【バスケ5つのポジションに求める役割と能力】インサイドプレイヤー編

Pocket
LINEで送る

皆さんはバスケのポジションの役割を詳しくご存知ですか?

子供の頃に何となく決められたポジションでやって来たけど、自分の本当の役割ってあまりしらない人は少なくありません。

基本的な事ですが、バスケットボールには5つのポジションがあります。

各ポジションに求める能力やプレーが異なる為、基本的にはプレイヤーのスキルや性格などから決められる事が一般的です。

今日はその5つのポジションの内インサイドプレイヤーの役割や、求められるプレーについて迫っていきます。

PF パワーフォワード(4番)

 

 

チームのバランサー、中も外も器用にこなす

 

スモールフォワードとセンターの間の万能プレイヤー。

リバウンドにミドルシュート、ポストプレーとプレーの幅が広く3Pラインの中で仕事をするフォワードです。

状況によって中と外を使い分け、ガードやセンターの動きに合わせて動く事が求められる。

 

PFの役割

 

ミドルシュートの確実性、そしてリバウンドやスクリーンなど器用にこなす必要があります。

他ポジションとの連携や力でねじ込む力強さ、そして安定したミドルシュートなど外と中との連携を意識する為、身長、体格などが良く、万能な選手が求められます。

 

①ミドルシュート

 

3Pラインより内側のシュートは全て決めるものとする。

高い打点でシュートを放ち、高確率で決める事がパワーフォワードの仕事とも言えます。

シュート範囲が広いプレイヤー程ディフェンスも想定しづらいく、シュートチェックに来るのが遅れる為、確実に決めたい所です。

 

②フィジカル

 

ポストプレーやパワープレーなどゴール下で仕事をするパワーフォワードは、相手と接触する事が多くなる。

リバウンドの時のスクリーンアウトや、シールの時などフィジカルが弱いとすぐにポジションを取られてしまい、相手に抑え込まれてしまいます。

相手との接触になれ、フィジカルを鍛える事が求められます。

 

③連携、繋ぎ役

 

ハイポストへフラッシュしたり、スクリーンに行ったりとアウトサイドプレイヤーとの連携やハイポストでボールを受けた後、両サイドに捌いく繋ぎ役になったり、状況によって適切に判断する能力が必要です。

 

④適切なポジショニング

 

インサイドではセンターと重ならないように気を付け、アウトサイドではガード陣の動きに合わせ適切なポジショニングを取る。

周囲に合わせ自分のポジションを変えていく判断力が必要です。

 

スポンサーリンク

 

C センター(5番)

 

 

チームの大黒柱、ゴール下の守護神

 

ゴール下を主戦場にする為、長身のプレイヤーが務める事が多い。

PF同様リバウンドやポストプレーを中心にプレーする。

相手との接触が多くあり、フィジカルの強さも必要。

バスケではインサイドの高さは圧倒的なアドバンテージとなり、攻守の大黒柱。

 

Cの役割

 

ゴール下で仕事をする事が多いセンターは、強い体と精神力求められます。

リバウンドを取ってくれるセンターがいれば、シューターはそれだけ安心してシュートを打つ事に専念出来ます!

ですが、1試合を通してゴール下でのポジション取りなど、死闘を繰り広げるのでかなり当たりの強い人が望ましいですね。

 

①リバウンド

 

センターの最も大事な仕事と言っても過言ではない程、勝敗を左右するリバウンド。

リバウンドをどれだけ死守出来るかが、チームの勝利に大きく関わってくる。

 

②忍耐力、サポート力

 

センターは味方の動きに合わせる事が圧倒的に多いポジションで、動いたとしてもボールには触れずサポート役で終わる事もある。

ボールに触れ点を取るのではなく、味方のサポートに回り縁の下の力持ちとチームを支える事で、チームより強く安定するものです。

 

③フィニッシャー

 

オフェンスリバウンドを取ったり、ローポストでボールを受けた時、ゴールに一番近い距離にいる為相手のチェックもより厳しくなります。

その中でも確実に決めれるように当たり負けをしないフィジカルと安定感が求められます。

 

④ポジション取り

 

パワーフォワード同様にセンターが簡単にポジションを取られては話になりません。

力強く相手の前に出てポジションを取り、相手にも存在感をアピールしましょう。

また横の動きだけではなく、縦の動きも上手に組み合わせポジションを変えると、相手は守り辛いので考えながらプレーするといいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

今回紹介した4~5番までのポジションがインサイドプレイヤーという事です。

主に3Pラインの内側がスタートポジションになっています。

次は別記事で【バスケ5つのポジションに求めること】アウトサイドプレイヤー編について迫って行きます。

 

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

コメントを残す