【青春相関図第13話感想!ネタバレ注意!魔女の正体がついに発覚!?悲しきモンスターのお話】

Pocket
LINEで送る

こんにちは! ミーヤンです。

「青春相関図」第13話が連載されましたね!

前回は、スッピンで登場したミサに驚きましたね…(笑)

【青春相関図!第12話ネタバレ注意!】

今回は魔女を見つけることができるのでしょうか?

アオイの行動に注目ですね!

では早速、第13話のあらすじを見ていきましょう!

 

謎の3人組

 

第13話は、ミスコンが始まり半分過ぎた所からスタートします。

選挙活動を行う、ミサとエリカ。

アオイは既にミスコンが半分終わってしまうのに、劣性のエリカを勝たせようと動く奴がいないのを疑問に感じています。

今回のピエロは魔女。

その魔女は簡単にはエリカを勝たせたくはないと思っているのに、未だに動きが無いのに焦り始めます。

今の所、ピエロの手掛かりは魔女の仲間の内に1人だけ明らかに背の高い人物がいたこと。

顔や声は隠せても、背丈は隠しようがないですからね。

そしてもう1つは相関図の中に書かれた、魔女の中心にいる3人組の候補に目星がついたことです。

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第13話より引用)

 

そしてアオイはいつもクラスでツルんでいる2組の3人組にターゲットを絞ります。

そして、アオイはいざその2組の所に声を掛けに行きますが、嫌われものだけあって、皆は「…」となります。

まぁ普通はそういうリアクションになりますよね(笑)

そこでアオイが一人の生徒の携帯画面から驚くものが見えたのです。

それは「紫 エリカ 応援 アカウント」

ツイッターで発信されたその情報は、300リツイートと爆発的に拡散されていました。

しかもフォロー&RTで500円のクオカードをプレゼントという餌をぶら下げていました。

表に動きが無いと思えば、魔女は裏でエリカの支援をしてたのです。

でもここでアオイは気付きます。

300RT×500円で15万ほどの大金を持っている高校生はそうはいません。

アオイはお金を持っていそうな奴を、その2組の中から探し出そうとします。

そして一番最初に話掛けたのが「野呂くん」

マッシュルームみたいな髪型の野呂にアオイはなぜか、「野呂くんの髪型ってすごい綺麗だよね」と声をかけます。

そして美容室の良いところ紹介してよと質問するのですが、これって絶対嫌み入ってません?(笑)

でも野呂くんは不適な笑みで笑い、「失せろ!お前と話すとこっちまで嫌われちまう!」と以外に毒舌!(笑)

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第13話より引用)

スポンサーリンク

 

カチンとくるアオイだが、ここはグッと堪えます。

そして次に話し掛けたのは「安堂」

強面で体つきもどっしりとした大男。

でもアオイと話している途中に横から蹴りを入れてくる男が…。

その男の名は「蛭間」

蹴りを入れるのは倉木だけじゃ無かったですね(笑)

安堂は体のわりに以外と気の弱い性格のようです。

アオイが次に話かけたのはもう1つのグループ。

最初に話し掛けたのは「水谷」

野呂にした質問と同じ質問を投げ掛けますが、生憎水谷は坊主で美容院とは縁が無いようですね(笑)

次に話掛けたのは「大地と鷲爪」

鷲爪の方は居酒屋でバイトをしていて、月に8万ぐらい稼いでいるみたいですね。

でもその殆どは家族への生活費でなくなるようです。

そこですかさず野呂が言います。

「そのくせパチンコ行ってのか?しかも結構当ててるよな?」

その言葉にアオイは疑問を抱きます。

店の出入りなら目撃出来るが、当たったことまでは確認出来ない。

それをなぜ野呂が知っているのか?

たまたま見たとしらを切る野呂だが、完全に嘘とバレている様子。

アオイは「お前パチ屋でバイトしてんな?」と野呂を追い詰め、そしてパチ屋なら結構な額を稼げる=魔女と確信したみたいです。

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第13話より引用)

 

一緒にいる野呂、蛭間、安堂がツイートの発信者であり、ピエロと言い切ります。

でも野呂は「何で働いていたからってツイートの発信者になる?」と言います。

確かにそうですよね(笑)

でもアオイはそれを認めません。ツイートした奴が魔女だと。

そこで野呂は開き直り「俺がピエロ?だったらどうした?」と言い、教室を出ていきます。

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第13話より引用)

 

スポンサーリンク

 

悲しきモンスター

 

シーンは変わり、文化祭1日目が終了し帰宅途中。

野呂は帰りながら、アオイと話した事を安堂にブツブツと文句を言っています。

野呂と蛭間は安藤をのけ者にして、勝手に話を進めていきます。

何やら「準備」があるようですね。

本当にこいつらが魔女で間違いないのか?

なんだかあっけない気もしますが…。

そこでアオイが登場し、「何で野呂に従っているんだ、弱みでも握られてんのか?」と安堂の秘密を探りにいきます。

会話の流れからして安堂は巨人で間違いないようです。

そして巨人と騎士を繋ぐ相関図が「?」となっていて、アオイはそれが何のかを探っているようです。

アオイは嫌な所がたくさんある野呂たちと何で一緒にいるんだと安堂に聞きます。

安堂は1つでも気が合うところがあれば十分だと言います。

でも本当は独りでいるのが嫌で、誰かとツルんでいただけなのだと、アオイは安堂に告げます。

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第13話より引用)

 

本当の居場所とは言えない奴らといたら居心地が悪い。

俺の横なら空いてると勧誘します。

アオイも安堂の気持ちは分かるようで、奇数組は1人寂しくなる奴がいる。

1歩後ろで付いていく感じで、疎外感を感じると。

確かに安堂も同じような立ち位置で、アオイの言葉に動揺し始め言葉を遮ろうとします。

「あの2人を裏切れ」

アオイから最後に出た言葉は安堂を困惑させます。

安堂もこれまでの関係に疑問を感じていたからこそ、アオイの言葉がすごく響いたのでしょう。

最後には「人間関係は生モノなんだ、時価を見極めろ、腐った奴らは捨てていけ」ととんでもない言葉を言い、13話は終わります。

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第13話より引用)

 

感想

 

最後の言葉はなんかグッときました。

人間に対して時価を表現するとは…(笑)

確かに今を生きている人間の価値は日々変わっています。

それの見極め、切るタイミングを計り間違えれば人生は大きく変わってくるでしょうね。

青春相関図の中の言葉はリアル過ぎて、最近グッとくることが多いです(笑)

もっと内容に集中しないといけないんですが…(笑)

次回も楽しみですね!

【青春相関図!第14話ネタバレ注意!】

 

Pocket
LINEで送る

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です