【青春相関図第12話感想!ネタバレ注意!姫野ミサの魅力とは!?アオイが取った秘策!】

Pocket
LINEで送る

こんにちは! ミーヤンです。

「青春相関図」第12話が連載されましたね!

前回は姫野ミサが新しくアオイ達の仲間となりました。

【青春相関図!第11話ネタバレ注意!】

そんな3人がピエロを誘き出す為に取る策とはいったいなんなのか?

早速、第12話のあらすじを見ていきましょう!

 

姫野ミサの真髄

 

文化祭1日目を迎えた朝。

早朝から3人でミスコンの準備をしています。

紫エリカは姫野ミサにメイクをして上げ、可愛く仕上げます…。

アオイはそのミサの顔を見て、「ピエロかよ」と唖然としてます(笑)

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第12話より引用)

 

確かにそのメイクはかなり酷いですね…。

文化祭でピエロを誘き出す為のポイントは2つ!

①紫エリカにミスコンで負けてもらう

②姫野ミサにミスコンで勝ってもらうこと

作戦①は何とかなりそうですけどね…。②の方はさすがのアオイも頭を抱えているようです。

「もっとカワイクなんない?」とまで言う始末(笑)

そんなアオイを責めるミサに、エリカが言います。

「私から姫野さんはどうかと提案したんです」と。

エリカはミサの事を信頼できるようで、その言葉にミサはエリカに「大好き」と飛び付き、抱き合います。

その状況にアオイは「ベタベタして…百合かよお前ら」と呆れ、その言葉を聞いて、エリカが「ハルちゃんもそんな勘違いをしてました」と告げます。

過去にも同じような事があったらしく、ハルはそんな二人に「愛の形は様々だもんね。二人とも頑張って」と目がキョドってます(笑)

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第12話より引用)

 

こんな二人がいれば、ハルは学校に戻って来やすいだろうなと考えながら、飯食いに行こうと二人に声を掛けます。

シーンは変わり、3人でファミレスへ。

美人店員に絡むアオイをミサが謝ります。

ミサが席から立ち上がり、店員と喋っている間にアオイはエリカに伝えます。

「ロリータ系のメイクって女子受けいいの?」

困った表情をしながらエリカは「本人が好きだから無理矢理には…」と答えた時、隣でミサが「ちょっとそれ本気で言ってんの!」と叫ぶます。

27の美人店員が年齢を気にして浮気男と結婚するっていう、ドロドロした話を朝からしかもさっき出会った店員としてます(笑)

それに感極まって泣き出す女性店員(笑)

「ミサはあと10段階綺麗になる」と宣言するミサに、アオイは突っ込みます。

でもミサは自信満々に「女に生まれたからには頂上目指すでしょ」と答え、その言葉にアオイは確信します。

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第12話より引用)

 

「お前ならクラスを変えれるよ」とミサの肩を持ち、何やら決心付いたような表情。

そしてシーンは変わり再び学校へ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

本当の素顔

 

教室ではクラスのパフォーマンスの話や、ミスコンの話で賑わっています。

そしてクラスメイトは姫野が来てない事に気付くが、参加して変に傷ついても可哀そうだしとハナから見下してます。

そこにアオイがクラスの扉を開け、「下馬評低いねー姫野!」と言いながら笑顔で登場(笑)

皆可愛いと思ってないから当然かと放ち、クラスは沈黙…。

そんなアオイに絡む、1人の男子生徒。そう倉木です。

倉木はアオイがクラスの出し物に参加するのを相当拒んでいます。

アオイも負けじと「まだそんなダセェ事言ってんのかよ」と反撃!

嫌われ者がいたら取れる賞も取れないと主張する倉木に対して、嫌われ者にしたのはお前らだろーが言い返すアオイ。

その言葉にカチンときた倉木は、いつものように蹴りをアオイの腹にお見舞いします。

「都合が悪いとすぐに排除しようとする」と腹を抑えながらアオイは言います。

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第12話より引用)

 

更に「昨日の姫野可哀そうだっだぜ」と続けますが、クラスメイトたちは自分はバカにしてないし、顔も中の下と思ってないと発言。

その言葉を聞いて「本当~、なら良かった」とスッピンの素顔で登場するミサ(笑)

その顔は何とも口には出せない程…(笑)

ミサのスッピンを見て、クラス一同が再び沈黙します。

なぜかメイクより、髪型を気にしているミサに戸惑う女子生徒。

ミサは自分で「その前におめぇ顔だろ」って突っ込みます(笑)

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第12話より引用)

 

(確かに。笑)

その言葉に再びクラスに衝撃が走ります。

そしてミサは皆の意見や批判どんどんちょうだい。と言い、「皆の声がミサの美容液」と決め言葉言います(笑)

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第12話より引用)

 

クラスはその一言で笑いに包まれ、一気にミサを支持する声が(笑)

ミサの良さは本来容姿ではなく中身。

外見を繕うのではなく、逆にそれを取っ払い良い所を露出させる事でミサの人気を押し上げたのだ。

クラスに溶け込めたミサを見て安心するエリカだが、ミスコンは外部の票も入る事に不安を募らせます。

でもアオイは「ミサを知らない人間は何を見ると思う?」

「一番効果的なのは声援だろ?周りの声こそ信頼できる評価だ」と答えます。

クラスを見返せたミサはアオイに感謝し、エリカもハルの為に夢を捨ていざピエロを誘き出す作戦スタートですね。

最悪の選択が最良の結末となるのか?

 

(出典:週刊少年マガジン 原作/廣瀬俊 漫画/三宮宏太 青春相関図第12話より引用)

 

ここで第12話は終わりです。

 

スポンサーリンク

 

 

感想

 

今回はミサの良い所の紹介でしたね。

ミスコンなのに外見無視でいいのかは少し疑問ですが(笑)

ミサを勝たせるフラグは分かったけど、エリカを負けさせるには「整形ネタ」を再び導入するのかな?

というか、エリカがアオイに協力している時点でエリカは負ける必要あるのか?

エリカが負けて困るのは分かるが、協力関係であるならもうピエロにとっては意味ない事なのでは?

複雑な心理戦だから頭がこんがらがってきた(笑)

何せよ、次回に期待したいと思います。

【青春相関図!第13話ネタバレ注意!】

 

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です