【五等分の花嫁第17話感想!ネタバレ注意!美女5人が住む家で最高のお泊り勉強会!?夜のベッドにご用心】

Pocket
LINEで送る

こんにちは! ミーヤンです。

「五等分の花嫁」第17話が連載されましたね!

前回は一花の提案で急遽お泊りになった風太郎。

そして家庭教師解雇の話を一番聞かれたくない二乃に聞かれてしまう…。

【五等分の花嫁!第16話ネタバレ注意!】

果たして今回はどんな展開でときめかせてくれるのでしょうか?

早速、第17話のあらすじを見ていきましょう!

 

勉強会!?

 

第17話は風太郎がお風呂から上がるのを待っているシーンから始まります。

「お風呂長いね」と言う四葉に、一花が「美少女の残り湯を堪能してる」と会話しているのですが、もし本当にそうなら相当ヤバい奴ですね。

しかも残り湯って…(笑)

そして三玖の気持ちに気付いている一花は、三玖に風太郎がせっかくいるんだから、積極的にアプローチしなよとアドバイスを送ります。

三玖は「なんのことだかわからない」と恥ずかしそうに否定してますが、バレバレですね。

そんな事をしている内に、風太郎がドンよりとした空気でお風呂から上がってきます。

早速、試験対策をしようとする風太郎はダメ元で一緒にいた二乃にも声を掛けますが、あっさり撃沈(笑)

「赤点で解雇」風太郎にとっては最悪な展開だが、二乃にとっては最高の条件ですね。

考え込む風太郎の横に座っていた三玖と一花。

一花はわざとらしく三玖の肩を押し、「はーい詰めて詰めて」と二人を引っ付けようとします。

 

(出典:週刊少年マガジン 作者/春場ねぎ 五等分の花嫁第17話より引用)

 

「三玖がわからないところあるって」という口実で二人の距離を縮めようとしてますね。

お騒がせ四葉がわからない事を質問すると、敢えて大きな声で答え俺は有用だと二乃にアピールする風太郎。

あんまり効果は無さそうですが…。

三玖は「教えてほしいこと…」と呟いたかと思えば次に出てきた言葉は「好きな女子のタイプは?」

これには皆、唖然…(笑)

一番ビックリしたのは一花でしょうね。でも三玖は真顔(笑)

「それ今関係ある?」といつもように冷めた回答の風太郎に、四葉が「俄然、興味あります」と便乗!

でも風太郎はこれを逆手に取り、風太郎の好きな女子要素トップ3のテロップを用意!

1ページ埋める事に発表するというルールを設定。

するとドンドンページを埋めていきます。

この辺の扱いがとても慣れてきましたね(笑)

そして発表されたのはこちら!

第3位 いつも元気

第2位 料理上手

おや?ここまで見ると何だか二乃に見えてもおかしくないですね?

二乃は友達といる時は明るそうですし、料理も抜群に上手ですからね!

そして迎える第1位はこちら!

「お兄ちゃん想い」

すかさず二乃が「それあんたの妹ちゃん」とツッコミを入れます!

 

(出典:週刊少年マガジン 作者/春場ねぎ 五等分の花嫁第17話より引用)

 

堪えきれなかったんでしょうね(笑)

「真逆…」と落ち込む三玖。

怒って部屋に帰る二乃。

なぜか正解がらいはだった事に怒る四葉。

風太郎は言います。

「俺の基本スタイルは前にも言ったろ。恋愛は…」

ここで一花が風太郎の言葉に被せるように「三玖もう課題終わらせてるよ」と言います。

そして風太郎に「頑張った人は褒めてあげないと」と言いながら、風太郎の腕を持ち三玖の頭の上に乗せます。

「はい、頑張りました。よしよし」

 

(出典:週刊少年マガジン 作者/春場ねぎ 五等分の花嫁第17話より引用)

 

一花のこういう所結構好きです(笑)三玖は相当照れてます。

そして「どう?ドキドキしない?」と一花に訊かれた風太郎。

さすがに少しはドキドしたと思いきや「別に」とぶっ冷めてます…。

ムキになった一花は「四葉チェック」と合図します。

そして何をしたいのか風太郎を追いかける四葉。

逃げ回ったすえ、四葉は風太郎の胸に耳を当て「ドキドキしてます!」と四葉チェック終了!

 

(出典:週刊少年マガジン 作者/春場ねぎ 五等分の花嫁第17話より引用)

 

「あれだけ走ればな!」と本心なのか言い訳なのかわからないですが、ドキドキしている事を否定。

皆でバタバタしている所に「騒がしいですよ」と冷めた視線を送ってくるのは五月。

リビングに降りてくる五月に素直に謝ろうと頭で妄想するが、実際に会うと言葉に出せない風太郎。

五月は一人で集中したいと三玖にヘッドホンを借りにきたようです。

風太郎は怒りを抑えながら出た言葉は「お前のこと信頼していいんだな?」

五月は真剣な表情で「足で纏いにはなりたくありません」と答え、部屋へ帰って行きます。

 

(出典:週刊少年マガジン 作者/春場ねぎ 五等分の花嫁第17話より引用)

 

呼び止めようとする風太郎を一花が止め、「ちょっと休憩しよ」とベランダへ出て行きます。

仕方ないと思い、三玖と四葉にも休憩をしていいと伝えようとした時、二人で歴史の人物の名前を覚えようとしている光景が。

まぁ、三玖が四葉に教えていると言った方が正解か(笑)

その光景に微笑み風太郎は一花の待つベランダへ。

 

スポンサーリンク

 

ベッドIN

 

最上階のベランダには満点の星空が。

そこで一花は「五月ちゃんと喧嘩でもしちゃった?」と訊ねます。

「いつものことだ」と答える風太郎。

一花は二人は顔を合わせる度喧嘩してると言い、「二人は似た者同士だからね」と意味深な発言。

でも今回の喧嘩は一花も雰囲気で感じ取ったのか、いつもと違うと察している様子。

「二人には仲良く喧嘩してほしいな」と空を見上げながら言う一花。

五月は昔から不器用で、素直になれない所があるからきっと今も一人で苦しんでる。

 

(出典:週刊少年マガジン 作者/春場ねぎ 五等分の花嫁第17話より引用)

 

一花の胸の思いを風太郎に伝え、一花も自分に出来る事はするからと少し悲しそうな表情。

ここで無頓着な風太郎は「なんだ。ほぼ同時に生まれた五つ子には関係ないと思っていたんだが、ちゃんと長女してんな」と一花の頭の上に手を乗せます。

 

(出典:週刊少年マガジン 作者/春場ねぎ 五等分の花嫁第17話より引用)

 

さっき三玖にした事と同じ事をしてます(笑)

学習したようですね(笑)

少し驚く一花だが、すぐに「…なに、この手」と無表情で言います。

風太郎はさっき一花に教わった事を実践したのでしょうけど、一花には通用しないようですね(笑)

「お前がやった方がいいって言ったんだろ!」と焦りながら中に入ろうとする風太郎。

風太郎の帰り際「それにしてももう秋なのに暑いね」と言う一花。

「はぁ?もう寒いだろ。中に入るぞ」と風太郎は疑問に思いながら一花に言います。

おやおやおや!!

一花は自分の体が妙に火照ったのか、「寒いかなぁ?」と顔を赤らめながら呟きます。

 

(出典:週刊少年マガジン 作者/春場ねぎ 五等分の花嫁第17話より引用)

 

三玖のフォローをしていた一花だけど、一花も風太郎マジックに掛かったようです。

そして夜の寝床がない風太郎に、三玖が部屋のベッドを使っていいと自分の部屋を提供します。

「これがベッドってやつか」と貧乏ならではの感想(笑)

まだ二乃、五月、そして中野父。

不安要素を残したまま、風太郎は眠りにつくのでした。

一方、一花の部屋で一緒に寝ていた三玖は、夜中に「トイレ」と一花の部屋から出て行き、一花の部屋に帰ると思いきや、自分の部屋へ帰って行きます。

三玖は寝ぼけていて、しかもパジャマもはだけており、そのまま風太郎のいるベッドへ…。

ここで第17話は終わりです。

 

スポンサーリンク

 

感想

 

今回のお話もだいぶ激熱なお話でしたね(笑)

一花、三玖を完全に落とした風太郎。

そして次週、絶対問題が起こるでしょうね…(笑)

二人が目覚めた瞬間どうなるのか気になって仕方ない!

そして五月との喧嘩も次週解決するのか楽しみにしたいですね!

【五等分の花嫁!第18話ネタバレ注意!】

 

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です