【五等分の花嫁、第36話感想ネタバレ注意!凸凹コンビの休日デート。四葉の望みは?】

Pocket
LINEで送る

こんにちは! ミーヤンです。

「五等分の花嫁」第36話が連載されましたね!

前回は0点の犯人捜しの回でしたね!

【五等分の花嫁!第35話ネタバレ注意!】

結局、全員0点を取ってましたが…(笑)

5人のポニーテール姿はかなり貴重でしたね!

さて、今回はどんな展開が待っているんでしょうか?

早速、第36話のあらすじを見ていきましょう!

第37話はこちら➔【五等分の花嫁!第37話ネタバレ注意!】

 

休日デート!!

 

明日は勤労感謝の日!

という訳で、風太郎大好き二人組は早速始動してます(笑)

 

「明日休日だけど一緒に出かけない?」

 

この文章を風太郎に送ったのは勿論、三玖一花です。

デートっぽいと意気込み、2人きりのデートに燃える三玖!

デートっぽいかもと少し迷いながらも送信する一花!

この軍配はどちらに上がるのか!?

 

(出典:週刊少年マガジン 作者/春場ねぎ 五等分の花嫁第36話より引用)

 

そして風太郎からの返事が…

 

「今日は休日だから断る。」

 

全く鈍感な上に、2人の美女を弄ぶこの主人公(笑)

せっかくの休日を勉強に当てるほど…。

休みの日まで机にへばりついている風太郎を見て、らいはが「出かける用事もないの?勤労感謝の日だよ」と話し掛けます。

今日は勤労感謝の日という事で、風太郎はいつも勤勉に働く妹に、何かプレゼントを用意していたようです。

 

あなたもきっと喜ぶあれですね!

 

問題集!!(笑)

 

もうあれですね…。

感覚が人と違い過ぎるんでしょうね(笑)

 

さすがのらいはも冷めた目で「いらない」と一言(笑)

 

(出典:週刊少年マガジン 作者/春場ねぎ 五等分の花嫁第36話より引用)

 

らいははいつも家事を行う真面目な妹ですが、本人は働いているつもりはないと言います。

なんて良い妹でしょうか。

それよりらいはは風太郎に林間学校で助けてもらった四葉に、お礼の1つでもした方がいいんじゃない?と提案します。

 

風太郎のお土産話の中に、四葉に助けてもらった出来事が多く書いてあったからですね!

しかしと歯切れの悪い返事をする風太郎に対して、らいははこう言います。

勤労感謝の日は国民が感謝し合う日。

 

「四葉さんへの感謝の気持ちがないならいいけど」

 

妹ながら中々切れ味のある言葉(笑)

という訳で中野家のマンションへ到着!

 

「えっ私に贈り物?」

 

四葉はかなり不審な顔で訊ねてますね(笑)

 

(出典:週刊少年マガジン 作者/春場ねぎ 五等分の花嫁第36話より引用)

 

まだ風邪が治ってないんじゃと心配する四葉を他所に、風太郎は何でも言ってくれと攻め寄ります。

しかし値段は1,500円以内(笑)

ここは譲れないみたいですね!

 

とにかく少し考えるからと家に招く四葉。

だが風太郎は自宅に上がれない事情が…(笑)

一花と三玖の誘いを断ってますからね…。

罪な男ですね(笑)

 

そして自宅に上がる事を渋る風太郎に四葉が言います。

 

「いいお出かけスポットなら知ってますよ」

 

という訳で、なぜか四葉と一緒に出掛ける事に決定!!

 

スポンサーリンク

 

四葉の望みは?

 

「あはは。楽しい1日になりそうですね」

 

四葉は楽しそうに言うと、風太郎は冷めた感じで「ただ歩いているだけ」と返します。

四葉はそれがいいんです!と言い、風太郎の方を向き、こう言います。

 

「デートですよ。デート」

 

(出典:週刊少年マガジン 作者/春場ねぎ 五等分の花嫁第36話より引用)

 

アウトドアの四葉は、こんな天気のいい日に出かけないなんてもったいないと。

インドアの風太郎は、こんな天気のいい日に勉強しないなんてもったいないと。

まったく対極的な2人ですね(笑)

 

時間もお昼なので、とりあえずランチにしましょうか!と四葉が言います。

風太郎は自分がランチをご馳走しようとしたんでしょうけどね…。

なにせ四葉はお金持ち…。

着いた先は五月の御用達の高級レストラン(笑)

 

(出典:週刊少年マガジン 作者/春場ねぎ 五等分の花嫁第36話より引用)

 

当たり前のように風太郎の想像とは、桁が1つ違いますね。

美味いけど何を食べているかわからないと戸惑う風太郎。

一方四葉は食レポしながら、満足そうな表情(笑)

 

次にやってきたのは三玖が会員になっている、招待制のスパ。

滅多に来れないこのスパを堪能する四葉。

風太郎は「まずはスパの説明からしてくれ」と高級デートプランに戸惑いが隠せない。

 

(出典:週刊少年マガジン 作者/春場ねぎ 五等分の花嫁第36話より引用)

 

満足な四葉はクリスマスに皆で行こっかな!と満面の笑み。

特別な日にはいつも5人でどこかに出かけているみたいですね!

でも実際は場所は関係ないみたいです。

昔5人の母親が言っていた言葉。

 

「大切なのはどこにいるかじゃなく、5人でいることなんだって」

 

(出典:週刊少年マガジン 作者/春場ねぎ 五等分の花嫁第36話より引用)

 

5人の母親は昔から、一緒にいる事を強く願っているようですね。

その想いを1番感じているのが二乃なんでしょう。

 

次に行くのは一花が出演している映画!

これなら風太郎でも贈れる値段!

まだまだ新米の一花は出演時間はまだ短いみたいですね。

 

(出典:週刊少年マガジン 作者/春場ねぎ 五等分の花嫁第36話より引用)

 

これで四葉に贈り物が出来たと思ったが…。

 

チケットを貰っていたので、結局風太郎は何も贈れず…。

一花は順調に仕事も増えてきて、金持ちになっているみたいです(笑)

 

そして次に来たのがショッピング!!

デートの鉄板ですね!

一桁多い事に唖然としている風太郎。

 

とそこに店員さんが話し掛けてきました。

四葉が持っている服と同じ柄のメンズ服があると(笑)

 

「彼氏様とペアルックなんていかがでしょう」

 

少し照れてはいますが、いつもの様にふざけて通す四葉。

そして…。

 

「やっちゃいます?」

 

(出典:週刊少年マガジン 作者/春場ねぎ 五等分の花嫁第36話より引用)

 

言ったー!!!(笑)

いたずら四葉が弾けましたね!

 

「冗談だろ。同じ柄なのはお前たちの顔だけで十分だ」

 

いつもの様にぶっ冷めている風太郎でした…。

中々贈り物が出来ない風太郎だが、四葉が楽しそうならいいかと感じていますね。

 

そしてやっと見つけたと言う四葉。

少し高いが、この際構わんと風太郎は服をプレゼントしようとしますが…。

それは二乃が欲しがっていた服。

 

疑問に感じた風太郎は四葉に訊きます。

 

「四葉。お前の望みはなんだ」

 

今日行ったデートプランは全て四葉以外の4人が関係している所。

五月の好きなレストラン。

三玖の通うスパ。

一花出演の映画。

二乃の為のショッピング。

 

どれも四葉の望みではないですね。

少し考えて四葉が言います。

 

「私が欲しいのはなんでしょうか」

 

(出典:週刊少年マガジン 作者/春場ねぎ 五等分の花嫁第36話より引用)

 

いつも人の為に動く四葉だから、自分の望みを言うのは馴れてないんでしょうか?

人の望みが自分の望みとなってますね。

優しい四葉だからこその悩みでしょうね。

 

そして2人の後ろから聞きなれた声が…。

そこに来ていたのは一花三玖

二乃が欲しがっていた服を見ながらショッピングしてます。

 

完全に修羅場となった店内。

隠れる2人の運命はいかに。

ここで第36話は終わりです。

 

スポンサーリンク

 

感想

 

今回は、四葉がメインのお話でしたね。

なんか四葉と風太郎のペア地味に好きかもしれません(笑)

次は四葉が風太郎に完全に堕とされてしまうのか?

このデートが終わった時に、どうなっているか楽しみですね。

個人的には、二乃が出てこなかったのが寂しいですが、四葉とのデートもまた新鮮ですね!

次回も楽しみです!

 

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

【五等分の花嫁、第36話感想ネタバレ注意!凸凹コンビの休日デート。四葉の望みは?】” への2件のフィードバック

  1. こんばんは。
    四葉は風太郎と正反対な感じが、逆にお互いの苦手な分野を補い合えそうで、良い組み合わせですね。
    前々から良い組み合わせだと思っていましたが、今回の話で一気に花嫁候補筆頭に出て来た気がします。
    らいはちゃん公認な感じもありますしね。

    1. 六海さんコメントありがとうございます!
      最初名前を見てびっくりしました(笑)
      四葉と風太郎の自然な感じのやり取りがいいですよね!
      らいは公認は四葉&五月辺りですかね?
      来週の展開がもう楽しみで仕方ないです(笑)

      また、遊びに来てください!

コメントを残す