【青春相関図第23話感想!ネタバレ注意!勇がまさかの裏切り行為?本当にアオイの事が…】

Pocket
LINEで送る

こんにちは! ミーヤンです。

「青春相関図」第23話が連載されましたね!

前回は勇を貶める為に新一が動き出しましたね。

【青春相関図!第22話ネタバレ注意!】

勇のゲイ説はどうなのか?

伏線回収の回であれば、ここらでその真相が分かりそうですね。

早速、第23話のあらすじを見ていきましょう!

 

勇の思い

 

新一の言葉が気になり、夜もあまり眠れない勇。

アオイとハルが本当に付き合っているのか?

もし付き合っているのなら自分に言ってくれるはず…

学校へ着いてもそんな事を考えている勇の所にアオイがやってきます。

「うわ!!クマ凄!寝てないのか?」

何も知らないアオイは呑気なもんです(笑)

もじもじする勇に、アオイは何かあるならはっきり言え。

そう言われた勇は意を決してとうとうアオイにハルとの真実を確かめます。

「アオイって二階堂さんと付き合ってるの?」

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第23話より引用

 

驚くアオイ。

嘘と言ってくれと願う勇。

完全にゲイのフラグが立ちました(笑)

「もしかして違う?」と少し喜ぶ勇に「いや…付き合ってるよ?」と手加減無しの追撃(笑)

ハルとの関係は秘密にしてた。

勇には嘘を吐きたくない。

アオイの気持ちも分かります。

本来、ただの友達ならこれで笑って終わるんでしょうけどね。

ですが勇は「俺の気持ちも諦めがつく」とアオイとの関係に何か踏ん切りをつけているようですね。

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第23話より引用)

 

真実を聞いた勇は、友達をしてアオイの横にいる事に徹しているんでしょうかね?

早速、ピエロ探しの進捗状況を訊きます。

アオイの話では「ダルマ」は新一の疑いがある。

でもアオイ本人が直接関わると警戒させるので、勇に調査を依頼してます。

勇はアオイの為ならと思い、引き受けるが…

アオイから出た言葉は

「ハルちゃんの為によろしくな!!」

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第23話より引用)

 

一番、勇が聞きたくない言葉ですね。

 

スポンサーリンク

ブラックの裏切り

 

アオイの言う通り、新一を呼び出し情報を聞き出そうとする勇。

アオイとの関係を聞いた勇に新一は更に揺さぶりに掛かります。

勇はそんな事気にせずにアオイに頼まれた任務を遂行しようとしますが…

脳裏にチラつく二階堂春の存在。

アオイにとって大切な人は、勇にとって邪魔なのかもしれませんね。

「ごめん…何の話しようとしたんだっけ」と話をはぐらかす勇。

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第23話より引用)

 

勇の言葉を聞いて、不敵に笑う新一。

新一は勇がゲイで、アオイが好きだという事を誰よりも早く気付いていたんですね。

そして新一は語り出します。

過去に英語のスピーチコンテストでハルに負けた腹いせに、英作文を捨てたと…

こいつ確実に黒ですね…(笑)

「口だけではなんとでも言える」

頑なに勇に訴え続けます。

嫉妬。

人間の中に必ず存在する感情ですね。

今回はその「嫉妬」がメインのお話のようですね。

本当によく作り込まれていると思います。

新一は更に勇の心情を語り、アオイの恋を応援するなんて無理。

二階堂春に嫉妬している。

ハルの為に生きているアオイが嫌。など次々核心を突きます。

勇を精神的に追い詰める新一。

勇は新一の言葉に最後まで否定し続けたが…

「でも君はいなきゃいけない話を忘れたフリしたよね?」

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第23話より引用)

 

この言葉言われ、その場から走り出してしまいます。

走り出し、着いた先はいつもの橋(笑)

自分がなぜ苦しまなくちゃいけないのか?

なんで自分がハルの為に頑張らなくちゃいけないのか?

勇の心は大きく揺れ動き…

「俺はアオイが好きなんだぞ!?」

勇はもっとアオイが早く言ってくれれば、こんなに好きになる事はなかったのにと怒りを抑えています。

そして…

 

鞄から取り出しのは「相関図」!!

 

も、もしかして!!?

 

勇は「もうこれ返さなくていいよね?」

「アオイが彼女を救う物語はこれで終わりなんだから」と相関図を破ります…

そしてバラバラになった相関図は川へと消えて行ったのです…。

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第23話より引用)

 

とまぁ最後は過激に終わりましたね(笑)

これで23話は終わりです。

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

勇はやらかしてしまったやつですねー。

アオイ怒るだろうなー。

それか無言で破片拾ってテープで着けるとか?

この先に大波乱が待っている事間違いなし!

それにしても色んなタイプの人間の感情をここまで書けるのって本当に凄いですね。

素直に驚きです。

この先もっと色んな人間が出てくるんでしょうけど、全く想像が出来ません(笑)

想像出来たら漫画として成り立たないか(笑)

ちなみに話はぶっ飛ぶ、新一は「ダルマ」でいいのかな?

今一掴めない(笑)

結局、勇を使ってアオイに正体を隠しているだけ?

だとしたら結構浅はかな気が…。

なんにせよ、次回も楽しみですね!

【青春相関図!第24話ネタバレ注意!】

 

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

3件のコメント

  1. お疲れ様です。
    多分新一は前話のあの感じだと『ダルマ』じゃないですね。ミーヤンさんが最初に睨んだ通り『天才』でしょう。
    もしそうだとすると疑問が一つ・・・ピエロじゃないのになぜ彼は青に牙を剥いているのか?
    それは彼が『ダルマ』と春を屋上で引き合わせるセッテイング・・・『作戦』を用意した、倉木が捜索中のデマ犯だからだと思われます。自分も同罪で責め立てられる可能性を恐れたから青の捜査を潰しにかかったんです。
    そう睨むとデマ犯探しの時違和感が見えて来るんですよね。青は前置きも無くいきなり「じゃあ新一君?」と尋ねていました。それに対し彼は「何の話?」と聞き返しもせず即座に「違うよ」と否定していました。聞こえていたと言えばそれまでですが、自分の事だから恣意的に聞き耳を立ててしまっていたようにも取れるんです。

  2. 何はともあれ勇をズタズタに傷付けてまで保身に走る新一(『天才』と仮定)ですが、それは何らかのトラブルが起こり、『ダルマ』が春を突き落としたと考えているから。
    ですが個人的には『ダルマ』は他の生徒に用事で連れ回されまくって、結局作戦通り屋上に行く事すら無かった・・・つまり『ダルマ』当人は転落とは無関係というオチを予想しています。

    ・・・そして、もし用事で連れ回して『ダルマ』達の作戦を失敗に終わらせたのが、『教祖』の配下の信者達だったら・・・
    『ダルマ』から相談を受けていた『教祖』は、『天才』の作戦についても『ダルマ』から聞いていた可能性があります。

    予想どころじゃない完全なる妄想です。実際はどんな展開を見せるかは作者のみぞ知る・・・です。

    1. fkhrさん、いつもコメントありがとうございます!
      確かに「ダルマ」がすんなり見つかっては展開が早すぎる気がします。
      fkhrさんが言うように新一は「天才」だと思います。
      私は第一印象から適当に当てはめただけなので(笑)
      勇を陥れようとした所を見ると、策士である事がわかりますね。
      自分の保身に走る所を見ると、春の転落には関わっていそうな気がします。
      ここで倉木が探している「デマ犯」と繋がりがあれば、物語的には盛り上がりそうですね!
      私も「ダルマ」が個人的に何かしたとは考え辛く、やはり陰には「教祖」の存在があると思います。
      周りの信者たちの事を考えれば、ラスボス感がありそう(笑)
      いつも凄い予想をありがとうございます!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です