格本屋より安く購入できる事がある定価で購入
持ち運び携帯1つなので負担にならないバッグなどに入れて持ち運び
入手検索が容易で簡単に見つかる本屋によっては置いてない本もあり、探すのが困難な事がある
読み返しいつでもどこでも可能随時用意する必要がある
売却不可売ってお金にする事ができる
貸し借り携帯を貸す必要がある簡単に貸し借りが可能

 

中古本と比べて電子媒体は綺麗ですし、どこでも簡単に読める事が1番のメリットですね。

紙と違って場所を取らないのと、いつでも簡単に読み返せたり好きな本を読めるのが便利な訳です。

売ってお金にする事は出来ませんが、その分ポイントやキャンペーンなどで安く購入できる機会もあるので、そこまでデメリットには感じませんね。

私も週刊誌を購入していますが、コンビニに立ち寄る手間も無くなり、空いた時間にパッと読めるので電子媒体は気に入ってます!

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です