【ヴァイオリンがテーマの音楽漫画、青のオーケストラが面白い!ネタバレ感想】

Pocket
LINEで送る

こんにちは! みーやんです。

今回紹介するのは「青のオーケストラ」という漫画です。

ヴァイオリンをテーマにした音楽の漫画で、一人の少女との出会いが天才少年青野の心を突き動かす。

私はあまり音楽の事は詳しくないですが、それでも十分に楽しめる漫画ですね。

ヴァイオリンとかやってる人だともっと楽しいのでは?と思いますね。

実際に自分がやってたスポーツの漫画は面白さ倍増しちゃいますしね(笑)

 

 

では早速、あらすじを見ていきましょう!

 

 

あらすじ

 

これは天才ヴァイオリニスト青野ハジメのお話。

運動が全くダメで小さい頃からヴァイオリン一本で生きてきた青野。

中学校三年になり、今ではヴァイオリンを辞めてしまっていた。

 

自宅には「開かずの間」と呼ばれる部屋があり、そこは青野が人生で一番長い時間を過ごした場所。

かつてヴァイオリンで賞を取った写真やトロフィー、そしてピアノなどある。

部屋からするタバコの匂いと、ヴァイオリンの音が染みついた部屋は、父との思い出の部屋でもあった

 

(出典:小学館 / 作者:阿久井真 / 青のオーケストラより引用)

 

青野の父はプロのヴァイオリニストで、青野は父の奏でる音が大好きだった。

大好きだったからこそ、今はその音に捕らわれてしまっている。

青野はヴァイオリンと父の間で、大きな悩みを抱えていた。

 

学校では担任から進路指導の呼び出しがあり、中学三年の今でもフラフラとした状態。

出来れば知り合いのいない学校を希望する青野だが、選り好みするほどの学力が無い(笑)

先生は中学一年の時に青野の演奏を聴いて、てっきり青野は音楽の道に進むと思っていた。

青野がヴァイオリンを辞めたのはそれ以降なのだろう。

 

進路相談をしているとどこからかヴァイオリンの音が聞こえてくる。

その音の正体が気になって仕方がない青野。

まだヴァイオリンとはしっかりと決別出来ていない様子ですね。

 

(出典:小学館 / 作者:阿久井真 / 青のオーケストラより引用)

 

体育の授業を受けている最中も、ヴァイオリンの音の事が気になり、ぼーっとしている所にボールが飛んできて顔面に直撃。

鼻血が流れ、頭を床に打ち付けた事で保健室で休むことに。

 

そこに一人の少女が現れた。

彼女は不器用ながらにヴァイオリンの弦を揺らし、青野の耳に音を届ける。

青野にとって彼女の音は不協和音に聞こえているのか、今でもヴァイオリンの事になると気になってしょうがない。

どんな奴が弾いているのか目を開けてみると、そこにはキラキラと輝いている彼女の姿が。

 

(出典:小学館 / 作者:阿久井真 / 青のオーケストラより引用)

 

とにかく関わると面倒くさそうと思った青野は、保健室から出て行くがそこに先生が現れます。

先生は彼女を青野に紹介し、高校ではオーケストラ部に入りたいことを告げる。

彼女の名は「秋音律子」と言い、なぜか青野が秋音にヴァイオリンを教えるに流れになってしまう。

 

(出典:小学館 / 作者:阿久井真 / 青のオーケストラより引用)

 

青野は母を苦しめた父のようにはならないし、ヴァイオリンはもう弾かないと決めていたのだが、秋音のヴァイオリンの音が青野の神経を逆撫でする。

別にいい音ではないが、なぜか秋音が奏でる音が気になって仕方ない。

 

ヴァイオリンが嫌いか聞かれれると「嫌い」と即答出来ない自分にも疑問が沸く。

そんなことを考えていると、秋音がヴァイオリンの弦が切れたから直してくれと頼みにきます。

仕方なく自宅に招き、開かずの間に案内する。

 

手際よく弦を直す青野に「ヴァイオリン、弾いてみてよ」と秋音が言うと、ヴァイオリンは辞めたと一点張り。

いつまで経っても弾かない青野に折れた秋音は、自分がヴァイオリンを持ち、部屋で演奏を始めます。

秋音の不協和音の中にもメロディーがあり、今回は「カノン」を演奏してるようですね。

 

不器用な秋音の演奏を見ていえると、過去の自分を思い出し、上手くなるために必死に練習した記憶が蘇る。

秋音が奏でる横で、ついついアドバイスを始める青野は少しだけヴァイオリンへの思いが変わったように見えます。

 

(出典:小学館 / 作者:阿久井真 / 青のオーケストラより引用)

 

秋音や母、先生からの言葉に背中を押され、もう一度ヴァイオリンを弾いてみようと思い始めた青野。

楽しそうにヴァイオリン弾く秋音が実は羨ましかったのだ。

忘れようとしていた思いは、反対に大きくなり青野は再びヴァイオリンを奏でるのです!

 

(出典:小学館 / 作者:阿久井真 / 青のオーケストラより引用)

 

それから二人は海幕高校に入学し、オーケストラ部へと足を運ぶことになる。

先輩たちの演奏はスタンディングオベーションが起こるほど壮大で、観客を感動の中に陥れる演奏をし、部員も溢れかえる程集まっていた。

担当ごとに分かれた青野たちは「弦楽器」グループに合流。

そこで出会ったのがもう一人の天才「佐伯直」でした。

 

(出典:小学館 / 作者:阿久井真 / 青のオーケストラより引用)

 

青野とコンクールで被っていないが、青野がヴァイオリンを離れている間、コンクールを総なめしていた天才です。

彼と二人で初めて演奏することになった青野…。

ブランクを抱えているが、その天才の実力に勝る事が出来るのか?

 

スポンサーリンク

 

見どころ

 

青野の成長

 

主人公である青野はブランクがある設定なので、最初からずば抜けている訳じゃないでしょうね。

 

この展開だと徐々に実力を取り戻していくストーリーが自然だと思うので、これからの青野の活躍に期待が募ります。

 

そのタイミングで異才を発揮するのか?

 

まだまだ青野の中に隠された才能が眠っていることでしょう。

 

そして、音楽というフィルターを通してどう表現するのかも楽しみですね!

 

(出典:小学館 / 作者:阿久井真 / 青のオーケストラより引用)

 

秋音との関係

 

最終的にはライバルなのか?それとも恋人なのか?

 

青野に大きな影響を持たせるヒロインなだけあって、今後の動向で彼女のポジションが決まってきそうですね。

 

同じ弦楽器を演奏するライバル路線もありますが、いきなりって事はないでしょうね。

 

才能が開花して高校三年ぐらいにライバルとかならあり得そう。

 

王道を行くならやはり恋人路線が一番ありそうな感じがします。

 

実際に秋音は青野の音に惚れこんでいるし、その延長線上で好きになることは不思議じゃないですからね!

 

(出典:小学館 / 作者:阿久井真 / 青のオーケストラより引用)

 

ライバルとの戦い

 

学校編ではやはりライバルの「佐伯直」が注目でしょうね。

 

最終的には同じ学校なのでチームになるでしょうけど、それまでの過程で切磋琢磨する人物には違いありませんね。

 

彼の存在が青野を飛躍させる材料ですから、青野にとって大きな存在ですね。

 

他校にもライバルが現れて、倒していき最後はやはり「佐伯」と勝負なんてこともあるんですかね?

 

音楽の決着ってどうやってつけるのか私はわかりませんが…(笑)

 

(出典:小学館 / 作者:阿久井真 / 青のオーケストラより引用)

 

スポンサーリンク

 

この漫画を読むには?

 

eBookJapanに登録すれば、簡単読む事が出来ます。

 

 

また無料で立ち読み出来るので、買う前に1度チェックする事も可能!!

約9000作品が無料で読め、世界最大級の電子書籍を扱うeBookJapanは約50万冊の本を配信してますので、あなたの読みたい本が必ず見つかると思います。

 

青のオーケストラ

【出典】小学館

【原作】阿久井真

【漫画】阿久井真

【試し読みはこちら】

 

最近、単行本などで読む人より電子媒体で読む人が増えてきました。

実際に電子媒体の方が便利な事も多いのですが、中にはなんだかよくわからないって人もいるみたいです。

そこで電子書籍がなんで便利なのか、簡単にお伝えします!

 

電子書籍が便利な理由

 

 

ここでは紙媒体(単行本など)と電子媒体を比較してみましょう。

 

電子媒体紙媒体
置き場携帯1つでいくらでも保管可能本棚を必要な分だけ用意
購入の手間携帯操作で自宅で可能本屋まで足を運ぶ必要がある
価格本屋より安く購入できる事がある定価で購入
持ち運び携帯1つなので負担にならないバッグなどに入れて持ち運び
入手検索が容易で簡単に見つかる本屋によっては置いてない本もあり、探すのが困難な事がある
読み返しいつでもどこでも可能随時用意する必要がある
売却不可売ってお金にする事ができる
貸し借り携帯を貸す必要がある簡単に貸し借りが可能

 

中古本と比べて電子媒体は綺麗ですし、どこでも簡単に読める事が1番のメリットですね。

紙と違って場所を取らないのと、いつでも簡単に読み返せたり好きな本を読めるのが便利な訳です。

売ってお金にする事は出来ませんが、その分ポイントやキャンペーンなどで安く購入できる機会もあるので、そこまでデメリットには感じませんね。

私も週刊誌を購入していますが、コンビニに立ち寄る手間も無くなり、空いた時間にパッと読めるので電子媒体は気に入ってます!

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です