【バスケ5つのポジションに求める役割と能力】アウトサイドプレイヤー編

Pocket
LINEで送る

皆さんはバスケのポジションの役割を詳しくご存知ですか?

子供の頃に何となく決められたポジションでやって来たけど、自分の本当の役割ってあまりしらない人は少なくありません。

基本的な事ですが、バスケットボールには5つのポジションがあります。

各ポジションに求める能力やプレーが異なる為、基本的にはプレイヤーのスキルや性格などから決められる事が一般的です。

今日はその5つのポジションの内アウトサイドプレイヤーの役割や、求められるプレーについて迫っていきます。

 

PG ポイントガード(1番)

 

 

チームの頭脳、コート内の監督

 

冷静な判断力やハンドリングスキル、ここぞという時に自ら得点出来るオフェンス力など、心技体の全てを高いレベルでバランスよく持ち合わせたプレイヤー。

総合的に一番能力の高いプレイヤーやバスケがうまいプレイヤーが望ましい。

コート上の監督としてチームをまとめる役もある為、バスケに詳しい事も求められる。

 

PGの役割

 

PGはチームの頭脳であり監督なので、冷静な判断や試合展開に応じて、対応していく柔軟性のいるポジションです。

また個人のスキルも高く、自分でも点を取りに行ける人が望ましいですね。

 

①ボール運び

 

基本的にPGがバックコートからフロントコートまで素早くボールを持ってくる。

速攻の場面では早く前に繋げるような瞬発力、判断力、決断力も必要。

プレスされた時に対応出来る軽快なフットワーク、巧みなボールハンドリングも重要になってくる。

 

②戦術の選択、指示

 

ボールを運ぶ時に、味方へと戦術のサインを出すのもPGの大切な役割です。

調子の良いプレイヤー、ミスマッチなどを見極め試合の流れを読む必要があります。

シュートまでの時間や誰を使うか、どの戦術の選択かなど常に間違いのない選択を行っていく事を心掛けたい。

 

③突破力

 

試合中、味方が厳しいマークにあったり、足が止まってしまう事もあります。

そんな時は自分自身で突破口を開く必要もあります。

パスを捌くだけがPGの仕事ではありません。

自ら敵陣に切り込む突破力もPGの役割と言えるでしょう。

 

④セーフティ

 

相手の速攻を防ぐ為にも高い位置にポジションを取っておく事も必要でしょう。

これはPGだけでは無く他のアウトサイドプレイヤーにも言える事ですが、PGはこの意識を強く持ちましょう。

 

スポンサーリンク

 

SG シューティングガード(2番)

 

 

チームの飛び道具、長距離シューター

 

3Pシュートを得意とするプレイヤー。

3Pシュートだけではなく、Gの役割もこなすことからハンドリング能力や豊富な運動量も必要。

コートを縦横無尽に駆け巡り、スペースを見つけてはパスを受けてシュートを狙う。

 

SGの役割

 

3Pなどの外からのシュート力は勿論!

速攻などで先頭を走れる走力もあるとかなり良いですね。

外を警戒して出て来たデフェンスを抜き去れる技術があれば、相手にとっては脅威そのモノですね。

 

①3Pシュート

 

3Pが得意なシューターがウィークサイドにいるとディフェンスはすごく守りづらいです。

シュート力のあるシューターがいるだけで相手に脅威を与え、攻撃のバリエーションが増えるでしょう。

 

②PGの手伝い

 

PGと共にパスで攻撃を組み立てたり、リズムを作るのもSGの仕事です。

外からのシュートだけではなく、アシスト役に徹する事も求められる為、広い視野を持つ事も必要です。

 

③速攻

 

味方がリバウンドを取ったらすぐに走り出す。

SFとサイドレーンを誰よりも早く駆け上がり、得点に繋げる。

 

④スペースの見極め

 

より確実な位置で、どれだけフリーでシュートを打てるかで確率はだいぶ変わってきます。

味方のスクリーンを使ったり、自分のディフェンスがヘルプに行った瞬間を見逃さず、スペースへと走り込みシュートを打つ必要があります。

高いシュート力を維持すには、どれだけフリーで打てる事考える必要がある。

 

スポンサーリンク

 

SF スモールフォワード(3番)

 

 

チームのエース、1対1の鬼

 

外からのシュートはもちろん、ドライブで仕掛ける事も出来るオールラウンダー。

1対1に強く、外も打て、リバウンドにも参加する必要があるので、豊富な運動量と素早く切り替えの出来る走力が求められる。

チームのエース的存在でSFには高い得点力が必須。

 

SFの役割

 

チームのエースとして攻めも守りも負ける事は許されません。

ボールを持ったら必ず決めてくる。

走れば先頭、跳べば1番高く、守れば鉄壁、ボールを持てば得点。

これが出来るのがチームを引っ張るエースですね。

 

①高い得点能力

 

3P、ドライブイン、アシスト、1対1など全てを高い能力でこなせる事で相手にとって脅威になり、味方には絶大な安心感を与える事が出来ます。

 

②速攻

 

SG同様にサイドレーンを素早く駆け上がり得点に繋げる。

リバウンドにも参加してる事が多いが、運動量機動力で駆け上がりましょう。

 

③リバウンド

 

CやPFほどがっつりは参加出来ないが、アウトサイドから飛び込み積極的にリバウンドを取りに行きましょう。

自分のマークをスクリーンアウトする事も忘れずにしっかり行いましょう。

 

④ディフェンス

 

相手のエースをマークする事が増えるSF。

1対1でボコボコにやられては相手チームを勢い付かせるだけです。

高いディフェンス能力で1本止めるとチームが勢い付きます。

ここぞと言う時程、集中して相手エースを止めましょう。

 

まとめ

 

今回紹介した1~3番までのポジションがアウトサイドプレイヤーという事です。

主に3Pラインの外側がスタートポジションになっています。

次は別記事で【バスケ5つのポジションに求めること】インサイドプレイヤー編 について迫って行きます。

 

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

コメントを残す