【ThisMan第2話感想ネタバレ注意!似顔捜査官斗とディスマンの対決!】

Pocket
LINEで送る

こんにちは! ミーヤンです。

「ThisMan」第2話が連載されましたね!

前回新連載で始まったThisMan!

似顔絵捜査官の斗が「夢に出てくる男」ThisManの似顔絵を描いた。

その男は謎の少女「明里星子」の母を襲った犯人でしたね。

【ThisMan第1話ネタバレ注意!】

今回はその事件の真相に迫るのでしょうか?

早速、第2話のあらすじを見ていきましょう!

 

面白い…

 

星子の母である光代が襲われたと連絡を受けた斗。

その日の昼間に出会い、夜に事件が起こったのである…。

斗は署に着くと「黒瀬警部」という男からアマちゃんと呼ばれ、目撃者がいる事を伝えます。

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/花林ソラ 漫画/恵広史 ThisMan第2話より引用)

 

事件の目撃者は娘の「星子」

黒瀬警部からの信頼厚いのか、斗は似顔絵捜査を任され早速星子のいる部屋へ向かいます。

いつものジャージ姿になり、部屋の角に座る星子の隣に腰を落とす斗。

星子は筆談を好む為、紙とペンを渡し「思ったことを書いて」と優しく星子へ渡します。

すると星子は紙に何かを書き始めました。

 

そこには「お母さん」と小さな文字が…。

小さな彼女からしたら、「母を失った」という事実はかなり受け止め辛い現実でしょう。

その文字を見た斗も少し、悲し気な表情…。

 

「犯人を見たかな」

 

斗の言葉に星子は何も反応せず、じーっと紙を見つめている。

そこに黒いスーツを着た警部?が「もっと手際よく」と叫びますが、黒瀬警部に止められてます。

やはり黒瀬警部は斗の腕をかなり買っているのでしょうね。

 

すると星子がなにやらペンを走らせています。

「つながりまゆげ」

この文字にピンときた斗は、昼間書いた似顔絵の「夢に出てくる男」を見せます。

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/花林ソラ 漫画/恵広史 ThisMan第2話より引用)

 

星子は1度だけコクリと頷き、更に言葉を書き加えます。

 

「ディスマンを見た者には死を」

 

犯人であるThisManがそう言った。

星子はそう伝えると斗は1週間前に見た、「激しい憎悪」の男の話を持ち掛けます。

その男こそが、犯人だと確信したのでしょう。

 

「ちがう」

 

ですが星子は斗の推測を否定。

 

「ぞうおじゃない」

 

星子はこの文字を書いた後、母を襲うディスマンの光景が脳裏に浮かび、呼吸も荒く震え出します。

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/花林ソラ 漫画/恵広史 ThisMan第2話より引用)

 

事件発生からそんなに時間が経過してないでしょうから、記憶がかなり鮮明に残っているんでしょう。

 

「おもしろい」

 

震えた文字でそう書くと、ニヤリを笑うディスマンの顔を思い出し「ぎゃあああああ」と叫び取り乱します。

完全にパニック状態になった星子。

落ち着かせようとして近付いた警部の手に噛み付き、かなり警戒しています。

斗は星子を見て、事件についての質問ばかりしてしまい、焦っている事に反省…。

捜査への焦りが逆に星子へのストレスを与えてしまったんでしょう。

 

そっと手を差し出す斗だが、星子はお構いなしに噛み付きます。

が…。斗は「守れなくてごめんね」と手を噛み付かれたまま、星子へ声を掛けます。

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/花林ソラ 漫画/恵広史 ThisMan第2話より引用)

 

その言葉に安心したのか、星子は斗の手を噛むのを止め、そっと倒れ込んでしまう…。

 

気が緩んだおかげで、パニック状態は避ける事が出来たが、手が掛かりはディスマンの似顔絵のみ…。

捜査はどうなるのか…。

 

スポンサーリンク

 

いなくなった恋人

 

斗は帰りながら考えていた。

ディスマンを見たから殺された。

そんな事が本当にありえるのかと…。

大体ディスマンは都市伝説の1つで、現実に存在しているかも不明な存在。

それが今回の事件に絡んできてますからね。

まさに厄介ですね(笑)

 

帰り道、野次馬たちがある火事を眺めている。

火事が起こっている部屋はなんと斗の部屋!?

斗は急いで人混みを掻き分け、自分の部屋を見上げると窓の内側から微かに人の手の影が見える。

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/花林ソラ 漫画/恵広史 ThisMan第2話より引用)

 

斗の家の中にいるのは恋人である「玲愛」だと思った斗は、炎の中に突っ込んでいきます。

まさに男ですね!

煙と火で視界が悪い中、必死に玲愛の姿を捜しますが、そこにあったのはオモチャの手…。

 

部屋の中には玲愛の姿はなく、どうやら犯人による罠だったようです。

とにかく、燃え上がる部屋にいては自分の命が危ない斗は、2階から隣の屋根に飛び移ります。

意外に運動の出来るタイプみたいですね(笑)

 

飛び移った屋根から見える一人の男の姿。

その男は星子の母を襲ったディスマンに違いない!!

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/花林ソラ 漫画/恵広史 ThisMan第2話より引用)

 

「パサッ」と揺れるコートを片手に持ち、男は斗を見上げています。

ディスマンが持っているコートをよく見ると、玲愛のモノと同じ。

つまり玲愛はディスマンにさらわれたのか!?

 

斗はディスマンを捕まえる為、追いかけますが野次馬の中に紛れ、居場所が分からない…。

野次馬の中にはその場から立ち去ろうとする人いるが、斗は自分が警察である事を告げ、その場に残るように伝えます。

一人残らず取り調べれば、いずれディスマンに行き着く。

そう思った矢先、「パンッ」という炸裂音がッ!!

炸裂音の正体は爆竹だが、1度動き出した大群は斗一人では抑え込めない…。

逃げろーと集団は辺りから一斉に消え、そこに残ったのは玲愛のコート。

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/花林ソラ 漫画/恵広史 ThisMan第2話より引用)

 

家も恋人も失った斗…。

ディスマンの目的はなんなのか?

ここで第2話は終わりです。

 

スポンサーリンク

 

感想

 

いやー今回も中々の迫力でしたね…。

結局ディスマンは面白いという感情で、人を襲っているのでしょうかね?

でも斗はディスマンを見ていないのに、なんで目をつけられたのでしょうかね?

やはり似顔絵を描いたからなのか、星子と何らかの関係があるのか?

いずれにせよ、これから二人はディスマンと対決する事は避けられないって事ですね。

今回もかなり盛り上がったので、次回にも期待したいですね!

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です