【I’ll アイルおすすめバスケ漫画!読めばきっと好きになる感動の最終回!】

Pocket
LINEで送る

前回紹介したあひるの空に引き続き、今回はアイルというバスケ漫画を紹介したいと思います。

随分昔の漫画ではあるが、バスケ漫画としても、青春漫画としても最近の漫画に劣らない程面白いです。

今日はそんなアイルの魅力に迫ってみたいと思います。

他にも似たような漫画が好きな方はこちら!

【スポーツ漫画】

 

あらすじ

 

アイルは主人公の立花 茜たちばな あかね)とその相棒の柊 仁成(ひいらぎ ひとなり)彼ら二人の青春漫画。

笑いあり、涙ありの感動作品です。

茜と柊はお互いの中学最後の試合で始めて出会います。

 

茜はバスケットは上手いが超我がままな男

たかが部活とバスケに熱くなれない茜は中学で終わりにしようと思っています。

柊は全日本代表選手の兄と名門高校監督の父を持つ、超エリート家

そんな家系を窮屈に思っている柊も中学でバスケを辞めるつもりでした。

 

だがその試合で二人は運命的な出会いをしたのである。

途中出場した柊に茜はあっさり抜かれてしまいます。

ですが懸命なディフェンスで柊を止めると、それに苛立った柊が茜に肘打ちをしキレた茜が暴れて試合は中断。

 

柊に抜かれたことをずっと気にしてる茜は、国府津(こうづ)高校入学に入学した後、まさかの柊との再会を果たします。

柊は父が監督をする名門葉山崎には入学せず、国府津に入学していたのだ。

茜はあの時の雪辱を果たす為、柊に1ON1の勝負を挑みます。

だが柊は「ちょっかい出してくんじゃねー」と茜を追い払いますが、柊も裏では茜の才能を認めていて、二人はどこか惹かれ合っていくのです。

 

その後、茜は柊を見返す為にバスケ部に入部し、すぐに葉山崎の一年と練習試合を行う事になった。

一方、柊は茜がバスケ部に入部した事を驚き試合を見学する事に。

茜は柊に見せつけるように自分成長をプレーで見せ、上で見ている柊に「高すぎてパスが出せねーだろ」と言うと、柊は「そこで待ってろ」と言いコートに立ちます。

こうして国府津の青春ストーリーが始まるのです。

 

スポンサーリンク

 

 キャラ紹介

 

国府津に通う5人のスタメンを紹介します!

それぞれの思い出や、ストーリーを語るのもアイルの良い所ですね!

個性が違う5人を好きになるに違いないですね(笑)

 

立花 茜 PF(パワーフォワード)

 

f:id:mi-yanwanwan:20170829090015j:plain

(出典:集英社 作者/浅田弘幸  I’ll コミックスより引用)

 

自由奔放、優雅独尊、自己中心的の超わがまま男。

バスケのセンスを持ちながらも、調子にムラがあるのが難点。

跳ぶことが得意で驚異のジャンプ力で相手を翻弄する。

柊との相性も抜群で得点能力も高い。

PFのポジションにいるが、動きは自由でしかもユニーク(笑)

スクリーンなんて殆どしません。

 

柊 仁成 PG(ポイントガード)

 

f:id:mi-yanwanwan:20170829090049j:plain

(出典:集英社 作者/浅田弘幸  I’ll コミックスより引用)

 

冷めた性格の裏には熱い感情と優しさを秘めている。

バスケセンス抜群でドライブ、シュート、パス、全ての技術において飛びぬけている。

伝家の宝刀のダブルクラッチで得点を量産。

茜とのコンビネーションが基本スタイルでもある。

元々はSFとしてエース的存在だったが、柊の力引き出す茜の存在によりポジションチェンジ!

 

東本 彰彦 SG(シューティングガード)

 

f:id:mi-yanwanwan:20170829090115j:plain

(出典:集英社 作者/浅田弘幸  I’ll コミックスより引用)

 

国府津の3Pシューター。

見た目はヤンキーだが優しく非常に涙脆い。

中学時代「ビックマグナム」と噂された程。その実力は3Pだけなら柊にも勝るほどだ。

クイックシュートやフェイダウェイを駆使し、3Pを量産する。

 

金本 浩二 SF(スモールフォワード)

 

f:id:mi-yanwanwan:20170829090152j:plain

(出典:集英社 作者/浅田弘幸  I’ll コミックスより引用)

 

キャプテン代理と呼ばれなぜかキャプテン復帰後も代理と呼ばれている。

特に目立った特技は無いが、常日頃から茜や柊と練習しているおかげでスティール能力などが向上している。

もともとPGで頭脳でプレーするタイプだ。

柊がPGになった事でSFへと転向。

最初は気負い、ビクビクしてるが葉山崎戦では見事に活躍!

 

山崎 義生 C(センター)

 

f:id:mi-yanwanwan:20170829090219j:plain

(出典:集英社 作者/浅田弘幸  I’ll コミックスより引用)

 

国府津のキャプテン。バスケへの愛情は人一倍強い。

膝を故障しているが、根性でプレーする。国府津のゴール下を力強く守る守護神だ。

チームの精神的支柱で皆から絶大な信頼を得ている。生意気な後輩達を上手くまとめ、チームを引っ張る。

 

スポンサーリンク

 

アイルの魅力

 

とにかく青春を多く描いた友情物語が見どころです。

挫折を乗り越え、障害に前向きに立ち向かう姿が魅力的です。

時折見せる各キャラの恋愛にも注目して欲しい所です。

ラストシーンはバスケ漫画の中でも記憶に残る程の名試合です。

どちらかというとアイルはバスケの要素よりも青春をテーマにしたお話が多く、多くの方が共感し、感動出来る漫画だと思います。

 

また、メインの二人だけじゃなくてチームメイトやライバル校の感情も描かれていて、様々な人間の思いや苦しみも鮮明に描かれています。

個性が強いキャラだけに執拗に感情移入してしまいます。

この漫画の醍醐味とも言える感動のラストは是非その目で確かめて下さい!

面白さは保証します!

泣く準備もお忘れなく!

 

この漫画を読むには?

 

eBookJapanに登録すれば、簡単読む事が出来ます。

また無料で立ち読み出来るので、買う前に1度チェックする事も可能!!

9000作品が無料で読め、世界最大級の電子書籍を扱うeBookJapanは約50万冊の本を配信してますので、あなたの読みたい本が必ず見つかると思います。

 

I''ll アイル

【出典】集英社

【原作】浅田弘幸

【漫画】浅田弘幸

【試し読みはこちら】

最近、単行本などで読む人より電子媒体で読む人が増えてきました。

実際に電子媒体の方が便利な事も多いのですが、中にはなんだかよくわからないって人もいるみたいです。

そこで電子書籍がなんで便利なのか、簡単にお伝えします!

 

電子書籍が便利な理由

 

 

ここでは紙媒体(単行本など)と電子媒体を比較してみましょう。

 

電子媒体紙媒体
置き場携帯1つでいくらでも保管可能本棚を必要な分だけ用意
購入の手間携帯操作で自宅で可能本屋まで足を運ぶ必要がある
価格本屋より安く購入できる事がある定価で購入
持ち運び携帯1つなので負担にならないバッグなどに入れて持ち運び
入手検索が容易で簡単に見つかる本屋によっては置いてない本もあり、探すのが困難な事がある
読み返しいつでもどこでも可能随時用意する必要がある
売却不可売ってお金にする事ができる
貸し借り携帯を貸す必要がある簡単に貸し借りが可能

 

中古本と比べて電子媒体は綺麗ですし、どこでも簡単に読める事が1番のメリットですね。

紙と違って場所を取らないのと、いつでも簡単に読み返せたり好きな本を読めるのが便利な訳です。

売ってお金にする事は出来ませんが、その分ポイントやキャンペーンなどで安く購入できる機会もあるので、そこまでデメリットには感じませんね。

私も週刊誌を購入していますが、コンビニに立ち寄る手間も無くなり、空いた時間にパッと読めるので電子媒体は気に入ってます!

 

最後に

 

アイルの面白さはこのページだけでは語れない程たくさんあります。

是非一度手に取り読んで見て下さい。

 

これを読めばファンになる事間違いないでしょう!

 

スポンサーリンク

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す