【青春相関図第19話感想!ネタバレ注意!紫の過去とは!?アオイの語りに魔女が涙した…。】

Pocket
LINEで送る

こんにちは! ミーヤンです。

「青春相関図」第19話が連載されましたね!

前回は自分の過ちに気付かされたアオイ。

【青春相関図!第18話ネタバレ注意!】

最後には紫と一緒に後夜祭のMCを行う事になったのだが…。

アオイが何を企んでいるのか全く想像が出来ません(笑)

では早速、第19話のあらすじを見ていきましょう!

 

紫の過去

 

19話は、後夜祭のMCを頼まれた二人はステージ袖で待機している所から始まります。

いきなりMCの補佐に名乗り出たアオイを「目障り」だと言う紫。

確かにさっきまでバチバチ火花散らしてた二人が、いきなりMCで共演って不思議ですね(笑)

紫は自分の邪魔をしようとしているのでは?とアオイを疑いますが、アオイはただ紫とハルを仲直りさせたいだけのようです。

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第19話より引用)

 

ですが紫はハルとの仲直りを拒絶します。

やはり過去に夢を潰された事を相当根に持っているようです。

紫をハルの間に何があったのかを訊ねるアオイ。

最初は全然興味も無く、ただ紫を捕まえる事しか見えて無かったアオイも、今では双方が納得いく答えを探すようになりました。

前の話で散々倉木からやられてますからね(笑)

でも紫にとっては有難迷惑のようです…。

「バカバカしい。なおさら話す必要はありませんわ」と二人の間に何があったのかを話す気もない紫。

そんな紫のひねくれた態度にアオイも呆れていますね。

昔は純粋に芸能界やモデルに憧れる女子だったのにと語り始めます…。

「中学の頃になるとブスなくせに夢見んなってイジメられた」

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第19話より引用)

 

紫はやはり過去にイジメられていたようですね。

そして皆を見返す為に、援交でお金を稼ぎ高校入学を機に整形をしたそうだ。

でもアオイが何故紫の過去についてこんなに知ってるんだろう?

紫も「何でそんなこと知ってるのよ!?」とアオイに掴み掛かってますね…。

だけどアオイが語ったのはただのアオイの推測だったようです(笑)

皆の話をまとめ、自分でストーリー化したのがたまたま紫の過去に当てはまったんでしょうね!

過去を知られて紫は、何か吹っ切れたのか「ならそこから先をお話してあげますよ。ただし目を背けないで下さいね」とヤバい顔になってます(笑)

完全に魔女のキレた顔…。

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第19話より引用)

 

そして紫は高校に入学してからの話を語り始めます。

高校へ入学してから人生を変える事の出来た紫は、順風満帆な高校生活を送るはずだった…。

でも整形の事実に気付いたハルがそれをぶち壊したらしい。

アオイはハルがそんな事をするはずがない言います。

実際にハルは紫の整形の事実を知っても、否定するのではなくその事実を理解し仲良くなった。

整形したからといって全てが上手くいかなかった紫。

オーディションやミスコンでも思うように結果が残せずにいました。

そんな時に再び美しくなろうと、再度整形を試みます。

また援交で資金稼ぎをし、整形しようと決意した紫。

ハルはそんな紫の決意を肯定してましたが、裏では第三者へ告げ口していた。

この時の第三者の描写先生が描かれています。

そこから紫の整形疑惑を広がり、次のミスコンでも結果を残せなかったんでしょうかね?

アオイはハルの行動は紫を思っての事だ!と主張しますが、紫からしたらそんな事どうでもいいのです。

「言いたいことがあるのに、面と向かって言わないあの女が悪いのよ!!」

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第19話より引用)

 

紫が声を荒げ、アオイに言います。

紫は自分を向き合わなかったハルに対して、仲直りなんて出来ないと自分の意見を曲げません。

これにはアオイもだんまり(笑)

そしてムードの悪いまま、後夜祭が始まります。

 

スポンサーリンク

 

タヌキとキツネ

 

紫に正論を叩きつけられたアオイ。

ですが、アオイこそ正論を言い続けてきた張本人。

自分がそれだけでは上手くいかない事を身をもって学びました。

ステージに上がる二人は、皆の前では仲良しを演じきっています(笑)

そこでアオイがいきなり皆に聞いて欲しい童話があると言い出します。

その童話とは「タヌキとキツネのないがしろ」

いつも笑顔なタヌキは仲良しのキツネに本音を言ってくれない。

けどタヌキは他の奴に相談してて、キツネはそれにショックを受けてしまいます。

アオイはさらに「これって向き合ってないことなのかな?」と会場に語り掛けます。

突然のアオイの語りに、自分の事を話されていると動揺する紫。

でもアオイは語りを止めません。

「俺はキツネの方にも原因があると思うんだよね」

焦る紫はタヌキがハルキツネが自分に例えられている事に気付きます。

アオイに「皆の目の前で私を責める気ですか?」と紫は言います。

でも紫の事なんて完全無視なアオイ(笑)

「俺はね…キツネくんがタヌキに本音を言いづらくさせてるんだと思うんだ」

アオイの口から出たのは「キツネくん

この話に連想させていたのはどうやら、ハルと紫ではなくてハルとアオイに例えたモノのようです。

自分の意見を曲げないアオイ。

ハルそんなアオイには相談出来ず、倉木に相談していた事がそっくりです。

紫は一体誰の何の話をしているのか訊ねた所、「俺が…自分の彼女と向き合えてなかったって話」と答えます。

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第19話より引用)

 

会場全体に向かっていきなり話す勇気が凄い(笑)

そして二人はステージ袖へと消えて行くのです…。

アオイの不審な行動に激怒する紫。

アオイは自分と紫は似ていると言い、再び紫に仲直りをする事を勧めます。

それを拒み続ける紫に対して「ほら…向き合ってないのは自分じゃないか」と核心を突きます。

そしてアオイはハルは自分の意見を曲げないアオイと付き合ってくれた。

紫と向き合う事に逃げたりはしないと語ります。

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第19話より引用)

 

紫の怒りはハルが何かをした事ではなくて「向き合ってくれなかった」事に怒りを感じているようです。

それに気付いた紫は、ずっとハルの事を拒み妬んでいました。

ずっと心に何か引っかかったままの紫に「それは君が向き合いたいことじゃないの?」とアオイは素直になるように説得します。

こんな状況になってしまったのに、どうやって仲直りしていいかわからない紫。

その答えはアオイにも分からない。

だから「一緒に探していかないか?」と紫に優しく手を差し伸べます。

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第19話より引用)

 

魔女である紫もこれには涙…。

ここで第19話は終わりです。

 

スポンサーリンク

 

感想

 

ようやく心を開いた紫。

ハルをイジメてたのは、自分に面と向かって言ってくれなかった事が理由のようですね。

それにしてもこのまま魔女編が終わってしまうのか?と気になって仕方ないです(笑)

だってまだ、要所要所が歯抜けの状態でなんだか不完全燃焼してる気分(笑)

これから寝返った魔女に仕返ししたりするのかな?

そうなれば、魔女編はまだまだ続きそうですしね。

次回も楽しみにしていましょう!

【青春相関図!第20話ネタバレ注意!】

 

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です