【五等分の花嫁第15話感想!ネタバレ注意!迫る中間試験、風太郎ついに家庭教師クビ宣告!?】

Pocket
LINEで送る

こんにちは! ミーヤンです。

「五等分の花嫁」第15話が連載されましたね!

前回は、二乃から生徒手帳を奪還するお話でしたね。

そこで6人の過去の写真も公開されてます。

【五等分の花嫁!第14話ネタバレ注意!】

今回のお話はどんな展開になっているのでしょうか?

早速、第15話のあらすじを見ていきましょう!

 

恐怖の中間試験

 

中間試験の1週間前。

休み時間にクラスで予習をしている五月!

家でも自習をし、無遅刻、無欠席で忘れ物は0の超優等生!

その事を感心し、五月を褒める風太郎。

「姉妹の中で一番真面目だ」

五月の顔は何だか赤らみ、「そうでしょうか」と少し照れた顔。

その後に風太郎は言います。

「ただ馬鹿なだけなんだ!」

今まで五等分の花嫁を読んできたけど、この件が一番吹いた(笑)

 

(出典:週刊少年マガジン 作者/春場ねぎ 五等分の花嫁第15話より引用)

 

そして勉強会に誘う風太郎に五月は怒りを我慢します。

怒りを我慢し飲み込んだ後に、「そうですね」と素直に動じま……せんね(笑)

わからない所を風太郎にではなく、先生に訊ねる五月。

 

(出典:週刊少年マガジン 作者/春場ねぎ 五等分の花嫁第15話より引用)

 

まだまだ二人の距離は縮まりそうにないです…。

そしてシーンは変わり、次の問題児は二乃。

階段で待ち構える風太郎を見て、あからさまに嫌な顔します。

風太郎の声に耳も傾けず友達と通り過ぎる二乃は風太郎をストーカー扱い。

そして通り過ぎる二乃に風太郎が決死の思いを伝えます。

「祭りの日一度は付き合ってくれただろ。考え直してくれないか」

五つ子で夏祭りに行くのに、勉強させられていた奴です(笑)

「なんならお前の家でもいいぞ」

家庭教師をやってますからね。(笑)

「あと1回だけでいいから!お前の知らないことをたくさん教えてやるよ!」

あくまで勉強の話です(笑)

二乃は顔を真っ赤にして振り返り、「誤解されるでしょ!」と強烈なビンタをお見舞い!

 

(出典:週刊少年マガジン 作者/春場ねぎ 五等分の花嫁第15話より引用)

 

まぁ、誰がどう聞いても恋人っぽいですよね(笑)

スポンサーリンク

再びシーンは変わり放課後の勉強会。

ほっぺに手の平の跡を付けたままの風太郎…。

そんな事おかまいなしに四葉が「今日の私はいつもとどこが違うでしょうか?」と質問します。

風太郎は冷めた目で四葉を睨み、相手にしません。

一花と三玖に「もうすぐ何があるのか知ってるのか?」と訊ねると、一花が呑気そうに「林間学校」と答え、三玖も「楽しみ」と試験の事は後回し(笑)

そんな会話の描写の中で、後ろでずっと喋っている四葉(笑)

問題の答えは「リボンの色がいつもと違う」と言い、チェックがトレンドだと聞きイメチェンしたようです。

キレる風太郎…。

四葉のリボンを掴み、0点の答案用紙を持って「お前の答案用紙もチェックが流行中だ」と静かに怒ります(笑)

今回はボケ倒しますね(笑)

その後、しっかり四葉のリボンをなおしている所もまた可笑しい。

気の抜けた3人に中間試験までの1週間徹底的にやる!と意気込む風太郎。

日本史が大好きの三玖にも、日本史以外を勉強しろと伝えようとした時、既に苦手な英語に取り組む三玖の姿が。

三玖は完全に覚醒してます!

「熱でもあるのか?」と心配する風太郎だが、三玖は「平気、少し頑張ろうと思っただけ」と真剣な表情。

 

(出典:週刊少年マガジン 作者/春場ねぎ 五等分の花嫁第15話より引用)

 

勉強会に参加する姉妹も増え、良い傾向なのだが点数は変わらず…。

風太郎の悩みは尽きません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

絶体絶命

 

そして帰りのシーンでは、不安を募らせる風太郎に一花が耳に「ふぅ」と息を吹きかけ「私達も頑張るからさ。じっくり付き合ってよ」と励まします。

 

(出典:週刊少年マガジン 作者/春場ねぎ 五等分の花嫁第15話より引用)

 

そしてなぜかパフェが食べたいと騒ぐ一行は、姉妹でパフェを食べに行く事に。

五つ子達だけで行くと思ったが「早くしないと置いてっちゃいますよ」と風太郎も一緒に誘われていました。

 

(出典:週刊少年マガジン 作者/春場ねぎ 五等分の花嫁第15話より引用)

 

風太郎の顔を驚きの表情です。確実に少しづつ距離を縮めている風太郎です。

そして…。誘われたのにも関わらずスタスタ帰る風太郎(笑)

「待ちなさーい」と後ろから追いかけて来たのは五月だった。

「あなたあの状況からよく一人で帰れますね。あそこは一緒に行くところでしょう」と御もっともな発言。

五月が意味も無く風太郎を追いかける訳も無く、用件はお父さんからの電話の取次ぎだった。

「娘達が世話になってるね」と言う五つ子たちの父の言葉になぜか「お父さん」と反応する風太郎。

そして五月と電話越しの父は同じ突っ込みを入れます(笑)

さすが親子。

家庭教師の状況を確認する為の電話で、近々中間試験があるのを知っていた父。

風太郎は順調と言ってしまい大ピンチ(笑)

そしてそんな父から出された課題は、中間試験で一人でも赤点を取ったら家庭教師を辞めてもらうとのこと!!!

今の五つ子達には完全にムリゲーですね(笑)

そしてここで第15話終了です。

 

感想

 

無理難題を突き付けられた風太郎。

しかも五月はまだいいにしろ、二乃は完全にやる気なしモード(笑)

何か二乃だけ赤点取って、父の所に直談判しに行きそう…。

そして風太郎とお近づきになるか?

いずれにせよ、簡単には乗り切れないでしょうね。

一番点を取れないのは四葉でしょうけど(笑)

次回も楽しみですね!

【五等分の花嫁!第16話ネタバレ注意!】

 

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です